小林麻央 余命3ヶ月で年内に!?現在、顔が黒いのと衝撃のフライデー腹水写真の意外な共通点とは?

2016061300249_1

小林麻央 余命3ヶ月で年内に!?現在、顔が黒いのと衝撃のフライデー腹水写真の意外な共通点とは?

これから
「小林麻央 余命3ヶ月持たずに年内に!?現在、顔が黒いのと衝撃のフライデー腹水写真の意外な共通点とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



6月に
市川海老蔵さんが会見を開き
小林麻央さんが乳がんで深刻な状態であることが判明しました。

その会見の内容や様子から
ネットでは小林麻央さん余命を予測する動きが見られ
余命が3ヶ月だとする説が広まりました。

現在、
余命とされる3ヶ月が経ち
小林麻央さんのブログ「KOKORO」に
投稿された画像から顔が黒いことで、

余命が3ヶ月というのが、
誇大表現だとしても、

大方、
間違った表現ではないことが判明しました。

これによって
小林麻央さんは末期がんで
9月中にも危ないのではないかとされているが
果たして本当でしょうか?

実際に、
9月になってからも、

どんどん小林麻央さんの
体調が悪くなっていることが、

顔の表情からも一目瞭然だと、
ネット上で言われています。

9月2日は、
元気に金髪のかつらをかぶりながら、
自身の顔画像をブログ上にアップした小林麻央さん

しかし、
9月19日くらいから、
明らかに顔の表情が黒くなり、
尚且つ、血色も悪くなっていることがわかります。

そして何よりも、
9月上旬には、
ベッドから起き上がって、
顔画像をアップしていたにもかかわらず、

9月19日くらいから
ベッドから起き上がるのも苦しくなったのでしょうか?

ベッドに横たわりながら、
自身の顔の表情をブログ上にアップされています。

そして、
9月23日には、
自身の顔にマスクをつけながら、
自身の顔の表情をブログ上にアップされています。

おそらく、
自身の顔がファンの皆さんにも見せられないほど、
黒くなっているのだと思われます。

もう、
かつらをかぶって、
おしゃれを気にする余裕すらなくなるほど、
体調が悪くなっていると思われます。

テレビに出演していた頃の
小林麻央さんと比べるさんとは、
全く別人の姿に驚きを隠せない
ファンの方も多いのではないでしょうか?

顔色が悪く、
まゆ毛やまつ毛までもが抜けてしまっており
印象が全く違うために、涙ぐむ方も多かったと思います。

しかし、
この現在の顔が黒い理由は
がんによるものなのか、抗がん剤によるものなのかの
どちらの理由なのかを考えることが重要です。

ちなみに私は
後者によるものだと推測しています。


スポンサードリンク



小林麻央の現在の顔が黒いのは抗がん剤の副作用か?

小林麻央がブログで末期がんを公表
小林麻央さんは自身のブログで
現在、がんが肺と骨に転移していることを公表しました。

これは小林麻央さんが
末期がんであることを意味しています。

すでに手術ができない状態であることは判明しており、
末期がんであることは予想されていたが

その中でも自ら末期がんであることを公表したのは
とても勇気のいる決断です。

小林麻央さんは現在、
抗がん剤治療をしており
タキソールを使用していることが明らかになっています。

このタキソールの副作用として
全身の毛が抜け落ちるというものがあります。

そのため、
小林麻央さんは画像でウィッグを被ったりしているのも
現在、髪の毛が全て抜け落ちてしまったと考えてよいでしょう。

そして、
抗がん剤の副作用として顔が
黒くなることもあるのだと言います。

理屈としては
抗がん剤は体の細胞を破壊するため

それによって顔が黒くなったり
皮膚や爪の色素沈着などの副作用が起きてしまうのようですね。

しかも、
この顔が黒いのはなかなか戻らないそうで
戻し方も自然と待つしか方法はないとのこと。

つまり、
9月24日に
小林麻央さんは、
マスクを着けて、
自身の顔が一切、見れないような感じで、
自身の顔画像をブログにアップされていましたが、

今後も
小林麻央さんは、
マスクを着けて、

自身の顔画像
をブログにアップすることが予想されます。

特に、
女性にとってこうした顔の
変化は非常に辛いものだと思いますが、

それでもブログに画像を投稿するのには芯の強さを感じ
ここから絶対に奇跡の復活を果たしてやるという強い決意を感じます。

ただ、
乳がんの末期がん(ステージ4)の生存率について調べてみると

5年生存率…約26~42%

10年生存率…約13~15%

と非常に
厳しい数字であることがわかります。

そして、
小林麻央さんの顔の表情を見ていると、
急速に抗がん剤の副作用で体調が悪化して、

もしかしたら、
余命は年内であるのではないかという、
ネット上のうわさも広がっています。

確かに、
今の小林麻央さんの
顔の表情が急速に悪化していることを考えると、
余命は年内であると考えてしまう気持ちはわかります。

実際、
その可能性もあるでしょう。

小林麻央さんは、
今、乳癌との闘病生活に必死です。

小林麻央さんや
そのご家族の気持ちを少しは考えるべきです。

小林麻央さんは、
自分の可能性を信じて頑張りたい。

愛する人たちに
伝えたいことを書いていきたい。

同じようにガンや
他の病気などで毎日苦しんでいる人を励ましたい。

そんな気持ちで、
毎日、ブログを頑張って更新されているのです。

大変、
不謹慎で、
失礼極まりないうわさ話は
絶対に避けるべきです。

にもかかわらず、
小林麻央さんの余命が年内であれば、

夫の市川海老蔵さんは米倉涼子さんと
再婚するのではないかといううわさ話までありました。

絶対に、
こんなうわさ話をするべきではないですし、
小林麻央さんの余命は年内と言っているような人は、
心の底から軽蔑いたします。

小林麻央さんが
仮に余命を宣告されるほど厳しい状況で、
年内に余命を宣告されていたとしても、

人間の力は
科学の力をも超える
奇跡的な力を発揮することがあります。

そんな中、
アメリカのターナー博士という方が1000件を超える
奇跡的に末期がんを克服した症例を調べると
以下の9項目が該当していたみたいですね。

・抜本的に食事を変える

・治療法は自分で決める

・直感に従う

・ハーブとサプリメントの力を借りる

・抑圧された感情を解き放つ

・より前向きに生きる

・周囲の人の支えを受け入れる

・自分の魂と深くつながる

・「どうしても生きたい理由」を持つ

小林麻央さんは現在ブログを始めるなど
この中の項目に多く当てはまるように感じるため
末期がんを克服する可能性は十分高いと信じています。

小林麻央の
余命に関する予想はネットで、
もう止めることができないほど、激化しています。

こんなゲスな話題で盛り上がるのは、
一刻も早くやめるべきだと思いますが、

余命に関する予想が暴走したきっかけは、
6月17日発売のフライデーが報じた
腹水写真の2枚目が公表されてからではないでしょうか?

しかし、
そんな矢先のフライデーの腹水写真は
本当にまずかったと思っています。

結果、
フライデーは今までにないくらい、
猛烈な批判を受けることになりました。

小林麻央の余命は、本当に腹水画像で判断できるの?

6月17日発売の
「フライデー7月1日号」で、
乳癌で闘病中の小林麻央と市川海老蔵の会見前の
写真画像が掲載されました。

さらに、
「余命3か月で夏まで持たない」都の心無い報道に、
市川海老蔵さんは5度目の取材自粛を呼び掛けました。

ネット上でも
様々な憶測が飛び交っていますが、
小林麻央が腹水だというのは本当なのでしょうか?

末期がんと
腹水の関係について調べてみました。
海老蔵と小林麻央をフライデーし大炎上。

小林麻央は顔がむくんで、
お腹のあたりがふっくらとしていて、
いつもスリムなイメージと様子が明らかに違います。

乳癌を告白する前。

「3人目妊娠か?」「もしかして、おめでた?」と、
憂さ刺されていましたが、

おそらく、
このふっくらした
おなか周りを見たからでしょう。

小林麻央は腹水?

もう一つ言われているのが、
小林麻央は腹水ではないかという噂です。

おそらく、
今回のフライデーの報道で、
ふっくらしている=腹水によるものと

勝手に解釈されて
しまったのではないでしょうか?

しかし、
小林麻央が腹水だというのは
あくまで憶測です。

憶測で、
病状についてこういったうわさが
広まってしまうのは避けたいですね。

では、
そもそも腹水とは
どういう症状なのでしょうか?

腹水ってどんな症状?

腹部には内臓が詰まっていますが、
その内臓は腹膜という膜で包まれています。

この
腹水と内容の隙間が腹膣です。

腹膣の中には、
常時20ML~50MLくらいの水が
溜まっているのですが、

病気になると
その水が異常に増えてしまいます。

簡単に言うと、
おなかの中に異常に水が溜まってしまうことです。

腹水とは、
内臓を包んでいる腹膜の中に通常は
少量の水があり、

その水の量が増えてしまう
症状のことを指します。

末期になると
内臓がガンによる炎症を起こし、

そこから水が出てきて
どんどん腹膜に溜まるのですが、

健康な体だと、
その水を吸収できるのにその力が衰えてしまい
溜まりに溜まってお腹が膨らむのです。

小林麻央さんの腹水は抗がん剤の副作用から?

小林麻央さんは、
抗がん剤の副作用から
腹水状態に陥っている可能性も高いです。

乳がん治療の第一人者
「吉本プレストクリニック」の

吉本賢隆院長は、

「乳癌の薬物療法は大きく
3つに分けられます。

ホルモン療法、化学療法、分子標的療法です。

勘の性質に応じて、
最も効果的な治療法を、
単独あるいは複数を組み合わせて行います。」

それぞれの治療法には、
吐き気、倦怠感、発熱、むくみなど多くの副作用があります。

小林麻央さんは現在、
抗がん剤治療をしており
タキソールを使用していることが明らかとなっている。

このタキソールの副作用として
全身の毛が抜け落ちています。

この
このタキソールの副作用から、
腹水状態に陥っている可能性も高いです。

つまり、
小林麻央さんの身体は、
抗がん剤の副作用でボロボロである可能性が高いです。

腹水状態に陥っていることで、
内臓が圧迫されて、
痛みや違和感を感じ、

胃が
圧迫されれば食欲が感じなくなり、

栄養を取れなくなって
さらに身体が弱っていってしまいます。

まさに、
悪循環ですよね。

末期ガンによるものであれば、
もし水を抜いてもすぐに溜まってしまうため、

根本的な治療より
それによる痛みの緩和ケアをすることになります。

症状としては、
おなかが膨れ、
体重増加などとして現れます。

腹水がたまると、
内臓が圧迫されて、
おなかの張りや食欲不振、
さらに痛みなどを感じます。

がんと腹水の関係は?

末期がんになると
腹水がたまると言われていますが、

なぜ、

がんが進行すると、
腹水が溜まってくるのでしょうか?

がんは、
内臓や血液、リンパなどにがん細胞が増殖して、
正常に機能しなくなる病気です。

末期がんになると、
内臓が「がん性炎症」を起こします。

すると、
炎症を起こしている部分から
水分が腹膜にたまるのです。

本来は血管に引き入れられて、
体外に配宿される水分が、
腹膣内にたまってしまい、
腹水になります。

がんと腹水の関係は?

末期がんになると
腹水がたまると言われていますが、

なぜ、がんが進行すると、
腹水が溜まってくるのでしょうか?

がんは、
内臓や血液、
リンパなどにがん細胞が増殖して、

正常に
機能しなくなる病気です。

末期がんになると、
内臓が「がん性炎症」を起こします。

すると、
炎症を起こしている部分から
水分がもれて、
腹膜にたまるのです。

本来は、
血管に引き入れられて、

体外に排出される水分が、
腹膣内にたまってしまい、

腹水になります。

腹水がたまるとどうなる?

腹水がたまると内臓が圧迫され、
腹部の張りを感じて、飲食ができなくなってしまいます。

食事が
十分に取れなくなると、
体の衰弱が一気に進むこともあります。

また、
栄養を補おうと高カロリーの輪液を行うと、
腹水がさらに溜まってしまいます。

さらに、

腹水以外にも胸に水がたまる
「胸水(きょうすい)」や、
手足のむくみが強くなることもあります。

そうなると、
起き上がることさえ辛くなってしまうことも
珍しくありません。

2015年9月24日に
がんで亡くなった
女優の川島なお美さんも

末期がん状態のときは、
腹水状態だったということです。

2015年9月7日の記者会見の時点で、
すでに腹水で5リットルもの水が溜まっていたとか。

そんな状態で、
舞台に立っていたのですから、

物凄いメンタルの強さだと思います。

川島なお美さんにしても、
小林麻央さんにしても、
土壇場にきての女性の精神力には、
脱帽というか、感動させられてしまいます。

小林麻央さんには、
絶対に奇跡の回復をしていただき、
また、梨園の妻として大活躍してほしいですよね。

以上、
「小林麻央 余命3ヶ月で年内に!?現在 顔が黒いのと衝撃のフライデー腹水写真の意外な共通点とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)