小林麻央 ステージ4 余命(寿命)と生存率は?手術で完治するのは奇跡? タキソールの副作用情報も!

2016061300249_1
小林麻央 ステージ4 余命(寿命)と生存率は?手術で完治するのは奇跡? タキソールの副作用情報も!

これから
「小林麻央 ステージ4 余命(寿命)と生存率は?手術で完治するのは奇跡? タキソールの副作用情報も!」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



歌舞伎俳優、
市川海老蔵さんの妻で、

乳がんで
闘病中のフリーアナウンサーの
小林麻央さんが公式ブログで、

自身のがんが最も進行した段階の
「ステージ4」であることを明かしました。

9月1日にブログを開設し、
自身の闘病記をつづる小林麻央さん。

がんの発見から
ウィッグ(かつら)をつけていることや、
自身の近影までありのままに伝えてきました。

そして、
海老蔵も会見で明言しなかった
がんの進行度合まで明らかされました。

小林麻央さんの
がんの進行度合いは、
「ステージ4」ということですね。

湘南メディカルクリニック【免疫療法】

小林麻央さんは、
前から

「現在肺や骨などに転移あり」

とブログで、
がんの進行度合いは、
「ステージ4」であることを示唆されてきましたが、

遂に、
「ステージ4」ということを明言されたわけです。

現在の主治医との
出会いで根治したい思いが強くなったといい、

「私はステージ4だって治したいです!!!

5年後も10年後も
生きたいのだーっ あわよくば30年!
いや、40年! 50年は求めませんから」


強い思いを
吐露されたということで、

小林麻央さんの
強い決意がPCの画面上からも、
強く伝わってきましたね。

ステージ4は、
がんが骨や肝臓、肺などの臓器にも転移した段階で、
「根治させるよりも、いかにがんと共存するかに主眼が置かれる」
(医療関係者)

ということですね。

ステージ4は、

一般的には、
末期がんと呼ばれるような状態です。

国立がん研究センターのデータによると、
進行性乳がんの10年生存率はステージ3が53・8%、
ステージ4が15・5%となります。

小林麻央さんも、
「根治は難しい状態と言われるかもしれません」とした上で、
医師に「先生、私は治したいんです。奇跡を起こしたいんです」と
伝えたということですね。

小林麻央さんが、
ステージ4にも関わらず、
奇跡を起こして回復される可能性はどれくらいあるのでしょうか?

小林麻央の乳がんのステージ4の余命と生存率は?

5年生存率とは
癌の治療の5年後に
どれくらい生存しているかの割合を示しています。

肺がんの場合は100人のうち
5年後には5人しか生存していないという事になります。

それと比べると
まだ乳がんの方は35人が
生存となっていますので、

肺がんが
どれだけ生存率が低いのかがわかります。

Tis:乳管内にとどまるがん。非浸潤がん(超早期)

0期:しこりや画像診断での異常な影を認めないもの

1期:2cm以下のしこりで、リンパ節への転移がないと思われるもの

2期:2cmを超える5cm以下のしこりがある、もしくはリンパ節への転移が疑われるもの
3a期:しこりが5cmを超えるもの

3b期:しこりが皮膚などに及んでいるもの

4期:しこりの大きさを問わず、他の臓器に転移がみられるもの

引用:http://www.j-posh.com/checkup/early_detection/

10年後の乳がんの生存率がありますが、

10年後までにステージごとの
がん患者の何人が生存しているかという表です。

がんのステージが4の場合は
生存率が25%であることから
10年経つまでに75%近くの方が
最期を迎えられるデータであります。

まとめると
乳がんの場合は5年後までに57%の方が、
10年後までに75%の方が最期を迎えられます。

小林麻央さんの場合も
2014年10月に乳がんと、

脇へのしこりが見つかりその後「肺」と「骨」にも
転移が見つかりステージ4であると公表されています。

それぞれの5年生存率が10~40%なので
非常に厳しい状況であることが言えると思います。

ましてや、
小林麻央さんの場合、
若年性乳がんということで、

5年生存率が10~40%よりも
厳しい数字になることは間違いないでしょう。

若ければ、
若いほど、
細胞分裂も活発で、
がん細胞が転移する可能性が高いですからね。

実は、
私の祖父も
がんを患っていたのですが、

小林麻央さんよりも
はるかにスローなペースの
がんの進行度合いでした。

それだけ、
がんにとって、
若いというのは余命の危険にさらされるのが、
早いということですね。

余命に関しても3か月から
5年以内との情報もあり予断を許さない状況であります。

もしかしたら、
年内にもあり得るかもしれません。

実際、
9月1日に、
ブログを開設されてからも、

どんどんと、
顔色が黒くなって、
悪くなっているように見えますし、

ブログの
記事内容も
どんどんと

「生きたい!!」

という願望を
前面に出すようになられてきました。

普通に生活していれば、

「生きたい!!」

という言葉が
脳からつぶやかれるということはありません。

そんなことは当たり前で、
問題意識すらないからです。

当たり前の話ですが、
奇跡というのは、
通常では考えられない事態が起きるということです。

小林麻央さんの
病状は、
普通に生きることが、
奇跡に近いほど悪化しているとも言えます。

それが、
ステージ4の深刻な状態だと言えます。

ステージ4を宣告された時点で、
気の弱い人

いや、
普通の人でも、

寝込むほど気落ちしてしてしまうほどなので、

小林麻央さんは、
ブログで非常にポジティブな発信をされていることから、
非常に強い方だなって感じてしまいますね。


スポンサードリンク



小林麻央のがんのステージ4の余命のリスク  ①手術

小林麻央さんの
生存率を、
さらに低くする原因として、
考えられるのが手術です。

小林麻央さんは
局所コントロール手術をされました。

がんの根治が
奇跡に近いくらい難しい事も

分かっているようですが
それにも果敢にも立ち向かっていこうとしています。

ただ
そういったガンの根治を排除しようとするには
高度な手術が必要になってくると同時に手術によって
命を落とす事のリスクも上がってしまいます。

また手術をした事によって
一時的に抵抗力が弱くなってしまうので、

そのタイミングで現在、
存在しているがん細胞が進行を早めて大きくなったり、

他の臓器への転移も考えられますので、
非常にハイリスクローリターンな
チャレンジであります。

そのような
ハイリスクなチャレンジを、
小林麻央さんはされようとしています。

そういった少しの希みを捨てないで
小林麻央さんは自分の中のがんを消滅させる為に
手術や治療などあらゆる事をしていこうとしています。

この
小林麻央さんの決心が
生死の境目でどっちに転がるかわからない
ギャンブル的な要素が含まれていますので、

通常のステージ4の
延命治療であれば余命が1~5年持つ場合であっても
ハイリスクの手術をする事によって
余命や生存率が極端に下がります。

個人的には
そういった命を落としかねない手術をするよりか、
余命を1年、5年、10年と伸ばしていく「がん」との共存を
選んだ方が良いと感じてしまいますね。

小林麻央のがんのステージ4の余命のリスク ②抗がん剤の副作用

生存率は
さらに低いする者の原因として、
考えられるのが抗がん剤の副作用です。

小林麻央さんは、
抗がん剤にタキソールを使用されています。

しかし、
タキソールの添付文書を見ると、
副作用で白血球の減少とありました。

他にも、
砲ガン剤の副作用として、

骨髄抑制
パクリタキセルでは、
骨髄抑制や吐き気などの
抗がん剤によく見られる副作用のほか、

頻脈や紅潮、発汗、発疹などの
「過敏症」が現れやすい点が特徴です。

また
末梢神経障害も
代表的な副作用です。

パクリタキセルの
末梢神経障害は「手袋靴下型」と呼ばれ、
手首や足首から先のほうにしびれや痛みが出てきます

症状に応じて、
マッサージやリハビリなどを行います。

その他、
関節痛や筋肉痛も高頻度で見られるほか、
一時的ではありますが全身的な脱毛も起こります

特に
副作用である脱毛は、
必ず起きます。

小林麻央さんも、
帽子やウィッグなどを活用しながら
適切に対処されていましたよね?

これは、
タキソールの副作用が、
かなり出ているということです。

抗癌剤は
毒であるなどとやみくもに
敵視する方々がいますが、

つまり、毒なんです。

抗癌剤の標的は
命を奪うほどに増殖していく癌細胞です。
「毒をもって毒を制している」のです。

抗癌剤は
副作用が出ないように投与するのではありません。

身体が耐えうる限界まで
ギリギリのところで癌細胞を叩くのです。

その結果、
副作用は出ます。

つまり、
この抗がん剤の副作用によって、
小林麻央さんのステージ4の余命の
リスクがどんどん高まっているということなんです。

小林麻央さんの余命はどれくらい?奇跡は起こるの?

小林麻央さんは
現在34歳のため、
「若年性乳がん」にあたり、
ガンの進行も60歳以上の人よりも断然早く、

一般的な乳がん生存率
(ステージ4の人は10年生存率は25%といわれているよりも、
はるかに厳しい数値になることが考えられます。

10年生存率である25%よりも、
はるかに厳しい数字であることは、
小林麻央さんのブログの文面からもわかります。

奇跡が起こり、
完治とまではいかなくとも、

長く生きることもできる。
根治させたいなんて、
こんな状況では、言えない、
と思っていました。

でも、
ついに、心の声を、言えたのです!

大きく思える夢や目標も
抱くことはできる。

それを堂々と言うことも、
恥ずかしいことなんかではないと
思います。

前の私なら、
言えなかったことも
今は言えたりします。

私はステージ4だって
治したいです!!!

「治したい」、
「根治させたい」ということすら

口に出して言えなかった
小林麻央さんのことを思うと、

非常に厳しい
小林麻央さんの
病状がうかがえます。

「治したい」、
「根治させたい」
という脳からのつぶやきは、

逆に言えば、
非常に
難しい状態であることを
示唆しているのです。

例えば、
私たちが、
ちょっと風邪を患ったときに、

「治したい」、
「根治させたい」

という脳からのつぶやきは起きませんよね?

治るなんてことは、
当たり前だからです。

「ついに、心の声を、言えたのです!」という一文に、
すべてが込められているでしょう。

ガンのステージに限らず、
医者は患者に対して余命宣告をする場合がありますが、

その具体的な期間は
ほとんどあてになりません。

余命宣告されたあとに
体が回復して完治した例もあり、

逆に、宣告された期間よりも
短い間に最期を迎えられる方もいらっしゃいます。

ガンの成長スピードには個人差があり、
また、進行していく過程で
成長スピードが早まったり、遅くなったりするのです。

ただ、
小林麻央さんのブログから、
今を生きることに必死であることがお察しいただけると思います。

一般的な乳がん生存率
(ステージ4の人は10年生存率は25%といわれているよりも、
はるかに厳しい数値になることが考えられます。

年内も
十分、ありえるという声も
ネット上には非常に多くあります。

小林麻央に関しても、
本人の「生きたい」という強い思いが
奇跡を起こす可能性もあります。

希望を捨てず、
奇跡が起きることを信じて戦っている小林麻央さん。

小林麻央さんの
「メイクミラクル!」を心より願います。

ここでご紹介があります。

本での免疫療法の歴史は
本格的な臨床応用としては
約30年程度の歴史ですが、

湘南メディカルクリニックの
培養士グループは日本の免疫療法の始まりのような存在であり、

東京大学医科学研究所、
横浜市立大学、神奈川県立がんセンターなどで
長年にわたり免疫療法を研究開発してきました。

従来、樹状細胞療法を
はじめとした様々な免疫療法やワクチン療法などの
メニューも行ってきましたが、

結論として最も効果が高かったのがNK細胞を
活性化させる療法で、

その奏効率は昨年末までの1000例以上の検討から、
51%と高く、副作用がない上に抗がん剤よりも
効果が高い結果を得ることができました。

がんの治療でお悩みの方は、
この機会に湘南メディカルクリニックの免疫療法を、
お試しになられてはいかがでしょうか?

湘南メディカルクリニック【免疫療法】

以上、
「小林麻央 ステージ4 余命(寿命)と生存率は?手術で完治するのは奇跡? タキソールの副作用情報も!」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

1件のコメント

  • 杉浦克己

    私の妻(63歳)もつい一週間前に、乳がんステージ4らしい旨、説明受けました。今までさんざん苦労を掛け、これから一緒に楽しもうと話しているさなかでしたので、めまいで倒れそうな感じでした。これから詳しい検査を
    していきますが、どんなことをしても直して、二人であらゆる楽しみを満喫します。そうでなければ、妻に対して申し訳ないどころではありません。
    麻央ちゃん頑張れ。妻も負けません。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)