小林麻央 退院して実家!10月の運動会で末期の終末医療?余命は10月中にも!?

2016061300249_1

小林麻央 退院して実家!10月の運動会で末期の終末医療?余命は10月中にも!?

これから
「小林麻央 退院して実家!10月の運動会で末期の終末医療?余命は10月中にも!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央 退院し
10月の運動会に第二子と
共に参加したみたいですね。

小林麻央
退院し何故10月の運動会に
第二子と共に参加できたネットで話題になっています。

10月1日に、
手術を報告されてから、
どんどんブログ上にアップされている
顔画像の表情が良くなり、

10月10日には、
運動会に参加できるまでに、
回復されているようですね。

幼稚園の運動会、
行ってまいりました!!
ありがとうございます。

思えば、
闘病してから
初めて、決めた目標でした。

嬉しくて、
力を使い果たし、
今はクタクタですが、

この幸せのクタクタ!
久しぶりに感じて、
噛み締めています。

娘も息子も、
思いっきり楽しんで参加していて、
本当に嬉しかったです。

ということで、
小林麻央さんは、
とても乳癌ステージ4の
末期がん患者の発言とは思えないほど、

運動会を
満喫されていたようですね。

ただ、
あまりにも
小林麻央さんが、
運動会を満喫されてきたことに対して、

ネット上では、
批判の声も出てきているようですね。

「小林麻央さんが退院した?」

「子供の運動会の為に一時的に自宅に戻っているだけ?

ネタ作りの為に
一度退院しただけで、

数日後に
また入院しましたと言って、

入院と退院を繰り返して、
ファンの方に飽きさせないようにするような
ビジネス戦略ではないかというのです。

確かに、
小林麻央さんが、
同じような病状の報告をするたびに、

9月以降、
だいぶ、ファンの方に飽きられて、

アクセス数が
激減したことは明らかですね。

しかし、
芸能人アメーバブログランキングでは、
依然と首位に立っており、

これ以上、
アクセスを減らさないためにも、
入院と退院を繰り返して、

ファンの方を満足させる
小林麻央さんの意図もあるでしょう。

小林麻央さんが
いつ退院されたのかという
ネット上の指摘もあるみたいですが、
入退院を繰り返しているような
状態ではないでしょうか?

9月上旬から
病床とは思えない勸玄くんが
ソファーで寝転がった画像もありましたし、

麻央さんが
外出されている画像もありました。

麻央さん自身、
早めから最期を意識して、
QOL活動をされていると思われます。


スポンサードリンク



10月の運動会で末期の終末医療?

ただ、
小林麻央さん自身、
退院して、運動会に参加された
本当の意図は、

自分の最期が近いことに
気が付いていらっしゃるのではないでしょうか?

10月1日に
手術されたことを報告されましたが、

小林麻央さんの場合、
根治手術ではなく、
局所コントロール、QOLのための手術です。

◆QOLとは
「Quality Of Life」が正式名称で、
生活の質を表し、どれだけ人間らしく!自分らしい生活を送れるか!

人生に幸福を見出しているか!という、
生きる上での尺度のことを意味しています。

そもそも
10月1日の
手術の告白をされた際に、

QOLという言葉が
出てきたという時点で、

終末医療を明白に、
小林麻央さんは意識されているということなんです。

せめて、
最期は、
病院で苦しんで家族に見送られるよりも、

実家で、
市川海老蔵さんや家族とともに、
楽しく過ごしながら、

迎えたいという小林麻央さんの考えが
如実に運動会参加という結果に表れたみたいですね。

実際、
抗がん剤による延命治療をしました。
4クール終えて、1ヶ月しない内に転移があるような時点で、

治療を
断念される方も多くいらっしゃるみたいです。

病院で、
苦しんで治療するより、
自宅で家族に囲まれて
最期を迎えたいということです。

ただ、
運動会には、
マスコミ関係者がたくさん駆けつけたみたいで、

小林麻央さんも、
ストレスがたまることもたくさんあったでしょう。

ブログでは明かせない真実ですね。

芸能人だから、
テレビに出る人だからって
今の大切な時間を奪われて、
ストレスをためることは、
がん治療に最もよくないことの一つでしょう。

QOL向上のために、
自宅で食事をとるようになり、

病院食より豪華になり、
食器も明らかに変わっています。

そして、
病院独自のトレーもありませんし

撮影時の照明も異なります。

つまり、
完全に別の場所で撮影されているのです。

病院食の方が、
明らかにも栄養管理がされていて、
がん治療にも良いのですが、

最期は、
美味しいものを食べながら、
最期を迎えたいという
小林麻央さんの意図もあるでしょう。

ただ、
10月9日に、

ニンジンジュースを飲んでいた画像を
アップしていたことには注目ですね。

私の知り合いにも、
ニンジンジュースを飲んでいた間は
ガンの進行がストップし、

医師から言われていた余命宣告を
大幅に乗り越えて生き続けることが出来ました。

乳癌と闘う姿勢は、
完全に消えたわけではないというので、
安心しました。

終末医療を明白に、
小林麻央さんは意識されているということなんですが、

実際に、
ガンで家族に最期を迎えられた
遺族の後悔として、

最期に、
やりたいことをやらせてあげられなかった。。。

最期に、
美味しいものを食べさせて
あげられなかったことがあります。

QOLを最大限に高めながら、
乳癌と闘うというのは非常に難しいですね。

小林麻央さんのブログ
「KOKORO」内では
「病院の先生方の勇断」と書かれています。

これは今回の手術によって、
小林麻央さんの生命の危機や
余命を縮める可能性もあるからだと考えられました。

小林麻央さんの体力や免疫力(抵抗力)も
低下してしまう為にまだ残っている肺や骨のガンが暴れだしてしまったり、

他の臓器への転移に繋がってしまったりする事も
十分考えられるのです。

そして、
乳癌ステージ4ということで、
今、現在もがん細胞が細胞分裂を起こしていることに、
気が付かなければなりません。

そして、
若年性乳がんということで、
細胞分裂を起こすスピードは物凄く早いのです。

そうです。

残念ですが
現在の小林麻央さんの
体調回復は一時的なもので、

ステージ4の
末期がんということは、
なんら変わっていないのです。

家族での時間を大切に過ごす、
時間より質を選ばれたのではないでしょうか?

最近手術を受けたらしいので、
その前からしばらく抗がん剤をやめていたんでしょう。

だから顔色もいいし、
元気そうに見えるのかも。

抗がん剤治療を
再開するまでの間は
しばらく副作用から解放されるので
楽だと思われます。

小林麻央さんの
9月の目標は運動会に参加するということでしたが、

それは、
運動会に参加するのも
厳しい病状になってきているということです。

実際、
小林麻央さんの
10月10日の

嬉しくて、
力を使い果たし、
今はクタクタですが、

この幸せのクタクタ!
久しぶりに感じて、
噛み締めています。

という発言から
運動会を見るだけでも
体力を使い果たすほど、

体力的に衰えていることが
考えられます。

それに、
小林麻央さんは、子供達とクリスマスを
一緒に過ごす約束を果たすために、
精一杯の努力をしているという話も聞きます。

頑張ってクリスマスを過ごすことを
目標に!!・・・の意味分かりますよね?

そうなんです・・・気を抜けば、
クリスマスも難しいと本人が意図しているのです。

小林麻央さんは、
今年のクリスマスを迎えられるかどうかわからないほど、
やばい状況だということに気が付いているのです。
余命は10月中にも!?

残念ながら、
小林麻央さんの乳がん
ステージ4まで来ているわけですから、
病気そのものはもう「不可逆」な訳です。

つまり、
乳癌の転移がさらに起こることによって、
抗がん剤治療が
再開され、

タキソールの
副作用によって、
死相が見えるほど、

顔の色が悪く、黒っぽい顔に
すぐに戻ってしまうということです。

場合によっては、
抗がん剤治療を再開することで、
その反動で一気に病状が悪くなることもあり得るでしょう。

後はできるだけ
余命を長くすることに努める、
そういう段階です。

一時的に、
運動会に行けるくらいに回復しても、

また、
がん細胞が活発に
細胞分裂を始めて、
抗がん剤治療を始めれば、
その副作用で、

どんどん
顔の表情が悪くなって、

顔も
黒っぽくなってくるでしょう。

今後の、
小林麻央さんの
発言や顔の表情によく注目してみてくださいね。

小林麻央さんは、
病状が良くなってなっているということですが、

それは、
抗がん剤治療を中断しているという
一時的なものにすぎません。

小林麻央さんの
9月の目標は運動会に参加するということでしたが、

それは、
運動会に参加するのも
厳しい病状になってきているということです。

それに、
小林麻央さんは、子供達とクリスマスを
一緒に過ごす約束を果たすために、

精一杯の努力を
しているという話も聞きます。

まさに、
QOLであり、

まさに、
終末医療です。

QOLとは、
間もなく最期を迎える人が、
どれだけそれまでの間に苦痛なく、

楽しく
過ごせるかということなんです。
だからこそ、

場合によっては、
年内というわけではなく

10月中にも
小林麻央さんが最期を迎えるということも
あり得るのではないでしょうか?

ネット上には、
10月17日をXデーと予想する人たちも
増えてきているようです。

10月17日といえば、
もう、来週のことです。

小林麻央の余命が
9月説はとりあえず、
なくなりました。

実際、
私の知り合いで、
抗がん剤治療をストップしたことで、

腫瘍マーカーで、
著しく悪い数値が出て、

思っていた以上に
抗がん剤を止めた反動が大きかったという方がいます。

このままいくと
数字はどんどん上がっていくそうです。

自分なりに
強い意志で抗がん剤を休止
しましたが

医師からの説得もあり
再び抗がん剤を服用することになりました。

抗がん剤治療をストップした反動は、
腹部や腰から
背中の痛みはいつも突然やってきます。

体勢や
姿勢を変えても
変わらずどうにもならない痛みです。

その時の気分は、
ヤバイぐらいどん底だったということですね。

乳がんのステージ4の辛さは、
とても文字では書けないほどです。

しかし、
今後、小林麻央さんがブログを更新する際に、
顔画像の表情が悪くなり、

顔画像の表情が黒くなったら、
十分注意してくださいね。

抗がん剤治療を再開して、
タキソールの副作用が出始めた影響だと思ってください。

小林麻央さんの余命は、
10月とか年内とかという風には思いたくないです。
しかし、
私の知り合いの体験談からも
抗がん剤治療を再開を再開した時の反動は
物凄く大きいということです。

抗がん剤治療を再開したときには、
小林麻央さん自身、余命はどれくらいかわからないほど、
苦しい状況になると思われます。

だからこそ、
みんなで応援しましょう!!

頑張ってみんなで応援すれば、
きっと奇跡は起きます!

以上、
「小林麻央 退院して実家!10月の運動会で末期の終末医療?余命は10月中にも!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)