小林麻央 ブログKOKOROから余命を予測!がんは末期で余命 11月年内もあり得る?

2016061300249_1

小林麻央 ブログKOKOROから余命を予測!がんは末期で余命 11月年内もあり得る?

これから
「小林麻央 ブログKOKOROから余命を予測!がんは末期で余命 11月年内もあり得る?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



非常に残念なことですが、

小林麻央さんの
ブログKOKORO
ブログ登録者100万人の内、

小林麻央さんの
余命に興味を持たれている方は、
残念ながら80%は超えると思いますね。

小林麻央さんの
病状が非常に悪く、

余命年内説が浮上したのは、
9月に著しく小林麻央さんの顔の表情が
黒くなっていることが原因でした。

11月に入って、
更に小林麻央さんの
病状が非常に悪くなっていると、
ブログ KOKOROから伺えますので、
書いていきたいと思います。

まず、
11月10日に、

小林麻央さんのタイトルで、

新しいアプローチ

今日は
新しいクリニックに
行ってみました。

今まで挑戦しなかった分野の
身体へのアプローチを試してみようと
思います。

と綴られています。

医師に新しい治療法を
アドバイスを受けている時点で、

今の
抗がん剤治療が
うまくいっていないと断言してよいでしょう。

そして、
抗がん剤治療が
うまくいっていないと

免疫力が
どんどん落ちて、

ガンが
脳や肝臓にも転移して行く可能性が高いです。

そもそも、
抗がん剤とは、

主作用が毒性で、
副作用が抗癌作用です

癌を死滅させるかも知れませんが、、
その前に身体が毒に耐え切れず
最期を迎えるということです。

だから抗がん剤投与の後、
最期を迎える方が、ほとんどなのです。

癌は
『血液の汚れや毒素を溜め込んで排毒する装置(浄血装置)』ですから、

そこへ
猛毒を原材料にしている
抗がん剤を体内に取り込んだら、
一体どうなるでしょうか?

体の中に、
癌という『排毒装置』が
ますます必要になってきます。

これは、
抗がん剤という
「猛毒」を投与したことによって体内に毒が増えたため、
体はより大きな『排毒装置(癌)』を必要と
するようになるからです。

だから、抗がん剤を投与すると、
その後、癌が巨大化していって当然なのです。

もし、
手術で無闇に癌を切り取ってしまうと、

体内に必要として発生した癌(浄血装置・排毒装置)を
取り除いてしまったのですから、

また必要として体内に他の癌(浄血装置・排毒装置)が発生します。

これが癌の再発です。

体内浄化・血液浄化を果たすまでは、
体内に延々と癌(浄血装置・排毒装置)が発生して当然なのです。

何度手術して癌を切り取っても、
癌の再発をたんたんと繰り返します。

なので、
小林麻央さんの
がん細胞を摘出する手術は、
何ら意味がなかったと言えるでしょう。

むしろ、
癌の再発を誘発するだけの
結果になったのではないでしょうか?

私の知り合いにも
若年性乳がんの
ステージ4の末期を体験された女性がいるのですが、

やはり、
抗がん剤治療が
うまくいっていないと
日を増すごとに、

どんどんと、
苦しい状況に陥っていって、

発言自体も
ネガティブな発言が目立つようになっていました。

そして、
露骨に「苦しい!」という
発言をするようになるのです。

そのような
状況に陥ったとしたら、
体力的に3か月から半年と予測します。

では、
小林麻央さんには、
若年性乳がんを克服する可能性は、
皆無かといえば、
そうでもないことです。

なぜなら、

今後、
抗がん剤治療が
うまくいくことがあれば、

どんどん、
がん細胞に打ち勝っていき、

余命が伸びるどころか
完治するまでに回復された女性を知っているからです。

彼女も
抗がん剤治療がうまくいっていないときは、

脱毛、下痢や嘔吐などの
抗がん剤の副作用に悩まされていましたが、

自分に合った
抗がん剤で治療することで、
そのような副作用に襲われることもなく、
元気に過ごしています。

このように
乳癌ステージ5末期から
奇跡的に回復したケースもあるわけです。


スポンサードリンク



小林麻央ブログ KOKOROからがんは末期で余命 11月年内もあり得る?

小林麻央さんのブログを読む限り、
ステージⅣの末期状態ということには、
変わりありませんが、

余命が11月というのは、
現実的に考えてあり得ないでしょうね。

ただ、
11月に入って、
ブログの更新頻度が目に見えて、
減っていることから、

相当、
体力的に衰えていることが伺えます。

事実、
小林麻央さんのブログKOKOROで、
11月17日、11月18日と、
ブログ更新をしなかった翌日の19日に、

週末、回復!

というタイトルで、

身体が弱っていて
連日病院でした。

点滴もしたし、
この週末は回復してくるとよいな。

ということで、
19日も体調不良だったことが伺えます。。

その後も、
11月21日、22日も
小林麻央さんブログ更新しない日が続いています。

ほぼ、
間違いなく、
11月21日、22日も
体調が悪かったのでしょう。

9月から
ブログ KOKOROを始められて、
毎日更新されていたのですが、

10月くらいから、
ブログ KOKOROの休む日が増えてきて、

11月に入ったら、
ブログ KOKOROを頻繁に
更新しない日が増えてきたということです。

人間というのは、
3週間続けたことは、
必ず、習慣化するという性質があります。

そして、
一度、習慣化したことは、
余程のことがない限り、
継続するという性質があります。

つまり、
11月に入ったら、
ブログ KOKOROを頻繁に更新できない
何かの理由があると断言できますし、

それが、
体調不良だと、
小林麻央さん自身、
明言されていらっしゃいます。

余命が11月というのは、
現実的に考えてあり得ないですが、

もし、
小林麻央さんの
ガンが肺や骨だけではなく、

他の部位にも
どんどん転移するような状況があれば、
余命が年内であることも十分考えられます。

そうすれば、
クリスマスを自宅で祝うということも、
できなくなってしまいます。

もし、
小林麻央さんの
余命が11月や年内でなかったにしても、

ブログ KOKOROを読む限り、
今までの抗がん剤治療がうまくいっていないことは確実で、

それが、
ブログ KOKOROの
小林麻央さんの言動が、
9月の時点ではポジティブな発言が目立っていたのですが、

11月に入ってから、
非常にネガティブな内容が目立つようになってきたのも
抗がん剤治療がうまくいっておらずに、

体調不良が
どんどん進んでいることからも明らかでしょうね。

私が、
小林麻央さんの
ブログ KOKOROの11月を読んでも、
肝心な治療内容などについては、
オブラートに包んでいるように見えます。

ただ、
11月に入ってから、
ブログ KOKOROの更新頻度が減っていること。

そして、
ブログ KOKOROの更新頻度が減っているのは、
体調不良であることは間違いないこと。

これらの理由から、
今後、小林麻央さんの余命を予測する上で、

小林麻央さんの
ブログ KOKOROの更新頻度は、
重要な参考になることがわかりますし、

ブログ KOKOROの更新頻度が
毎日の状態であったとしても、

明らかに、
これまでの小林麻央さんの
文体ではなく、

小林麻央さんの
代筆されている方が書いたと思われるケースでも、
同じですね。

小林麻央さんの
体調悪化に伴う
ゴーストライターによる代筆と考えてよいでしょう。

小林麻央さん自身、
過去に手術を受けてこととか、

子供の
運動会に参加したこととか、

何か
自分にポジティブな出来事があれば、

必ず、
ブログ KOKOROの中で、
読者の皆さんに報告されているのです。

逆に言えば、
ブログ KOKOROの中で、
自分にポジティブな出来事がない場合、

どんどんと、
小林麻央さんを取り巻く環境というのは、
悪くなっていると断言してもよいでしょう。

小林麻央さんの
口からコアな部分の言及は、
避ける場面が目立ってきましたが、

私の知り合いの
若年性乳がんの体験からも、
小林麻央さんの余命は、
3か月から半年。

もしかしたら、
年内もあり得ると予測できます。

ただ、
この予測は、
あくまで抗がん剤治療がうまくいっていない場合であって、

抗がん剤治療が
うまくいったら、
どんどん小林麻央さんを取り巻く状況は、
良くなっていき、

最終的に、
完治する可能性もあり得るということです。

ただ、
こうしている間にも
どんどん小林麻央さんのがんは、
細胞分裂を行って、
あちらこちらの部位に転移していると考えた方が良いでしょうね。

その意味で、
今後は、
クリスマスが家族と無事に迎えられることが、
小林麻央さんの
目標になってくると思われます。

小林麻央さんが
無事に乳癌末期ステージ4から回復してくれることを祈ります!

以上、
「小林麻央 ブログKOKOROから余命を予測!がんは末期で余命 11月年内もあり得る?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)