小林麻央ブログ KOKOROから余命末期で年内12月もあぶない最大の理由とは?現在(12月)の病状の最新情報  

2016061300249_1

小林麻央ブログ KOKOROから余命末期で年内12月もあぶない最大の理由とは?現在(12月)の病状の最新情報

これから
「小林麻央ブログ KOKOROから余命末期で年内12月もあぶない最大の理由とは?現在(12月)の病状の最新情報」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



先月の11月の末に、
ブログ KOKOROの中で、
突然、抗がん剤の服用を中止してしまうなど、

非常に
あぶない状況にある小林麻央さんですが、

12月に入って、
またもブログ KOKOROの中で、
小林麻央さんの危ない病状を確認できる
更新記事を確認できましたので、

皆様に、
シェアしたいと思います。

小林麻央の現在(12月)の病状の最新情報

12月に入って、
またもブログ KOKOROの中で、
小林麻央さんのあぶない状況だと確認できるのは、

12月3日の
小林麻央さんの更新記事。

はなまる

今、眠っていたのですが、
目が覚めたので、再び寝る前に、
今週を振り返っていました。

今週も精一杯生きたー!と思います。

「今週も精一杯生きたー!」ということで、
毎日、毎週を生きるのが精いっぱいであるかのような
表現をされています。

普通の人が、
一週間を振り返るにあたって、
「今週も精一杯頑張った!」という表現を使うことは、

よくあっても、
「今週も精一杯生きた!」という表現は、
使いません。

明日が来ることが、
当たり前に感じる健全な人は、
生死を意識するような場面は
日常的にほとんどないからです。

つまり、
小林麻央さんの
今の病状として、
毎日、毎週、生死を意識しなくてはならないほど、
非常にあぶない状況にあり、

生きるだけで、
「はなまる」と自分に合格点を出さなければならないほど、

生きることに
必死だということです。

小林麻央さんの
今の病状として、
毎日、毎週、生死を意識しなくてはならないほど、
非常に危ない状況を把握しているということです。

朝目がさめるだけで、
幸せだと感じるほど、
非常に生命があぶない状況だということです。

次に、
ブログ KOKOROの中で、
小林麻央さんの危ない状況だと確認できるのは、

温浴療法を始めてみたり。
そのために、水着を着てみたり。

という記述です。

温浴治療は一通り治療をして、
もう試す薬がない人がよくやる方法ですね。

「42度とか43度の体温下では、
癌細胞は生存できない」ということで、

癌になって「生きたい、死にたくない」と思う人の多くが
民間療法などの温熱療法を経験するということですが、

しかし、
実態は、
効果があまりなく
それを止めて又、
違う治療を探して段々と弱って行くということですね。

当たり前の話ですが、

温浴治療などで
がん細胞の発達の進行を防げるのであれば、

きつい
副作用のある
抗がん剤治療をする人なんていなくなりますし、

ガンでなくなる人なんて、
いなくなります。

抗がん剤治療では、
万事休すといった感じなので

もう、
手あたり次第にがんを克服する方法を
模索している状況が、

小林麻央さんの
ブログ KOKOROからうかがえます。

非常に
あぶない状況だと言えるでしょう。

次に、
ブログ KOKOROの中で、
小林麻央さんの危ない状況だと確認できるのは、

小林麻央さんの
痩せた顔です。

9月に、
画像と共に「死相」というキーワードが浮上し始め、
ネットでは小林麻央のブログ KOKOROから、
小林麻央さんの危ない状況を把握できるような画像がありました。

201612052

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day4-20160919.html


スポンサードリンク



しかし、
12月3日に、
更新された記事にアップされた画像を拝見すると、

201612051

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20161203.html

9月よりも
はるかに悪い状況であることがうかがえます。

9月の時点では、
顔色は悪かったものの、
明らかに、

「朝食食べたい!」

と食欲旺盛な発言をされる場面が、
目立っていました。

9月の危ない画像を
投稿された際も
ここまでやせた感じを伺うことはありませんでした。
しかし、
12月3日には、
明らかに痩せている状況がうかがえます。

写真を綺麗に加工してもガリガリ。

ガンの末期になると
体が痩せ、
食べる量が減ってゆき、
食欲がなくなります。

食欲がなくなると、
最期の一ヶ月間に入ったと
判断することが多いです。

ガンによる
食欲の低下の原因は様々ですが、

どの原因であったとしても
食事ができない状態になったということは
最期の一ヶ月に入ったと判断して
間違いないでしょう。

「感食べられなくなったら終わり」

ということをあなた自身も
直感的に理解できるのではないでしょうか?

ガン末期になると
悪液質により痩せ、
全身の筋力が衰えてしまいます。

外見上は手足の筋肉の
やせ衰えが目立ちますが
嚊む力、飲み込む力、

胃腸を動かす力など
食べるため筋力も
すごく減っているのです
どんなにリハビリをしても、

嚊む訓練をしても、
癌は小林麻央さんの筋力を
奪い続けます

飲み込む力が衰え、
普通のご飯が食べれなくなり、
お粥を好むようになるでしょう

9月には、
病院食などの食事を
頻繁にブログにアップされていた
小林麻央さんですが、

11月には、
全くといってよいほど、
食べている食事をブログ KOKOROを、
アップすることはなくなりました。

食欲が
なくなっているからと、
考えて間違いないでしょう。

後で書きますが、
この食欲の減退というのは、
小林麻央さんの余命判断で、
非常に重要な要因となります。

次に、
ブログ KOKOROの中で、
小林麻央さんのあぶない状況だと確認できるのは、

12月4日に

小林麻央さんのブログ KOKOROに、

投稿された
思考も常にひとりで行っているもの。

もし
思考の仕方が変われば、
同じく
身体も随分と変わってくる気がします。

ある先生に、
健康を取り戻すためのアプローチ図を
見せて頂いたのですが、

ピラミッドになっていて、

病院での治療が頂上部分、
土台は、思考でした。

という部分です。

こういうのは、
自己啓発セミナーで
よく語られるような内容になっています。

小林麻央さんの
ブログ KOKOROを拝見する中で、

どうも、
小林麻央さんは、
自己啓発本にはまっているのではないかという
記述がよくあります。

つまり、
医学的には
どうしようもないから、
そういう

自己啓発本に書かれている文言を
精神的な柱にしたり、
しているような状況です。

何かの
宗教にはまっている人の
心理とほとんど一緒だと思って、
差支えないです。

よく、
闘病中の人が、
病気はツボを買えば、
治療できるということで、

100万円もの
ツボを簡単に買ってしまうというのを、
妄信してしまうのと、

ほとんど、
同じような精神状態ですね。

つまり、
小林麻央さんは、
がん治療には万事休すという状況なので、
藁をもつかむような心情であるということです。

小林麻央さんは、
今、こういった悪徳霊感商法にも
すぐに騙されそうなほど、

非常に
危ない精神状態にあるということですね。

12月3日,4日の

小林麻央さんの
ブログ KOKOROでの更新記事を見るだけでも、

これだけの
小林麻央さんのあぶない状況が伺えるということですね。

小林麻央ブログ KOKOROから余命が年内12月もあぶない最大の理由とは?

しかし、
小林麻央さんは余命は年内
と言われ続けたまま、

ステージⅣの
末期がんは改善されないまま、

そして、
12月を迎えようとしています。

結局のところ、
今は余命が年内か?否か?で
注目されているのが、現在起こっている現実なのです。

まず、
皆さんに謝らなければ、
ならないことがあります。

それは、
私は小林麻央さんの余命を
3か月から半年だと踏んでいたのですが、

訂正
しなければならないということです。

小林麻央さんの余命は、
末期のステージ4で、
小林麻央さんの余命は、
12月年内持たない可能性が
現実味を帯びてきたということです。

その理由は、
がんの末期症状で、
余命が非常に短いことを確実である

小林麻央さんの
痩せた表情から、
食欲が減退していることは確実でしょう。

ガン末期になると
悪液質により痩せ、
全身の筋力が衰えてしまいます。

外見上は手足の筋肉の
やせ衰えが目立ちますが
嚊む力、飲み込む力、

胃腸を動かす力など
食べるため筋力も
すごく減っているのです
どんなにリハビリをしても、

嚊む訓練をしても、
癌は小林麻央さんの筋力を
奪い続けます

飲み込む力が衰え、
普通のご飯が食べれなくなり、

お粥を好むようになるでしょう
食事ができない状態になったということは

小林麻央さんの
ガンはまさに末期で、
最期の一ヶ月に入ったと判断して
間違いないでしょう。

それ以外にも、
小林麻央さんの顔色もわるいし、

腕だってやせ細ってるし、
病の進行は疑いようもないほど、
酷い状況になってきています。

12月に入って、
小林麻央さんのブログの中で、
クリスマスツリーをリースしてきたという
ブログ記事を書かれています。

9月からの
ブログ KOKOROでの最大の
目標であった年内12月の家族と一緒に、
クリスマスを楽しむことができるかどうかが、
最大の関心事にならなくなってきたというほど、

小林麻央さんの
病状は悪化していると断言してもよいでしょう。

ただ、
12月24日のクリスマスイブまで、
後3週間ということで、

小林麻央さんの
病状は悪化していくことが予想されます。

なんとか、
小林麻央さんが
市川海老蔵さんや家族と、
一緒にブログ KOKOROの中で、
クリスマスイブで楽しんでいる姿を
見ることを期待しましょう。

それから、
小林麻央さんの余命が
12月年内持つかどうかもわからないような状況の中で、

こんな病人に対して、
ブログの内容がとか、
守銭奴だとか、
批判されるのは自分のせいだ、とか、

を批判している人は
どれだけ善行をつんでいるのでしょうか?

小林麻央さんの余命が
12月年内持つか
どうかもわからないような状況で、

最後の最後まで、
小林麻央さんの闘病生活を
応援する人が一人でも多くなってくれることを、
心から祈ります。

それから、
小林麻央さんの余命が
12月年内持つかどうかもわからないような
ガンのステージ4末期がんの状況の中で

小林麻央さんに
申し上げたいことがあります。

助かる見込みは限りなく
ゼロに近いが残された命を
悔いのない精一杯生きたーと言う人生を過ごして下さい。

あと、お子さんたちにも、
できるだけ少しでも一緒に居てやって下さい。

なんだかんだで
小さなお子さんには母親の愛情は必要不可欠ですから。

最後の最後まで、
小林麻央さんを応援しましょう。

以上、
「小林麻央ブログ KOKOROから余命末期で年内12月もあぶない最大の理由とは?現在(12月)の病状の最新情報」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

3件のコメント

  • 柳澤 朱海

    小林まおさんに。
    頑張れ!。

  • naovic2014

    同感、まったくおっしゃるとうりだと思います。

    せめて最後のクリスマスは迎えてほしいです。

  • 山ちゃん

    大丈夫です。奇跡が起こります。必ず。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)