本田望結 スケート 全国大会の結果2016にも不満? 優勝する実力はあるの? 画像動画から徹底分析!

uw9aeiov
本田望結 スケート 全国大会の結果2016に不満? 優勝する実力はあるの? 画像動画から徹底分析!

これから
「本田望結 スケート 全国大会の結果2016にも不満? 優勝する実力はあるの? 画像動画から徹底分析!」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



女優で
フィギュアスケート選手の
本田望結さんが、

2016年の全国大会
「全日本ノービス選手権ノービス女子A」に
出場されて、

結果は
自身最高の6位となりましたね。

本田望結さんは
全国大会への切符をかけた
「近畿選手権ノービスA」で

3位に入ったことからシード保持者を除いた
上位6人に与えられる全国大会
「全日本ノービス選手権」の
出場を決めていたということで、

近畿だけではなく、
全国規模でも、
本田望結さんの

スケートの実力が
トップレベルであることを証明しましましたね。

この日は
妹の紗来がノービスBで優勝
しており、姉妹そろっての表彰台。

兄、太一も男子で3位、長女の真凛が前日の
ジュニアで2位になるなど兄弟姉妹で好成績を
収めました。

来季の望結は
ジュニアに参戦するすることになり、

ますます、
競争は激しくなりますね。

「長女の真凜についていきながら
妹にも負けないように頑張りたい」と
抱負を誓っていたということで、

本当に、
本田兄弟姉妹は、
家族同士でも、

闘志をめらめらとひしめかす
ライバル関係のようですね。

そんな家庭環境だから、
本田兄弟姉妹全員が
トップレベルで活躍できるのでしょう。

本田望結さんも、
女優とフィギュアスケートを
両立させることが出来たとしたら、
これは本当に凄い事ですよね。

彼女が
もしトップ選手になれば、
「氷上の女優」はそのまま彼女の代名詞になる。
本田3姉妹に寄せる期待は大きいですね。


スポンサードリンク



本田望結 スケート 全国大会の結果 全国大会 結果2016にも不満? 優勝の実力はあるの?

女優業で、
フィギュアスケート選手の

二足のわらじを履く
本田望結は今冬放送予定の
「探偵少女アリサの事件簿」で
ドラマ初主演の予定ですね。

本田望結さんが、
女優として、

全国的に注目を浴びたのは、
2011年(平成23年)10月期の
日本テレビ系連続ドラマ『家政婦のミタ』への出演でした。

同ドラマは、
視聴率40%近くを
誇ったことも相まって、

一気に、
本田望結さんが注目されましたよね。

人気を得る

2015年(平成27年)、9月公開の
『ポプラの秋』で映画初主演されました。

小学6年生になって、
以前よりもかわいくなって、

大人の女性の顔に、
なったと評判の本田望結さん

女優業で、
フィギュアスケート選手の

二刀流で有名な
本田望結さんですが、

フィギュアスケートの
実力はどれほどのものなのでしょうか?

ドラマの主演ということもあり
多忙な毎日でもスケートの
練習に時間を割いているようで、

まさに、
一分一秒も無駄にしないような
超過密スケジュールですね。

早朝、
4時半に
起床して、

それから、
スケートの練習、

そして、
ドラマ撮影。

そして、
就寝前にも、
しっかりと筋トレをこなすなど、

大人
顔負けの
スケジュールをしっかりとこなしています。

そんな中で
本田望結さんは
2016年の全国大会「全日本ノービス選手権
ノービス女子A」に出場されて、

結果は86・02点で自身最高位の8位を
上回る6位で初入賞を果たしました。


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=z69fdG8-1f4

本田望結選手の演技は、
スピンから始まるプログラム。

ジャッジは
最高評価のレベル4を獲得しました。

そして、
ジャンプ。

これまで
回転不足に苦しんできた
3ループを、

初めて綺麗に
着氷。

全日本ノービスは、
自己最高の6位入賞。

全日本ジュニアの
推薦こそ、かないませんでしたが、

試合後には、
笑顔がこぼれました。

img_3411
引用元:http://extradmt.net/15457.html

この画像から見ても、
相当、体が柔らかそうなので、

柔軟に
演技ができるような感じがしますね。

本田望結さんの
天性の体の柔らかさが、
得意の演技力につながっていると思われます。


どんなふうに、
成長・演技したいですか?

A

自分の得意としている
表現力・演技をさせていただいているので、

その分の
表現力は、良かったと思っている。

ということで、
本田望結さん自身も
演技力・表現力には、
絶対に自信があるようですね。

ただ、
お姉さんの
本田真凛さんは、

すでに、
全日本レベルの
水準まで到達しているので、

全日本ノービスは、
6位入賞という結果に満足していないことは確実です。

今回の
2016年の全国大会「全日本ノービス選手権
ノービス女子A」の結果にも、

いくばくか
不満が残ることがあるでしょうね。

1日6~7時間程度練習

女優業の合間に、
スケートの練習をするなど、

小学生とは、
思えないほどの、
超過密スケジュール。

でもこの歳にして
こんなにも頑張れるのは、
将来が楽しみですね。

すごく頑張ってるのは伝わるけど、
成長期だからあともう少し睡眠時間があった方が良さそうです。

体調を崩したら、
元も子もないので、
その点だけは気を付けてほしいですね。

冒頭での
3回転ルッツで着氷が乱れるなどの
ミスがありましたが、

姉譲りの表現力と繊細な
演技で観客を魅了しましたね。。

「内容的には満足ではなかったけど
、初めての入賞ですごくうれしい」と
笑顔を咲かせたようですね。

もともと、
表現力には自信があるようなので、
その強みを生かして、

何とか、
着氷が乱れを補えました。

しかし、
ジャンブに関しては、
課題の残る結果となってしまいました。

ジャンプは
まだまだのようだが、

それでも
「お芝居させていただいているのでそこは負
けたくない」と話す表現力は魅力。

2015年は
全日本ノービスAは
初出場だった本田望結選手。

2016年は2年目なので
2015年の11位を上回る成績の
6位を獲得しました。

表現力はあるので
今後も期待できそうです。

オリンピックの出場はあるの?

2015年は
全日本ノービスAは
初出場だった本田望結選手。

2016年は2年目なので
2015年の11位を上回る成績の
6位を獲得しました。

世間からは、
オリンピックを狙っているのかという
声も強いですが、

具体的に
検証してみたいと思います。

本田望結選手が、
今回、6位入賞された
全日本ノービスAは、

ジュニアの下のカテゴリ
です。

ノービスA→ジュニア→シニア

という段階で、
ステップアップしていきます。

このノービスで
好成績を収めれば、

前日本ジュニアの
推薦を得られるということで、

本田望結選手は、
2017年にジュニアに挑戦するようですね。

実際に、
本田望結選手さんが、
出場されたノービスAには、

浅田真央選手も
出場されており、

小学校3年生で、
6位に入賞されています。

■■9歳(小3)
▽第3回 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会

201612211

 
引用元:https://matome.naver.jp/odai/2139306149088757901

それに、
お姉さんの
本田真凛さんも、

直近5年 全日本ノービス選手権 ノービスA 女子優勝選手

2015年

優勝 紀平 梨花 2位 山下 真瑚 11位 本田望結

2014年

優勝 青木祐奈 2位 本田真凛 11位 紀平梨花

2013年

優勝 樋口新葉 2位 青木祐奈 3位 本田真凛

2013年、2014年に
2位、3位を獲得されており、

今回の全国大会には妹の紗来も出場して
おり、前日のノービスBで最年少の小学3年
で4位に入ったということで、

本田真凛さんの
フィギュアスケートを
冷静に分析した場合、

オリンピックに
出場できる可能性が、
本田兄弟の中で一番低く、

ここから
よほどの伸びしろがない限り、
オリンピック出場は難しいでしょうね。

そして、
何よりも、
フィギュアスケート一本に絞り、

平昌オリンピックでの
金メダルを目標としている
本田真凛さんとは、

スケートに対する
気迫が全く違うように感じますね。

ただ、
本田望結選手は、
表現力が非常に豊かなので、

頑張れば、
本田真凛さんと同様に
ジュニアの
優勝は確実に狙える
実力は持っていると言えます。

そのためには、
課題であるジャンプを克服して、

得意の
表現力をさらに磨いて、

ジュニアの
優勝は確実に狙えるように、
頑張ってほしいですね。

目標はあくまで滑って踊れる女優さん

本田望結さんの
目標は、
やはり、

目標はあくまで滑って踊れる女優さん

ということですが、

女優との両立に
「両方がすごく大好きなの
で、中途半端になりたくない」と意気込んで
いるようですが、

いずれ、
フィギュアスケートの経験を
大いに生かした

女優活動に
専念する日が来るでしょうね。

この前も、
本田望結さんは、
『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』
プレスコールというイベントで、

巨大ツリーの前で
スケーティング披露していました。


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Vddz3rJfHDU

本人が振り付けということで、
取材陣から
演技中の表現力を絶賛されました。

本番を前に
「物語を壊さないようにきれいに滑りたい」と、
語っていた本田望結さんでしたが、

期待通りの
滑りをしてくれたようですね。

もともと
表現はフィギアスケートでは、

大切なので、
そこができていなかったら、
ショーではないと断言する本田望結さん。

早くも、
フィギアスケートでの
演技力を

女優活動に
どう活かしたらよいのか考案中のようですね。

記者に
クリスマスのことを聞かれたら、

やっぱり、
クリスマスに丁度、
全日本大会が行われるので、

お姉ちゃん(本田真凜)お兄ちゃん(本田泰一)に、
頑張ってもらいたい気持ちがすごくあるようですね。

本当に
兄弟で切磋琢磨して、
一生懸命頑張っているという印象があります。

本田望結さんも、
滑って踊れる女優さんを、
目指して、

日々、
スケートに、
ドラマ撮影に頑張ってほしいですね。

以上、
「本田望結 スケート 全国大会の結果2016にも不満? 優勝する実力はあるの? 画像動画から徹底分析!」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)