小林麻央 再入院して余命が12月中にも!?病院での病状が深刻で苦しいホスピス状態とは?

2016061300249_1
小林麻央 再入院して余命が12月中にも!?病院での病状が深刻で苦しいホスピス状態とは?

これから
「小林麻央 再入院して余命が12月中にも!?病院での病状が深刻で苦しいホスピス状態とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



いよいよ、
小林麻央さんが、
楽しみにしていた
クリスマスイブを迎えましたね。

今夜は、
皆さんも、
家族や恋人と、
クリスマスケーキを食べながら、

楽しく過ごされる方も、
多いのではないのでしょうか?

ところで、
小林麻央さんはと言えば、

20日に、
病院に再入院してから、

体調の悪化の
一途をたどっており、

とうとう、
クリスマスを家族と過ごすことは、
できない結果となりそうですね。

旦那の海老蔵さんは、
吉例顔見世興行で
11月30日から12月25日まで京都に滞在されるみたいです。

現在、
子供さんを、
旦那の海老蔵さんが、
仕事で滞在する京都へ向かわせた、
という記事をブログ KOKOROに投稿されてました。

ということで、
小林麻央さんは、
一人孤独なクリスマスイブを迎えられるかもしれません。

それどころか、
ガンが骨まで転移して、

モルヒネを打ちまくり、

猛烈な
激痛に耐えるような
聖夜になることでしょう。

再入院する結果となった
小林麻央さんなのですが、

小林麻央さんが、
再入院して、

病院での病状が深刻で
苦しいホスピス状態

と伺わせるような
ブログ KOKOROの記述を
確認しておきたいと思います。


スポンサードリンク



①頑固な小林麻央さんが再入院をすることを認めた

小林麻央さんが、
再入院して、

病院での病状が深刻で
苦しいホスピス状態
と伺わせるようなことを、
確認できる点として、

小林麻央さんは、
元々、がんの治療に関して、
病院ではなく自宅で治療をすることを望んでいました。

そして、
11月から、
頑ななまでに、

自己判断で、
抗がん剤の服用を中止したり、

放射線治療を行ったり、

温熱療法を
試したりしていました。

そのすべてが、
うまくいかなかったということです。。

挙句に、
お姉さんの小林麻耶さんに、
背中をせすってもらったりと、

そこまで、
頑固だった小林麻央さんが
負けを認めるほど、

病状は、
深刻であるということです。

入院しようと何度か言われても

「負けてたまるかー」と
謎のひとり勝負を続け、

そして今になり、あっけなく入院。

またやってしまいました。
頑固。

と、
小林麻央さんが、
負けを認めるほど、
病状は深刻であるということです。

そして、
自己判断で、
独りよがりな治療を行っていた間も、

どんどん、
がん細胞は転移して、
やせ細ってしまいました。

その
小林麻央さん
病状からも、
苦しいホスピス状態といえるでしょうね。

②ガンが骨まで転移している。

小林麻央さんが、
再入院して、

病院での病状が深刻で
苦しいホスピス状態
と伺わせるようなことを、
確認できる点として、

12月22日に、
ブログ KOKOROで、

今回、
今までよりも骨転移の痛みを
感じるようになって、

「痛い、痛い」という思いで
怖くなって先が心配ばかりでいました。

という風に、
小林麻央さんは、
病院での病状は深刻だと風に、
仰っています。

想像以上に、
ガンの進行スピードが速く、
全身に転移しているようですね。

はっきり言います。

ガンが、
骨まで転移しているということは、

まず、
ここから
病院での病状が回復するということは、
ないです。

どんどん、
ガンが全身に転移して、

ますます、
小林麻央さんは、
病院での病状は深刻になるでしょう。

この時点で、
苦しいホスピス状態と
断言してもよいでしょう。

小林麻央さんの
病院での病状は
さらに深刻になり、

●モルヒネを投与しても効果ない。

●激痛で苦しそう。

●昏睡(こんすい)状態が続く。

という
今井雅之さんと同じような
運命を迎える可能性が高いのです。

これは、
小林麻央さんだけではなく、

小林麻央さんのご家族や、
ブログ KOKOROのファンの皆さんにとっても、

本当に、
心苦しいかと思います。

日本の
法律では、
楽に最期を迎えさせるというようなことが、
認められていませんので、

苦しみ
もがき続ける小林麻央さんを
見とどめなければならないということです。

②食欲が衰えており、やせ細っている

次に、
小林麻央さんが、
再入院して、

病院での病状が深刻で
苦しいホスピス状態
と伺わせるようなことを、
確認できる点として、

食欲が、
極限までやせ細っているということです。

12月21日の
ブログ KOKOROでの
記述をご覧ください。

201612241
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20161221.html

9月の手術後、2日ぶりに食べられた
病食が、このひじきごはんだったのです!

頂いたとき、
大丈夫!回復できる!という気持ちが
わいたことを思い出しました。

そんな記憶に励まされて、
完食!!

という記載の部分です。

小林麻央さんは、
ブログ KOKOROの読者に対して、
食欲旺盛であることをアピールしたかったのかもしれませんが、
逆効果でした。

たったこれだけの
病院でのヘルシーメニューに対して、

「完食!!」

という風に
アピールしなければならないほど、

小林麻央さんの
食欲は衰えているということです。

みなさんが、
これだけのヘルシーメニューを食べて、
完食しても、

「完食!!」

なんて、
アピールしませんよね?

小林麻央さんの
顔の表情を見ても、
12月上旬よりもはるかにやせ細った印象があります。

201612232

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20161203.html
201612231

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12230869728.html?frm_src=thumb_module

たった、
20日くらいで、
ここまでやせ細るって、
普通では考えられません。

小林麻央さんが、
再入院してからも、

●大好物も喉を通らなくなる。

●鼻にチューブを通して点滴を投与。

●さらに痩せ細っていく。

●副作用で食事をしても嘔吐(おうと)

など、
病院での病状は、
さらに深刻になることが予想されます。

当然、
がんがどんどん転移しているのに、

そんな
体力が衰えているのであれば、
もう、それは苦しいホスピス状態と断言してもよいでしょう。

再入院中の小林麻央さんの余命が12月にもあり得る最大の理由とは?

小林麻央さんが、
再入院して、

病院での病状が深刻で
苦しいホスピス状態と
伺わせるようなことを、
考慮すれば、

小林麻央さんの
余命が12月中という事態は、
十分、考えられます。

私が、
小林麻央さんの
余命が12月中であるという
根拠の最たる例が、

12月上旬からの
小林麻央さんの
体重の激減ですね。

12月上旬の
画像を見ても、
それまでよりも、

かなり
痩せたなという印象はありましたが、

ココ20日くらいでの
小林麻央さんの痩せ方は、
目に余るものがあります。

小林麻央さんは、
34歳ということで、

高齢の方の
ガンよりもはるかに進行スピードが速く、

再入院してからも、
病院 病状 深刻さは、
より増しているということですね。

それに加えて、
クリスマスイブを
自宅で家族で過ごすことなく、

病院で、
孤独に過ごさなければならないという
脱力感や失望感も大きいでしょう。

「病は気から。」

という言葉がありますが、
脱力感や失望感が
その後の

再入院中の
小林麻央さんの
病院での病状を

より、
深刻に向かわせることも、
十分、考えられます。

最大の目標としていた
クリスマスを
再入院して、

一人孤独に、
迎えることになるとは、
想像すらしていなかったのではないでしょうか?

12月も
後1週間という風になりましたが、

今の
小林麻央さんは、
ホスピス状態ですが、

今後の
小林麻央さんのことを考えると、
ガンの痛みに苦しんで、苦しいんで、
最期を迎えるということになるでしょうね。

小林麻央さんは、
今まで幸せに生きていた分、
こんな形で最期を迎えることになりそうですね。

人生、
プラスマイナス0と言いますが、
まさにそういった感じですね。

それくらい、
再入院中の
小林麻央さんは、
病院での病状が深刻で、
ホスピス状態もかなり苦しいということですね。

少しでも、
残り僅かのホスピス生活を
幸せに過ごしてほしいですね。

以上、
「小林麻央 再入院して余命が12月中にも!?病院での病状が深刻で苦しいホスピス状態とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)