小林麻央 再入院して10日!小林麻央が余命を覚悟しなければならない2つの理由とは?

2016061300249_1
小林麻央 再入院して10日!小林麻央が余命を覚悟しなければならない2つの理由とは?

これから
「小林麻央 再入院して10日!小林麻央が余命を覚悟しなければならない2つの理由とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



今年も
あと二日ですよね。

すでに、
お正月休みに入っており、

実家や
旅行先から
このブログをご覧いただいている方も
多いのではないでしょうか?

市川海老蔵さんは
昨日の12月29日に
TBS「新・情報7daysニュースキャスター」
に出演されて、

小林麻央さんや
家族、闘病にかける熱い想いを語ってくれました。

市川海老蔵さんの
2017年の目標は

「家族と一緒に公園を散歩する。」

ということでしたが、

逆に言えば、
2016年の小林麻央さんの再入院してからの
現状は、

「家族と一緒に公園を散歩する」

ようなことも困難になってきているほど、
難しくなってきていることが伺えます。

再入院してから
10日余りが経過しようとしていますが、

小林麻央さんの現状は、
余命を覚悟しなければならないほどにまで、
発展しているということですね。

小林麻央さんの
再入院してから、
余命を覚悟しなければならない理由として、

大きく

●がんが骨まで転移しており、
末期がんの症状が出ている。

●再入院してから始めた
抗がん剤治療の副作用の影響が強い。


スポンサードリンク




二つが挙げられます。

ここ数日の
小林麻央さんのブログ KOKOROを拝見しても、

12月28日午前に、

母とメッセージをやりとりしていたら、

「痛いの痛いのとんでけー」

と送られてきました。

という文言が、
書かれていたり、

12月28日夜に、

痛いところを
主人に手当してもらって、癒される。

ということで、
市川海老蔵さんに、
背中をさすってもらったりと、

とにかく
全身に激痛が走っている
小林麻央さんの病状が伺えると思います。

このブログでもお伝えしていますが、

小林麻央さんの
ガンはすでに骨にまで転移しており、

12月24日には、
お姉さんの小林麻耶さんに
ブログ KOKOROの代筆をしてもらったり、

12月26日には、
抗がん剤の副作用によって、
白いマスクをつけ始めたりと、

小林麻央さんが
再入院してからは、
もはや、余命を覚悟しなければならないほど、
酷い状況になってきていると思われ、

今後、
更に小林麻央さんの病状は、
酷くなっていくと思われます。

ましてや、
小林麻央さんは、
34歳ということで、
非常に若いわけですから、

がんの進行も非常に早く、
今後の病状の悪化がさらにひどくなることは、

ほぼ、
間違いなく、

再入院中の
余命の覚悟を
しておかなければならない時期に
すでに入っています。

以下の症状は、
今井雅之さんのがん末期の症状ですが、

●大好物も喉を通らなくなる。

●鼻にチューブを通して点滴を投与。

●モルヒネを投与しても効果ない。

●激痛で苦しそう。

●さらに痩せ細っていく。

●昏睡(こんすい)状態が続く。

●副作用で食事をしても嘔吐(おうと)

●30分おきに休まないと動くのが辛い。

●外出時は車椅子が必要。

●声を出すのもつらくなった。

●寝ることが多くなって筋力が衰える。

小林麻央さんの
ブログ KOKOROから

●激痛で苦しそう。

●さらに痩せ細っていく。

●声を出すのもつらくなった。(ブログ KOKORO代筆)

位は、
確実に確認できます。

市川海老蔵さんが
TBSTBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に対して、

2017年の目標は、

「家族と一緒に公園を散歩する」

と仰っていることからも、

●30分おきに休まないと動くのが辛い。

●外出時は車椅子が必要。

●寝ることが多くなって筋力が衰える。

なんかも
小林麻央さんの病状として、
確実にあるのでしょう。

小林麻央さんが
ブログ KOKOROに病状の情報なんて、
ほんのわずかですので、

上記の
症状のほとんどは、
すでに小林麻央さんに起こっているのではないかと思われます。

小林麻央さんは、
再入院してから、
白いマスクをつけ始めて、

「痛い!痛い!」

と連呼していることから、

どうやら、
抗がん剤治療も
うまくいっていないみたいですね。

抗がん剤治療は、
副作用の影響も強いですし、

小林麻央さんはのように
骨までがんが転移しているような状況であれば、
どうしようもないですね。

市川海老蔵さんが
TBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に対して、
トトロのさつきちゃんの例を出して、

5歳の長女麗禾ちゃんを
10歳のさつきちゃんに例えていましたが、

精神年齢の高い
5歳の長女麗禾ちゃんであれば、

小林麻央さんが、
再入院してから、
余命を覚悟しなければならない時期に、
突入していることを察していることでしょうね。

市川海老蔵さんも、
TBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に対して、

「うちの娘(長女麗禾ちゃん)
の場合は、だいたい分かってますね。物事を」


話されているみたいですしね。

市川海老蔵さんが
TBSの取材に対して、

「大みそかは小林麻央さんと一緒に過ごす。」

と仰っていましたが、

それほど、
悪い小林麻央さんであれば、

すでに、
市川海老蔵さんも、
小林麻耶さんも

小林麻央さんが、
再入院してから、
余命を覚悟していると思いますね。

小林麻央さんは、
再入院してから、
白いマスクをつけ始めて、
白血球の減少などの副作用が出始めているみたいですが、

これから
年初にかけて、
更に抗がん剤の副作用の影響が強く出ることが予想され、

小林麻央さんが、
再入院してから、

余命を覚悟しなければならない、
最大の危機が訪れようとしています。

ブログ KOKOROの
読者の皆さんも、

再入院中の
小林麻央さんの余命が
いつ来てもおかしくないので、
覚悟しておかなければなりません。

市川海老蔵さんが
TBSTBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に対して、

「大みそかは小林麻央さんと一緒に過ごす。」

と仰っていましたが、

2016年の
12月31日が
市川海老蔵さん、小林麻央さん夫妻にとって、
最後の晩餐にならないように心から願いたいと思います。

以上、
「小林麻央 再入院して10日!小林麻央が余命を覚悟しなければならない2つの理由とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)