小林麻央 痛みの原因は骨転移だけでなく放射線治療でも!?余命末期の想像を超えるがんの激痛とは?

2016061300249_1
小林麻央 痛みの原因は骨転移だけでなく放射線治療でも!?余命末期の想像を超えるがんの激痛とは?

これから
「小林麻央 痛みの原因は骨転移だけでなく放射線治療でも!?余命末期の想像を超えるがんの激痛とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんの
インタビューが9日、
日本テレビ「市川海老蔵に、ござりまする。」で
放送されたということで、
話題になっていますね。

テレビ出演は
昨年6月のがん公表後、初めてということで、

視聴率も
平均視聴率が
17・1%(関東地区)だったと
高視聴率だったみたいですね。

小林麻央さんは、

「役者・市川海老蔵をパートナーとして
支えられるチャンスを神様くださいっていつも思うんですね」


涙を拭っていたようですが、

残念ながら、
小林麻央さんの現実はといえば、

骨まで転移した
ガンの痛みが原因で

年始から
一刻の余談も
許さないような状況になってきました。

巷では、
小林麻央さんの痛みは、
骨まで転移したがんだけが
原因のように、
思われているみたいですが、

骨まで転移したがんだけではなく、
今後、小林麻央さんが再開するであろう、
放射線治療でも、

小林麻央さんの
痛みが激しくなり、

命を
危うくする可能性が高くなってきましたので、

その辺を、
皆様にシェアさせていただきたいと思います。


スポンサードリンク



痛みの原因は骨転移だけでなく放射線治療でも!?

まず、
昨年の12月から
ここ1か月余りで、

小林麻央さんが、
ガンの痛みをブログ KOKOROで、
呟かれたことを時系列でまとめてみました。

昨年の
12月10日に、
小林麻央さんが、

想像以上に
放射線の副作用が強く、

すこぶる体調が悪い。

喉の痛み、背中の痛み、
放射線の副作用だとは
教えてもらえず、不安が
強すぎた。
それが精神的に、かなりの打撃だった。

ということで、
昨年の11月から12月にかけて、
一か月間に及ぶ放射線治療の副作用で、

喉の痛み、背中の痛みが、
激しくなったことを
ブログ KOKOROで呟かれています。

次に、
昨年の12月15日に、
小林麻央さんが、
ガンの痛みをブログ KOKOROで、

昨夜は
姉が一晩中
私の背中をさすってくれました。

ということで、
お姉さんの小林麻耶さんに
一晩中、背中をさすってもらわないと、
耐えられないくらい、

小林麻央さんの
痛みが悪化していることがわかります。

昨年の
12月28日は、
小林麻央さんのブログ KOKOROで、

痛いところを
主人に手当してもらって、癒される。

ということで、
このころから頻繁に
「痛い」という言葉が、
小林麻央さんの口から出るようになります。

同じく
昨年の
12月28日に、
小林麻央さんのブログ KOKOROで、

母とメッセージをやりとりしていたら、

「痛いの痛いのとんでけー」

と送られてきました。

ということで、
この時は痛みが軽かったのでしょうか?

小林麻央さんは、
ユーモアも交えて、
自分のがんの痛みをブログ KOKOROの読者の方に、
語っていますね。

12月30日には、

「痛みが和らいでる」、、と
私が言ったら、
姉が泣いてしまいました。

私も泣いてしまいました。

あまりに、
小林麻央さんの痛みが
酷かったために、

外出許可を得て、
お姉さんの小林麻耶さんと一緒に、

酵素風呂に
行ったようで、

酵素風呂に
入っているときだけは、
痛みが引いて、

お姉さんの
小林麻耶さんと一緒に、
涙を流されたようですね。

それだけ、
年末に小林麻央さんに、
激痛が走っていたということでしょう。

年が明けて、
2017年の1月6日には、

痛み止め様

痛み止めの量を増やしても
また痛みが増してきたり、

痛みは
心折れますね。

ということで、
おそらくモルヒネだと思われる
痛み止めの薬を打ちまくっても、

全く効かなくなるくらい、
小林麻央さんの痛みは
ひどくなっているということですね。

すでに
小林麻央さんは、
麻薬中毒者で、
モルヒネと思われる痛み止めがなければ、

気が済まないほど、
痛み止めの薬に対する依存心がうかがえます。

1月7日には、

「苦しい、痛い、疲れた」と
家族の前で、
口に出して言ってしまう時があります。

ということで、
小林麻央さんに連日襲い掛かる
ガンの激痛によって、
精神的に参ってしまい、
疲労困憊状態に陥り、

もはや
がんと闘う気力までなくなっていることが
伺えます。

このように
小林麻央さんの
ここ1か月間の痛みを分析してみると、

痛みに
波はあるものの、
骨まで転移したがんによって、

徐々に徐々に
小林麻央さんの肉体と精神を蝕み、

おそらくモルヒネだと思われる
痛み止めの薬を打ちまくっても、

全く効かなくなるくらい、
小林麻央さんの痛みは酷くなっており、

時々、
疲労困憊状態で、
がんと闘う気力さえ落ちてきている状態だと言えます。

さらに
小林麻央さんは、
今後、放射線治療を再開すると、
仰っていますが、

12月10日に
ブログ KOKOROで、

想像以上に
放射線の副作用が強く、

すこぶる体調が悪い。

喉の痛み、背中の痛み、
放射線の副作用だとは
教えてもらえず、不安が
強すぎた。

ということで、
これから始める放射線治療の
副作用で、

喉の痛み、背中の痛みが
どんどん増えていくことは、
ほぼ確実といってよいでしょう。

余命末期の想像を超えるがんの激痛とは?

小林麻央さんが
ブログ KOKOROで頻繁に呟かれている
末期がんの症状からくる痛みって
どのようなものでしょうか?

「もし、あなたが末期がんと宣告されたら(余命宣告)?」

「もし、あなたの家族が末期がんと宣告されたら?」

非常に恐怖を感じる言葉です。

末期がんは
病巣が全身に転移してしまい、

どんな治療をしても
助かる見込みのない状態を指します。

今の
小林麻央さんの
骨まで転移したがんによって、
同じようなことが言えます。

末期がんの痛みは
想像を絶するほどの激痛を発症すると
言います。

しかし、
当事者でない限り、
痛みの程度を知ることはできません。

そして、
患者さんの中には、
配偶者や子供たちに弱った自分を見せたくないため、

痛みに苦しんでいる姿を
我慢している人もいるそうです。

小林麻央さんも
医者のいうことを断固として、
聞き入れずに、

自己治療を続けたくらいですから、

配偶者や
子供たちに弱った自分を見せたくないという
意識は特に強いでしょう。

特に
子供たちがいれば、
痛みと闘う自分自身を見て、

恐怖のようなものを
感じさせてしまうからと。。。

もし、
私が末期がんを宣告されたら、
そんな痛みを我慢することはできないと思います。

では、
末期がんの患者の痛みを少しでも
和らげるために、

私たちは
何をするべきなのでしょうか?

そんな場合に行われるのが、
「緩和ケア」です。

痛みを緩和できた後、
患者さんの希望をかなえてあげることです。

「最後は自宅で暮らしたい」といえば、
主治医と相談して外出許可をかなえます。

「これ以上、痛みに苦しむ自分を見せたくない。」

というのであれば、
少し間を開けることも緩和ケアになると思います。

とにかく
患者さんが「生」感じている限り、
やりたいことをさせてあげたい。。
これが緩和ケアなのです。

ただ、
小林麻央さんの場合、

緩和ケアのために、
モルヒネなどの医療用麻薬を
打ちまくっても、

もはや、
効果がないくらいの症状になってきており、

人間が生きていくための
栄養分の摂取を拒絶、

その結果、
行為自体の機能も失われてしまうのです。

もし、
肺といった呼吸器系であれば、

呼吸困難に陥ります。

しかし、
上記に明記した症状は、
まだ臓器ごとですが、
本当に末期がんになってしまうと、

リンパ液/血液によって、
身体全身にがん細胞が転移。
生きているだけで激痛を伴う
症状になってしまうのです。

小林麻央さんの
現在の病状 最新2017年1月を考えると、
末期の今井雅之さんと同じような状況であると言えます。

具体的に言えば、

●大好物も喉を通らなくなる。

●鼻にチューブを通して点滴を投与。

●モルヒネを投与しても効果ない。

●激痛で苦しそう。

●さらに痩せ細っていく。

●昏睡(こんすい)状態が続く。

●副作用で食事をしても嘔吐(おうと)

●30分おきに休まないと動くのが辛い。
●分も立っていられない。

●外出時は車椅子が必要。

●声を出すのもつらくなった。

●寝ることが多くなって筋力が衰える。

●外出時は車椅子が必要。

●声を出すのもつらくなった。

今井雅之さんも
本当に最期を迎える直前は、
モルヒネなどの痛み止めが全く効かないくらい、

ガンの
痛みが激しくなっていたということで、

上記の症状は、
小林麻央さんがブログ KOKOROで見せない
本当の姿である可能性が極めて高いです。

末期がんの症状を発症する
患者さんは、精神的苦痛ばかりでなく、
肉体的苦痛も強いられてしまうのです。

これが
末期がんの症状なのです。

1月から
小林麻央さんが
先月まで行っていた
放射線治療を再開すると仰っています。

1月7日には、

「苦しい、痛い、疲れた」と
家族の前で、

口に出して
言ってしまう時があります。

と、
ただでさえ、
骨まで転移したがんによって、
精神状況が落ち込んでいる中で、

追い打ちをかけるように
放射線治療の副作用で
どんどん小林麻央さんの痛みが激しくなっていくのです。

ブログ KOKOROの読者の皆さんも
小林麻央さんががんの激痛で苦しむ姿を
見届ける覚悟が必要だということです。

ですが、
私もブログのKOKORO読者の皆さんも
奇跡を祈りましょう!

小林麻央さんの夫である
市川海老蔵さんも小林麻央さんの余命は、
昨年の夏くらいを覚悟していたみたいですが、

それから半年が経過した
今でも小林麻央さんは、
必死にがんの激痛に耐えながら生き抜いています。

これ以上、
小林麻央さんのがんの激痛が
ひどくならないように
PCの前からスマホの前から祈り続けることで、

必ず、
奇跡は起こると思っています。

皆さんで、
小林麻央さんを応援しましょうね!

以上、
「小林麻央 痛みの原因は骨転移だけでなく放射線治療でも!?余命末期の想像を超えるがんの激痛とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)