小林麻央 ブログ KOKORO最新1月2017での最悪のシナリオが考えられる末期癌の一時的な回復の兆しとは?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ KOKORO最新1月2017での最悪のシナリオが考えられる末期癌の一時的な回復の兆しとは?

これから
「小林麻央 ブログ KOKORO最新1月2017での最悪のシナリオが考えられる末期癌の一時的な回復の兆しとは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが
ブログ KOKORO 最新 1月 2017で、
末期癌の回復の兆しを見せていますよね。

昨日の
1月19日も
ブログ KOKOROを更新されて、

点滴がはずれ、
飲食の力も、戻り、

これからは、歩いて、
筋力を回復させ、

家族の元へ戻る準備へ
気持ちを向かわせます。

「退院目指そうね!」と
主治医の先生にもお言葉を頂きました。

と仰っています。

一時は、
ヨーグルト一口、
バナナ一本も食べることができないほど、
病状が悪化していたにもかかわらず、

末期癌の回復の兆しを、
見せているように一見見えます。

しかし、
冷静に考えれば、

小林麻央さんの
乳癌末期ステージ4の病状が、
何一つ改善したわけでもありませんし、

ガンが、
全身に転移している状態も、
何一つ変わっているわけでもありません。

おそらく、
乳癌末期の病状の波がある中で、

今が
一番良い状態なのではないでしょうか?

実は、
小林麻央さんの
病状に波があることは、

過去の
ブログ KOKOROからも
わかります。

今のように、
がんの進行が激しくなった時に、

一時的に
良くなった時期がありました。

それは、
昨年の
12月28日の
ブログ KOKOROの更新記事で、

ベッドの上で
母とメッセージをやりとりしていたら、

「痛いの痛いのとんでけー」

と送られてきました。


スポンサードリンク



という風に、
ガンの痛みが
和らいだと思われるときに、

ガンの
痛みをユーモアを交えて、
ブログ KOKOROの更新記事に書かれていました。

その後、
小林麻央さんの
病状2017年1月が、

ヨーグルト一口、
バナナ一本も食べることができないほど、

病状が悪化していたことは、
記憶にも新しいことかと思います。

どうも、
小林麻央さんは、
全ての物事を前向き(楽観的)に考えることが

自分の人生にとって、
殆どマイナスにしか働いていないことに、
気が付いていないようですね。

昨日の
1月19日も
ブログ KOKOROを更新されて、

点滴がはずれ、
飲食の力も、戻り、

これからは、歩いて、
筋力を回復させ、

家族の元へ戻る準備へ
気持ちを向かわせます。

「退院目指そうね!」と
主治医の先生にもお言葉を頂きました。

と仰っていますが、

小林麻央さんは、
乳癌のしこりの段階で、
上記のような
甘い考えで、

物事を
前向き(楽観的)に考えたために、

乳癌末期
ステージ4という
最悪の結果を招いてしまいました。

その時期に、
最悪のシナリオを想定していたら、

当然、
最悪の事態は避けられたわけです。

小林麻央さんの
食欲が増進しているということですが、

抗がん剤や
放射線治療による、

痛みの減少に伴って、
食欲が増えるのは当然でしょう。

場合により
体重増加も有り得ます。

したがって、
痛みと病気の進行は一致していませんし、

むしろ、
抗がん剤や
放射線治療によって、

また、
極度の
食欲不振や
吐き気などの症状に襲われる可能性が高いです。

また、
小林麻央さんは、
ガン末期の方が最期を迎える前に、

一時的に今の
小林麻央さんのように、

末期癌の回復の兆しを
見せることがあるというのを、
ご存知でしょうか?

末期癌の
元気が出てくることがときにあります。

見当ちがいがみられた人でも、
はっきりと、てきぱきして
話をするようになることがあります。

何日も食事をとらなかった人が、
好きなものを欲しがったり、
実際に食べたりするかもしれません。

しばらくの間、
誰とも会いたくなかった人が、

親戚の人や
見舞客とともに居間に
腰掛けて話をすることがあるかもしれません。

最後が迫って来る
2週間から1週間前の
兆候がより強くなってきます。

血液中の酸素の量が
減ることにより、

じっとしていられない状態が
さらに強くなることがあります。

痛みが激減し、食欲がわき、
ついには少しずつ体重も増えてきたというのです。

末期がんというのは、
そういう回復の兆しを見せていながら、

最期を迎える
1日、2日で容態が急変してしまうことも
多々あります。

このような情報というのは、
ネットからでもいくらでも手に入れることが言えます。

そういう
情報収集を怠るというのは、

もはや、知的怠慢であるか、
著しく現実逃避願望が激しいかのどちらかですね。

小林麻央さんは、
明るいとか前向きというよりも

調子の良い時に、

このような
悪い事態を想定して、

最悪のシナリオを
回避するための行動をとる準備をしていないような

危機管理能力が
著しく欠落しているとしか言えません。

小林麻央さんの
その楽観的な性格でどれほど、
人生を決定づける判断を誤って、

どれほど、
子供たちや周囲の人たちに、
迷惑をかけたとしてもです。

小林麻央さんは、
すでに立派な大人の女性です。

勧玄君、
麗禾ちゃんという可愛いお子様も
いらっしゃいます。

もう少し、
可愛い子供を守る
大人としての責任ある思考や、言動、
行動を心がけてほしいですね。

以上、
「小林麻央 ブログ KOKORO最新1月2017での最悪のシナリオが考えられる末期癌の一時的な回復の兆しとは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)