小林麻央 余命 1月現在のXデーは退院で何とか回避!?皮膚転移アメンバー内容から2月には確実にアウト!?

2016061300249_1
小林麻央 余命 1月現在のXデーは退院で何とか回避!?皮膚転移アメンバー内容から2月には確実にアウト!?

これから
「小林麻央 余命 1月現在のXデーは退院で何とか回避!?皮膚転移アメンバー内容から2月には確実にアウト!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが、
放射線治療などのために

入院していた東京都内の
病院を同日に退院したと報告されたようですね。

退院
おめでとうございます!

ただ、
小林麻央さんが、
退院したといっても、

小林麻央さんの
現在の病状から
全く予断の許さない状況が続いており、

1月は、
退院して、
何とかXデーは回避したものの、

早ければ、
2月にも最期を迎える可能性がありますので、

その辺のところを、
皆さんにシェアさせていただきたいと思います。

小林麻央さんの
1月の退院したのは、
緩和ケアがひと段落したからで、
あって、

決して、
乳癌末期ステージ4の
病状が良くなったわけでは全くありません。

今回入院の
治療目的が一段落したからでしょう。

最期の時に向けて
自宅での終末ケアに移行って感じですね。

現に、
昨日の1月29日の
ブログ KOKORO更新記事を読んでも、

20170130(1)

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12242600283.html

非常に
顔色が悪く、

まさに
終末期のがん患者って感じがしますよね。

後で、
説明させていただきますが、

放射線治療でも、
痛みの対処しかしてないし

がん転移も
止められないみたいということで、

がんの転移だけではなく、
抗がん剤や放射線治療の
副作用もどんどん出てきているような状態です。


スポンサードリンク



皮膚転移 アメンバー内容から2月には確実にアウト!?

私が、
小林麻央さんの
1月の退院して、

余命を判断するにしても、
2月にもXデーがあるほど、

全く余談が許さない状況だと
判断する根拠は、
がんの皮膚転移が考えられます。

小林麻央さんの
1月15日の
アメーバ記事を簡略して説明すると

「小林麻央さんは
乳がんが発覚した

2年前に全摘を勧められている」が
その時に拒否してしまったこと。

2016年
春に症状が悪化し、
皮膚転移が発覚。

悪臭も気になるほどで、

●「12月の長女の誕生日を迎えるのも厳しい」

●「夏まで持たない」

と言われていた
みたいですね。

しかし、
なんとか乗り切り、

手術して対処療法的に
左胸を全摘したということで、

2年前に、
主治医のアドバイスを
よく聞いて、

乳がんの
全摘を行っていれば、

乳癌末期ステージ4まで、
病状が悪化しなかったことは確実です。

まぁ、
女性として、
乳房を摘出するくらいなら、

最期を
迎えた方がましだという
覚悟があったのかもしれません。

どっちにしても、
現在の乳癌末期ステージ4を
防ぐ方法はあったわけで、

全く
同情の余地はないということですね。

骨転移が併発しているに、
皮膚までがんが転移しているというのは、

もう、
全身にがんが
転移している可能性が、
極めて高いのです。

腫瘍の増大につれ、
骨表面にある骨膜の神経が
刺激され激しい痛みが出るようになっていき、

また、背骨や、骨盤、大腿骨、
下肢の関節などに出ると、加重時の痛み、進行すると、
身動きできない激痛に進展することあるし、

骨が弱くなり、
病的骨折のリスクも出てきます。

何とか、
放射線治療によって、
全身に転移したがんを除去しようと、

今回の
入院生活があったのですが、

1月26日の
アメンバー限定記事で、

小林麻央さん自身、
放射線治療の副作用による
放射線食道炎を患っていることが分かったのです。

放射線食道炎とは、
肺がんや頸胸部がんの
放射線治療を受けた患者さんの多くが
経験される副作用で、

食べ物が
飲み込みにくくなるなどで、
患者さんの生活の質を著しく低下させるものです。

典型的な
放射線食道炎の症状は、
放射線治療開始から2~3週間程度で発症する、
嚥下困難(えんげこんなん)や胸の痛みです。

抗がん剤に
よる化学療法を併用されている方は、
放射線食道炎のリスクが上昇すると言われています。

もう、
前から
私が言っているように、
なってきたというのが実感ですね。

皮膚まで転移した
ガンを必死に除去するために、
抗がん剤と、

放射線治療で、
対処療法を行っているものの、

抗がん剤と、
放射線治療の副作用で、

どんどん、
体全体に変調をきたすようになってきた。

しかも、
1月中旬には、
小林麻央さん自身、

ヨーグルト一口、
バナナ一本食べることすら、
困難なほど、

食欲不振に襲われました。

そして、
現在は
11キロもやせて、
人生で1番痩せた状態ということですね。

これだけ痩せてしまうと、
どんどん全身の筋肉がなくなり、

咀嚼能力が失われて、
ますます食欲不振に陥るという、
まさに悪循環って感じですね。

1月の
小林麻央さんの
退院は一時的なものにすぎないでしょうし、

退院ではなく、
帰宅、自宅静養ですよね。

冷静に伝えて欲しいです。

2月には、
また、がんが進行して、

体調が著しく悪くなって、
ガンの痛みに耐えられなくなって、

再入院することは、
間違いないでしょうし、

今の
小林麻央さんは、
一時的に調子が良いだけで、

ちょっとしたきっかけで、
急変して最期を迎えるのが
乳癌末期ステージ4の症状なのです。

いつ、
1月中旬のような
ヨーグルト一口、
バナナ一本が食べられないほど、

体調が
悪化するかわかりません。

1月の
小林麻央さんの
退院によって、

なんとか、
小林麻央さんの
余命1月は回避できたのは、
良かったですが、

小林麻央さんの
余命2月である可能性は高く、

Xデーは、
いつになっても全くおかしくない状態ですね。

小林麻央さんの
余命2月Xデーを判断する上で、

最も重要なのが、
再入院のタイミングです。

いつも
頑固なまでに
入院を拒んでいる小林麻央さんが、

再入院するというのは、
非常にがんの病状が悪い時です。

みなさんも
ブログ KOKOROをご覧になる中で、
再入院するタイミングを絶対に見逃さないでくださいね。

再入院する時には、
小林麻央さんの余命2月Xデーが
非常に近いと考えて差し支えありません。

とりあえず、
小林麻央さんの
余命1月は退院によって回避できました。

しかし、
小林麻央さんの
余命2月Xデーから目が離せないような状況です。

なんとか、
小林麻央さんには、

終末期の
QOL向上のために、

市川海老蔵さんや
ご家族のために
退院期間中に満喫した人生を送ってほしいですね。

心から
応援しています!

以上、
「小林麻央 余命1月現在のXデーは退院で何とか回避!?皮膚転移アメンバー内容から2月には確実にアウト!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)