清水富美加 ツイッター 本人(本名)個人アカウントsengen777での意味深発言の深い闇とは?

001l
清水富美加 ツイッター 本人(本名)個人アカウントsengen777での意味深発言の深い闇とは?

これから
「清水富美加 ツイッター 本人(本名)個人アカウントsengen777での意味深発言の深い闇とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



幸福の科学への
「出家宣言」を
して世間を驚かせた
女優の清水富美加さん。

「毎日がギリギリ」など
と精神的に追い込まれていたという
メッセージを発表する一方、

所属事務所は
「本人の意向に沿う形だった」と反論し、
主張は平行線です。

そんな中、
清水富美加 ツイッター 本人
(本名)個人アカウントsengen777で
2月13日に意味深な発言をされていましたので、

その解説も
含め、

皆様に
シェアさせていただきたいと思います。

清水富美加 ツイッター 本人
(本名)個人アカウントsengen777での
意味深な発言は以下の通りです。

出家だけではなくて

誰か
ギリギリだと言った部分に隠された事

誰か
気付いてくれてますように

また
一つの事実がもう消されそう

という発言になります。

清水富美加 ツイッター 本人
(本名)個人アカウントsengen777での
意味深な発言の「ギリギリ」というところに、
清水富美加さんの真意がありそうですね。

「幸福の科学」が側が明かす「ギリギリ」の生活とは?

すでに、
「幸福の科学」側が
清水富美加さんの出家理由として、
心身ともに「ギリギリ」の生活をしていたと、

HPで発表されています。
清水富美加さんの
ギリギリの生活とは、
要約すると以下の通りです。

●「人肉を食べる人種の役柄」など、
良心や思想信条にそぐわない仕事が増えていた

●水着DVDの仕事については
自身が性的対象にされるのが耐えられず「したくない」と
事前に伝えていたにも関わらず無理矢理決められる

●深夜の撮影にもかかわらず、
所属事務所側から
送迎などのサポートは行われなかった時期がある。

●契約続行を求める事務所側の
強硬な姿勢に合わせようとして、

遂には心身に異常をきたし、
仕事を休まざるを得なくなってしまった。


スポンサードリンク



私は、
結構、女優さんに
関する記事を書いているのですが、

清水富美加さんが仰る
女優としてのギリギリに近い
声を聞いたことがあります。

女優の
綾瀬はるかさんが、
雑誌のインタビューで語っていたことですが、

正直、20代のころは、
この仕事(女優)が好きだとは思えなかったんです。

演じるって、
違う人になること、

普段は着ない服を着て、
話さない言葉を話すことだから、

ストレスも強くて、
楽しさよりも辛さが勝ると。

私が
きっと向いていないし、
いつ辞めようかと本気で思っていました。

引用元:ジンジャー2017年2月号

テレビや
映画で華々しく映る
女優という仕事ですが、

綾瀬はるかさんが
仰るように

撮影現場において、
普段の自分とは
全く別人格の自分を演じるということに対して、

女優さんたちは、
相当のストレスを感じながら、
仕事をこなしているようですね。

ましてや、
清水富美加さんのように、
自分の良心や思想信条にそぐわない
えぐい仕事をしなければならないとなると、

そのストレスたるや
尋常ではないでしょう。

そして、
綾瀬はるかさんが、
雑誌のインタビューで
こうも語っています。

「八重の桜」を
やらせていただいて、

初めて
この仕事が楽しいと思えた。

監督も美術さんもメイクさんも
役者もみんなが平等に意見を出し合える場だったんです。

みんなで、
モノ作りする喜びとは、
こういうことなんだなと

それまでは、
監督の求めに応えるのが、
自分の仕事だと思っていたけど

引用元:ジンジャー2017年2月号

というように、
仰っています。

こういう
インタビューからも、
ドラマや映画の撮影現場の実態が
明らかになってきますね。

つまり、
普通の
ドラマや映画の撮影現場では、
監督さんが一番発言力がある立場で、

役者というのは、
監督さんの指示通りに
役柄を演じなければならないという
裏返しのような綾瀬はるかさんのインタビューですね。

清水富美加さんのように、
自分の良心や思想信条にそぐわない
えぐい役柄でも、

監督さんの
指示内容が絶対であり、

逆らうことが
絶対にできなかったような
殺意現場の実態が
浮き彫りになってきました。

水着DVDの仕事を
嫌がっていることに関して、

他のアイドルも水着の
写真撮影で際どいポーズを要求され
「自分はしたくないな」と思っている方も
多いようですね。

そのため、
現場で頑固に抵抗したこともあったが、

『足をもう少しこっちにするとキレイに見えるよ』

といった誘導をされ、

完成した写真を見たら
「めっちゃくちゃやばい」
仕上がりだったこともあったみたいですね。

なぜ、そうした
水着写真の仕事を断れなかったのかといえば、

事務所の圧力もそうでしたし、

『水着出さないと仕事もらえないよ、今後』

といったことを
(事務所が)言ってくる」ため、

やむなく
水着になっていたことも
多かったようですね。

事務所の圧力や
水着出さないと
仕事もらえないよ(干される)という表現からも

清水富美加さんも
水着DVDの仕事については
自身が性的対象にされるのが
耐えられず「したくない」と

事前に
伝えていたにも関わらず

無理矢理決められた背景には、

上記のような
水着での撮影現場では、

事務所からの圧力や
カメラマンや撮影監督からも
セクハラがあったのではないかと
容易に想像できますね。

ただ、
芸能界で活躍しているタレントの中にも、
以前はグラビア活動を展開していた人物は
決して少なくありません。

例えば仲間由紀恵さん、深田恭子さん、
加藤あいさん、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、
新垣結衣さん、有村架純さんなど
は出演作品に恵まれたこともあり、

その後女優として
大成したということで、

水着グラビアで
メディアでの露出を増やして、

アイドルや
女優として活躍していくというのが、
芸能界での主流路線であることを考えれば、

水着DVDの仕事が
あったから、

現在の
清水富美加さんの芸能界での
ポジションがあったとも言えるでしょう。

清水富美加さんが
芸能界に入る前までも、
この路線は主流路線であったことからも、

水着DVDの仕事だけを
断るということには行かなかったような感じがします。

以上が
清水富美加 ツイッター 本人
(本名)個人アカウントsengen777での
意味深な発言の「ギリギリ」の生活ということですね。

幸福の科学側も
問題の背景にあるのは
タレント業界の暗黒とも言える
「奴隷的な契約形態」であると主張しているように、

どうしても、
若手アイドルや若手女優が
性的な対象となる仕事を引き受けなかったり、

自らの
信条とは全く合わないような
役柄を演じなければならないシーンもあるということですね。

清水富美加 ツイッター 本人
(本名)個人アカウントsengen777では、
今後も意味深な発言が出てくると思われますので、

その都度、
ブログにその情報を書いていきたいと思いますね。
以上、
「清水富美加 ツイッター 本人(本名)個人アカウントsengen777での意味深発言の深い闇とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)