前田敦子 エラ 削った!本人も認めざるを得ないほど小顔になるにはどうすればよいの?

wst1604110004-p1
前田敦子 エラ 削った!本人も認めざるを得ないほど小顔になるにはどうすればよいの?

これから
「前田敦子 エラ 削った!本人も認めざるを得ないほど小顔になるにはどうすればよいの?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



ネット上には、
「前田敦子がエラを削った!?」という
噂が絶えません。

まず前田敦子さんが
エラを削ったということなんですが、

比較したものがこちら!!

20170223(1)2345

引用元:http://universalbrothers.net/archives/621

こ、
これは・・・!

もう、
全く別人って、
感じですよね。

これは
明らかにエラを削っているんですが、

前田敦子さんは、
エラ削りに加えて、

ほっぺたのあたりを
脂肪吸引している可能性が高いですよね。

前田敦子さんも、
これだけ別人になるくらい、

頬のあたりが、
削られているということで、

エラ削りの事実を
認めざるを得ませんし、

美容整形なんて、
していないといっても、
誰も信用しませんよね。

エラが年をとるにつれて
自然消滅するなんていう
話は聞いたことがないですし、

前田敦子さんの場合
けっこうな張り具合でしたからね。

前田敦子さんの
学生時代の卒業アルバムなんかを見てみると、

今とは、
全く別人という感じで、

エラ削りのほかに、
日常的にボトックス注射を行っている可能性も
高いでしょう。

手術前顔は
まるでアンパンマン状態ですよね。

ネット上では、
学生時代の卒業アルバムをみて、

「ちょっと・・・」

いう人もいますからね。

前田敦子さん自身の
容姿には相当なコンプレックスを抱いていた可能性が高く、

醜形恐怖症や
整形依存症になっている可能性も高いですね。

回数を重ねるということ
はその分お金も余分にかかるというわけですが、

まあ、前田敦子さんは
お金はたんまり持っているでしょうし、

金銭面でのリスクというのは
心配ないでしょう。


スポンサードリンク



エラ骨削りの特徴

前田敦子さんの
エラ削り前と後の
ビフォーアフターの画像に
びっくりされた方も多いでしょう。

エラが張った顔は、
それだけで頑固で我の強いイメージになり、

さらには
顔が大きいという印象を与えがち。

このエラさえなければと、
思い悩んでいる人も多いものです。

『エラ削り』は、
その名の通りエラの骨を削るもの。

フェイスラインの変化は
横顔を見れば一目瞭然で、

すっきりとした
やさしい顔立ちに生まれ変わります。

手術は、
奥歯の歯茎の下を切開して
、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。

口の中からの手術なので、
傷跡も気になりません。

術後は角張ったエラが消え、
一気に小顔になった喜びが実感できるはずです。

第一印象として
勝手に受けるイメージとしては、

笑っていないと、
歯を食いしばって見えるので、

気が強そうな人だと
思うそうです。

また意志の強い人と
いう印象を受けます。

物事に対して
きちんと対処してくれそうだと思います。

繊細な心遣いが
出来ていそうなイメージです。

特に田丸さんとか荒川さんは、
大人の女性で、しっかりした印象が強いです。

男性だと、
理想の女性の条件に敢えて
『小顔』という人も多く、

やっぱり小顔だと
それだけで可愛さは増すと思います。

人は小さい物に
『可愛い』という感情が芽生えやすく、

やはり女性は女性というだけで
『可愛い』と形容される対象なので、

必然的に
小顔だと可愛さが増すのだと思います。

小顔は
女性をより女性らしく感じさせるので
みなさん『小顔』に魅力を感じ、憧れるんでしょうね。

肝心の
エラ削りの美容整形を行うとなると、

私が
美容整形界で、
最も信用できると感じる

高須クリニックでは、
以下のようになっています。

施術時間 約2時間

入院の必要 全身麻酔で行うため、約3日間の入院が必要

術後の腫れ 約2~4週間は強い腫れあり。

術中の痛み 全身麻酔で行うので術中の痛みはない。

術後の痛み 約2~4週間は痛みあり。

効果の持続 永久に持続する。

料金 ¥1,200,000~1,800,000

エラ削り、
頬骨削りなどの輪郭形成手術は、
全身麻酔下に行う大掛かりな手術であり、
様々なリスク、副作用、合併症があります。

主なリスクは、

1.術後の腫れ、痛み

2.術後の痺れ、知覚麻痺

3.気道閉塞による窒息

です。

1に関しては、アゴ削り、エラ削り、
頬骨削りは顔面の骨を大きく削る手術であるため、
術後の腫れや痛みは強くでてしまいます。

おたふく風邪ほどの
強い腫れは1~2ヶ月程度続き、
完全に腫れが引くのには6ヶ月間かかります。

また、輪郭の骨を
削った後は非常に強い痛みを伴います。

術後3ヶ月程度は食事したり
しゃべったりするだけでも強い痛みがあります。

2に関しては、
輪郭形成手術をする場合、

どうしても削る骨の近くを
走る神経を傷つけることがあるので、
術後に痺れや知覚麻痺を残す可能性があります。

アゴ削り、
エラ削りの場合はオトガイ神経、
頬骨削りの場合は眼窩下神経という
知覚神経を傷つける可能性があります。

術後はほぼ100%の人は
痺れや麻痺が生じますが
、半数程度の人は6ヶ月程でほぼ回復します。

残りの半数の人は程度の差はあれ、
痺れや麻痺が永久に残ってしまいます。

3に関しては、特にアゴ削り、
エラ削りは術後に気道周囲の腫れが強く出るため、
気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。

その場合、
手術当日に起こることがほとんどなので、
術後1~2日間は必ず医師が常駐している施設に入院する必要があります。

医師が常駐している施設に入院していれば、
万が一
術後に窒息しても、

緊急で医師が気管内挿管などを行い、
事故を防ぐことができます。

このように、
アゴ削り、エラ削り、頬骨削り
などの輪郭形成手術には様々なリスク、
副作用、合併症があるため、

小顔希望の患者様は、
まず、エラボトックス・ボツリヌストキシン、

イタリアンメソシェイプ、
ウルセラなどの比較的リスクの低い治療を行い、

それでも満足できない場合にリスクを
覚悟の上で輪郭形成手術に踏み切るのがよいです。

輪郭形成での失敗は多い!

オトガイ神経の付近を操作しますので、
エラ削りは、頭蓋顎外科・形成外科の
技術力が求められる治療です。

またエラ削りは・・エラ骨・外板・咬筋など、
複合的な処置を施せる事が大切ですが、

外板切除も海綿体までを
露出させてしまうと強度が弱くなりますので、
HP等に記載がある外板切除という言葉には要注意です。

エラ削りを失敗してしまう方の特徴としては、

・正面、または横から見た際に、変化が出なかった。

・表情筋を壊されてしまい、神経麻痺が認められた。

・ダウンタイムが長くなり社会復帰出来なかった。

などなど

こういったケースは考えられます。

エラ骨は下顎骨と言われますが、
表面の硬い骨(皮質骨)と内部の
軟らかい骨(海綿骨)から構成されています。

ここにおいて、海綿体まで
全て削ってしまうようなドクターを
選んでしまうと失敗の確率は高くなります。

”なんちゃって輪郭専門医”には
十分注意してください。

私も、
芸能人の整形に関する
ブログ記事を書くに際して、

美容整形の
サイトや動画をよく見るのですが、

高須クリニックの
高須幹弥先生は
最も信頼できる先生だと思います。

非常に
知的で、誠実な感じがして、

妙に、
期待を抱かせるようなこともしませんし、

できないことは、
はっきりできないと言います。

もし、
気になる方は、
高須幹弥先生の以下の動画を
ご覧になって見てはいかがでしょうか?


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WxSmgBqRU0s

高須幹弥先生の
誠実な人柄が伝わってくると思います。

以上、
「前田敦子 エラ 削った!本人も認めざるを得ないほど小顔になるにはどうすればよいの?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)