小林麻央 ブログ kokoro 最新2月痩せたのは病状の悪化から? 余命2月最新は危ないのか?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ kokoro 最新2月痩せたのは病状の悪化から? 余命2月最新は危ないのか?

これから
「小林麻央 ブログ kokoro 最新2月痩せたのは病状の悪化から? 余命2月最新は危ないのか?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが
2月18日に、

六本木歌舞伎第二弾
座頭市を観賞して以来、

小林麻央さんに対する
厳しい意見が相次いだために、

小林麻央さんは、
この一週間、ブログ kokoroで、

殆どが
子供ネタや

その場その場の
感情論といった

本当に
どうでも
よいような記事内容でした。

おそらく、
自分の病状について書いたりしたら、

また、
バッシングを受けたり、

週刊誌に、
変な記事を書かれたりすることを恐れて、

当たり障りのない
記事ばかり書いているのでしょう。

今の麻央さんにとって、
自己保身>>>>>ブログ kokoroの読者

という感じではないでしょうか?

そんなんで、
ブログ kokoroの存在意義ってあるの?
って感じですよね。

ただ、
小林麻央さんの
ブログ kokoroを読まれている方の意見として多いのが、

最近まで
食べる事が辛いと言っていた人が、
こんなに劇的に良くなるのでしょうか?

もし今まで
ブログに書かれていた病状が嘘でないなら、

訳のわからない
自撮りとかはいらないので、
どんな治療をされているのか詳細に教えて頂きたいです。

という意見です。

このような要望に応えるべく
私は2月のブログ kokoroを徹底的に分析して、

小林麻央さんの
病状2月を公開したいと思います。

結論から申し上げると、

小林麻央さんの
乳癌末期ステージ4は、
全く治っていません。

若干、
食欲は戻ったものの、

依然として、
やせ細った状態が続いており、

日常生活にも
著しく支障をきたしているところでしょう。

そして、
現在も通院しながら、
抗がん剤治療や放射線治療を行っています。

そして、
いつ急変して、
最期を迎えるかもわからないような状況。


スポンサードリンク



の可能性が極めて高いです。

よく、
ネット上に、

小林麻央さんが
食欲が非常に戻って、
元気そうだから、

ガンが完治したのではないかと
いう意見がありますが、

小林麻央さん自身、
自分に都合の良い部分だけを
ブログ kokoroにアップするという
詐欺的な演出をする習慣があるので、

食欲が非常に戻ったというのも、
あまり信用しない方が良いですね。

ということで、
詳細に解説していこうと思います。

まず、
2月8日
ブログ kokoroで、

病院帰りに、水分補給休憩。

キノコジュースは
帰ってからの、、、
抗酸化作用免疫アップ!
とありました。

「病院帰り」にという言葉から、

小林麻央さんは、
現在、入院生活ではないものの、

自宅から
病院に通院中ということですね。

で、
病院から帰ってきた後に、
「キノコジュース」を飲まれているということですね。

「キノコジュース」には、
抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは簡単に説明すると
「身体が錆びつくのを防ぐ効果」ということになり、
当然ガン予防にも一定の効果があると考えられてきました。

ビタミンCなど、
特定の「抗酸化」物質は、
ガン細胞と正常細胞との違いを利用することができ、

正常細胞を助けながら、
ガン細胞を殺す。

こうした物質には、
その環境に応じて、

抗酸化物質として、
もしくは酸化促進物質として、
作用する能力があるということですね。

これらは、
腫瘍内では酸化促進物質として作用し、

ガンを攻撃する
過酸化水素を生成する一方、

正常細胞では
保護的な抗酸化物質として作用するということで、

まず、
「キノコジュース」というキーワードから、

小林麻央さんの
体内には、
がん細胞があり、

ガンを攻撃するような栄
養を求めていたというのは、
確実でしょう。

正常細胞では
保護的な抗酸化物質として作用するということで、

小林麻央さん自身、
相当、自分の体内にある
進行するがん細胞を意識されて、

食事や
栄養と取っていることは間違いないようですね。

次に、
ブログ kokoroで、
2月10日に

ここ数日、体温調節がうまくできず
冷や汗をかいたり、寒気で震えたり、
あたたかい部屋でひとり
右往左往していました。

1日のうちでも、
1時間前とは、、2時間後には、、と、
別人のように体調が変わります。

ということですが、

末期がんの
一つの病状として、
「体温調節機能の低下」が挙げられます。

末期がんの
患者の中には、

真夏の暑い時期でも
体温調節ができずに、

「暑い」と
訴えるときにはうちわで

ひたすら扇ぎ、
冷やしたタオルを頭や手、
足に乗せて体温を下げて、

しばらく経つと、
今度は「寒い、寒い」と悪寒を
訴え始める患者さんもいるくらい、

体温調節が
できなくなってしまいます。

小林麻央さんも
まさに末期がんの特徴的な症状である

体温調節が
できないような症状に襲われていますね。

2月12日に
ブログ kokoroで、

巣みつ (みつばち工房 花の道)
巣ごといただく蜂蜜は
初めてです。

スプーンを入れたら、とろっ〜と
蜜が溢れてきました。

プロポリスが含まれているので
栄養たっぷりです。

ということで、
2月12日に

「はちみつ」という
キーワードと「プロポリス」という

キーワードがありました。

「はちみつ」の中に入っている
「プロポリス」という栄養には、
抗癌作用があります。

現在、
癌の治療法と言えば

『手術療法』、『化学療法』、
『放射線療法』などが挙げられますが、

手術療法では
未だ癌細胞を完全に除去する域には至らずに、

抗癌剤の投与や
放射線照射による治療では
癌細胞を死滅させることはできても、

それと同時に
周囲の正常な細胞をも同時に
ダメージを与えてしまうという

強烈な副作用が
発生してしまっているのが現状だが、
副作用を発生させず、

完全に
癌を除去する
新しい治療法である『免疫療法』に
現在、強い関心が寄せられてます。

つまり、
「プロポリス」というキーワードから

現在、
小林麻央さんは、

抗癌剤の投与や
放射線照射による治療による
副作用を受けていると言えます。

2月14日に、
ブログ kokoroで、

主人には
いちごのチョコレートフォンデュを
したかったのですが、

今年は
チョコレートを溶かすことも
あきらめてしまいました。

上記は、
バレンタインデーにアップされた
記事内容ですが、

この文章から
今の小林麻央さんは、
自宅にいても、
チョコレートを溶かすというような
作業もできないようですね。

末期がんの症状で、
日常生活に著しく支障をきたしているような状況です。

ということは、
一日中、寝たきり状態ということかもしれません。

2月16日に、
ブログ kokoroで、

お腹も鳴ったりするようになり笑
食欲あり。

あたたかくなる季節に合わせて
身体が回復する期待を
ふくらませます。

2月16日に
アップされた記事ですが、

2月20日には、
ブログ kokoroで、

20170225(1)
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12249578112.html?frm_src=thumb_module

という
やせ細った
小林麻央さんの顔の表情からもわかるように

食欲が
毎日、旺盛というわけではなく、
小林麻央さんが
食欲のある日だけ、

ブログ kokoroに、
今日は食欲があります。
という風に書いているのでしょう。

毎日、
朝から餃子を食べるほど、

食欲があったら、
完全に肥満体質になっているはずですからね。

やせ細った
小林麻央さんの顔の表情から

私が
以前から主張している

小林麻央さんの
筋力状況もよくないと思いますね。

筋力というのは、
生命活動そのものに直結するくらい、

生きるうえで重要な要素なので、

やせ細って、
筋力が落ちていることから、

日常生活に
著しい支障をきたしていると言えます。

2月22日に、
ブログ kokoroで、

わっはっはー
と、笑いながら採血。

「採血」という
キーワードがありました。

通院しながら、
「採血」を通じて、
がん細胞の進行が起こっていないか、、

確認しているのでしょう。

がん細胞(腫瘍)は、
遺伝子情報が乱れる事で
体内の細胞が異常分裂をして起こります。

腫瘍マーカーは、
血液検査により、
体の中にがん細胞が
存在してないかどうかを検査します。

腫瘍マーカーは、

①腫瘍が悪性か良性かを診断する際に補助的に利用する

②がんの再発時に増加することがあるため、再発の発見に利用する、

③抗がん剤治療や放射線治療の効果を調べるために補助的に利用する…

というのが一般的です。

ということで、

そして、
現在も通院しながら、

「採血」を通じて、
がんの進行状況を確認して、

抗がん剤治療や
放射線治療を行っているようで、

全然、
体調が良くなっていないようですね。

時折、
2月20日のブログ kokoroでのように、

私は、
(幼稚園に)迎えにくるのが

当たり前の母親に戻りたい。。。

というように、
情緒不安定になるのも、

日常的に、
末期がんの症状に襲われて、
体調不良から来るようなものである可能性が非常に高いですね。

2月の
小林麻央さんの
ブログ kokoroを読む限り、

「キノコジュース」や
「はちみつのプロポリス」というのが
キーワードだったような感じがします。

小林麻央さんは、
慶應義塾大学病院の個室で
入院するほど、

優雅な
闘病生活を送っていたし、

今も
自宅から
優雅な通院生活を送っています。

現在の
主治医からのアドバイスということは、

キノコジュースや
はちみつのプロポリスが

ガンで闘病中の人に
非常に有効な栄養素である可能性が、
非常に高いです。

とくに、
小林麻央さんの摂取している

巣みつ (みつばち工房 花の道)というのが
ガンの闘病には非常に有効である可能性が高いです。

非常に高価な食品ですが、
ブログ kokoroのがん闘病中の読者で、
まだ、試していない人はぜひ、試してほしいですね。

小林麻央 余命2月最新は危ないのか?

小林麻央さんの
病状2月は以下の通り。

小林麻央さんの
乳癌末期ステージ4は、
全く治っていません。

若干、
食欲は戻ったものの、

依然として、
やせ細った状態が続いており、

日常生活にも
著しく支障をきたしているところでしょう。

そして、
現在も通院しながら、
抗がん剤治療や放射線治療を行っています。

である可能性が
非常に高いです。

で、
気になる

小林麻央 余命 2月最新は
危ないのかということになってきます。
結論から申し上げて、

今の
小林麻央さんの
病状は乳癌末期ステージ4ということから

いつ、
病状が急変して、

小林麻央さんが
最期を迎えるかわからないような状態です。

だからこそ、
2月18日に
いつ余命を迎えてもよいように、

六本木歌舞伎第二弾 座頭市を観賞したり、
2月20日に、

市川海老蔵さんや家族と、
外食に行って、

家族との
思い出作りに必死だったのかも知れません。

末期がんの
最後の迎え方って、

いつもは、
日常生活を送りながらも

最後の迎える
3日前くらいから
病状が急変するって

いうケースが
驚くほど多いんですね。

ということで、
小林麻央さんの余命を考えるにあたって、

いつ、
ブログ kokoroで、
小林麻央さんの体調が悪くなっていないか、

いつ、
小林麻央さんが再入院するかということに
細心の注意を払うべきですね。

特に、
小林麻央さん自身、
入院することに対して、

異常なまでに
拒否反応を示します。

なので、
その小林麻央さんが
再入院するということは、

非常に
ガンの病状が悪いということで、

私としては、
小林麻央さんの
「再入院=余命が危ない」
ということだと認識しています。

現に、
昨年の12月の再入院してから
非常に体調が悪く、

バナナ一本、
ヨーグルト一口食べることさえ、
困難な状態に陥りました。

みなさんも
小林麻央さんの
2月以降のブログ kokoroを見る上で、

小林麻央さんの
再入院するタイミングを絶対に逃さないでくださいね。

以上、
「小林麻央 ブログ kokoro 最新2月痩せたのは病状の悪化から? 余命2月最新は危ないのか?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)