前田敦子の就活家族 演技も声もひどい!?上手くなった評判って本当なの?

wst1604110004-p1
前田敦子の就活家族 演技も声もひどい!?上手くなった評判って本当なの?

これから
「前田敦子の就活家族 演技も声もひどい!?上手くなった評判って本当なの?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



30才のアパレル会社役員との
週末連泊デートをキャッチされた前田敦子さん、

しかし、
前田敦子さんが、
現在、出演中のドラマ『就活家族』では、

「栞の役柄について、
『世間知らずすぎてイライラする!』という指摘もありますが、

何より
前田敦子さん自身の演技に関する批判が噴出しています。

ネット上では、

●『いつまでたっても演技がヘタすぎる』

●『お芝居がわざとらしくて冷めてしまう』

●『元AKBの女優はいらない』

●『キンキンした声が耳障り。見ていられない』

など、
酷評が飛び交っている状況です。

素人目から
見ても丸分かりな大根演技で、

女優ぶってるようですが
見ていられない視聴者の方も
たくさんいらっしゃるようですね。

耳障りな声質なので
見ている視聴者は不快になり、

チャンネルを
変えてしまう方も多いようですね。

ところが
事務所が強くておだててプッシュして、
ドラマに出演させてもらっているのでしょう。

AKBから卒業して、
もうすぐ5年になる前田敦子さんだが、
まだ“元AKB”の呪縛から逃れられていないという

ネットの前田敦子さんの
演技に対する酷評もたくさんありますが、

しかし、
前田敦子さんの演技が、
数年前から格段に上達しているという評価もあります。

●前田敦子って演技上手くなってますよね?

●棒読み感もないし、
自然体で楽しそうで、凄く好感持てました。

●前田あっちゃんは
「成長」を実感できる人ですね。

●演技力も上がりましたが、
何よりも非常に美しくなりました。

●上達してますね


スポンサードリンク



さよなら歌舞伎町やど根性カエルあたりから
芝居が良くなっている評価も多く、

何より、
心から映画やドラマやお芝居が好きな方なんで

やらされてる感がなく、
ここ最近はようやく少し余裕も出てきて

演じることが楽しめるようになり、
これからどんどん伸びるという意見もあるようですね。

AKB在籍時に
あっちゃんを猛プッシュしてた人は、
「自分の目に狂いは無かった!!」と思っていることでしょう。

果たして、
前田敦子さんの
役者としての演技力はどれほどなのでしょうか?

演技は
凄く良くなったと思います。

顔もスタイルもそこそこだけど
声質が酷いのが女優としてはマイナス点ですね。

ただ、
本職の役者を
演技力を100とした場合

前田敦子の演技力は12~13程度

それが14・15程度に
上達したくらいですね

私が考察するに、

前田敦子さんの
演技力は確かにド根性ガエルの時のような

露骨な
棒読み感はなくなったものの、

感情表現が、
非常に乏しく役者として
の実力に乏しい感じがしますね。

まぁ、
就活家族のキャスト自体、

三浦友和さん、
黒木瞳さん、工藤阿須加さん、
木村多江さんなどの実力派俳優ばかりなので、

その
キャストに囲まれたら、
どうしても見劣り感が否めませんよね。、

就活家族では、
例えば、4話目のパワハラ上司に対して、

切れてシーンだったり、
パワハラ上司に対して、
辞表を叩きつけるシーンだっり、

本当にパワハラ上司に対して、
激怒しているような感情が伝わってこない印象があります。

まぁ、
役柄に入りこめていない印象ですね。

そのほかにも、
6話目以降でのデザイナーとして、
就職活動を始めるシーンにしても、

本当に
好きなことをして、
稼いでいきたいという必死さが
全く伝わってこなかったですね。

前田敦子さんの
あの低く響くようなキンキンした声が

視聴者を
異様に不快にさせている面もあります。

声って
生まれ持ったもので仕方ないけど、
かなり俳優の評価を左右しますよね。

正直、
あのギャル系の
キンキンした声だけで、

生理的な
嫌悪感を抱いてしまって、
『就活家族』を見なくなった方も
たくさんいらっしゃいます。

そして、
何よりも

これから
20台後半から、

30代にかけて、
ギャル系の役柄の
仕事はどんどん減っていくでしょう。

だから声の悪い人は
最初から向いてないと
思って俳優の道を諦めるのも一つの選択肢ですね。

何よりも
前田敦子さんには、
女性としての色気が全くありませんし、

キャリアウーマンという
キャラでもありません。

つまり、
ドラマや映画で、

恋愛ものや
不倫系、キャリア系の
役柄を演じることができなくて、

著しく
役柄に制限が生じてしまいます。

これでは、
20代後半以降の
ドラマや映画での活躍は、
非常に難しいでしょうね。

前田敦子さんが
今できる役柄といえば、

ギャル系の
ちょっと世間知らずなお嬢さんという役柄だけなので、

それ以上の
役柄はこなせるような器ではありません。

正直、
元AKBという肩書がなかったら、

今も
ドラマや映画の出演なんて、
全くなかったと思うくらいの演技になっていますね。

正直、
今の『就活家族』の
酷いキンキンした声や演技力を見る限り、

どんどん、
役者としての仕事量は減っていくでしょうね。

前田敦子さんの
今の演技では

正直、
芸能界で生き残っていくのは、
非常に難しい状況なので、

今以上に
必死に努力してほしいですね。

以上、
「前田敦子の就活家族 演技も声もひどい!?上手くなった評判って本当なの?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)