小林麻央 現在の病状最新2017年3月は?現在余命は危ないの?3月最新余命情報

2016061300249_1
小林麻央 現在の病状最新2017年3月は?現在余命は危ないの?3月最新余命情報 

これから
「小林麻央 現在の病状最新2017年3月は?現在余命は危ないの?3月最新余命情報 」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



今日は、
3月11日です。

あの
忘れもしない震災から
6年ということで、

あの日を
思い出している方も
多いのではないでしょうか?

この
1年を振り返っても、

熊本や
鳥取で大規模な地震が
起こったことから、

いつ、
東京や大阪といった都市圏でも、
大地震に襲われるかわかりません。

常に、
地震に備える体
制を作っておきたいものですね。

さて、
3月に入って、

小林麻央さんが
相変わらず、

何の中身のないような
ブログ kokoroの発信をされているということで、

うんざりされている方も、
多いのではないでしょうか?

小林麻央さん自身、
ネットで叩かれたり、

週刊誌に変な記事を
書かれないように、

コアな部分は、
全て隠し通しながら、

なんとか、
ブログ kokoroで
ブログ読者から、

温かい
励ましの言葉をもらおうとしているのが、
丸わかりですね。

ただ、
前もこのブログで書きましたが、

小林麻央さんという
人物は非常にわかりやすい性格なために、

ブログ kokoroを
細かく読んでいくと、

3月に入ってからの
小林麻央さんの病状が
かなり細かくわかってきます。

ということで、
「小林麻央 現在の病状最新2017年3月」について、
書いていきます。

結論から
申し上げますと、
小林麻央さんの
2017年3月に入ってからの病状は

非常に病状が悪化している
可能性が極めて高く、

2017年3月以降、
いつ余命を迎えてもおかしくないような状況
ということです。


スポンサードリンク



昨日の
3月10日の
ブログ kokoroの何気ない顔画像からも

20170311(1)-tile234567(1)
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12255006263.html?frm_src=thumb_module

2月22日の
顔画像と比べて、

明らかに
顔の頬がこけて、
やせ細っていることがうかがえます。

おそらく、
小林麻央さん自身、

その部分を
全部見せてしまうと、

ネットで騒がれたり、
週刊誌に変な記事を書かれたりする可能性が高いので、

口の部分を
グラスで覆うような細工を施したのでしょう。

3月に入ってからの
顔画像もマスクをして、

顔全体が
写らないようにしている細工が
丸わかりですね。

顔の頬がこけて、
やせ細っているということは、

当然のことながら、
食欲がないということでしょう。

2月は、
小林麻央さんの体調が回復して、

朝から
餃子を食べるなどの
食欲旺盛な感じを十分にアピールされていた
小林麻央さんですが、

3月になって、
そのような
食欲旺盛な発信というのは、
一度もありません。

この代わりに、
参鶏湯やバナナジュースなどの
非常に体調に気を遣った食事が
目立つことがわかります。

前から
私がこのブログで
主張してるように
小林麻央さんという人物は、

普段、体調の良い時には、
決して体調を気遣うような人物ではありません。

体調の良い日には、
朝から餃子を食べたり、

非常に寒いにもかかわらずに、
歌舞伎を見に行ったりと、

無茶な行動が
非常に目立つ人物です。

その
小林麻央さんが
参鶏湯やバナナジュースなどの
非常に体調に気を遣った
食事をしているということは、

非常に
体調が悪いのではないかということが
容易に想像できます。

そして、
昨日3月10日の
ブログ kokoroの以下の文章をよくご覧ください。

バナナジュースが飲みたくなり、
豆乳と少し蜂蜜を入れて、
ほんのり甘く、
生きかえりスイッチが入ります。

この
何気ない文章からも
小林麻央さんが非常に体調が悪化していることが
伺えます。

まず、
バナナジュースを飲んだということですが、

バナナは
白血球の働きを高めて
がん細胞を攻撃してくれる作用があることを
ご存じだったでしょうか?

抗がん剤のように
がん細胞を攻撃する活性物質が、
バナナには含まれていることということです。

この
「バナナジュース」という
キーワードからも

3月10日の
ブログ kokoroの
小林麻央さんの

これ以上、
体内のがん細胞が
絶対に増えてほしくないという
悲痛ともいえる叫びが聞こえてきますよね。

そして、

生きかえりスイッチが入ります。

という言葉からも
バナナジュースを飲む前や
ブログ kokoroの記事を書く前は、

小林麻央さんの
病状は死に直面するほど
悪かったのではないかということが、
伺えます。

このように
3月10日にブログ kokoroで発信から
非常に小林麻央さんの病状が悪化していることが
伺えるのですが、

どのように
小林麻央さんの病状が悪くなっていったのでしょうか?

時系列で、
振り返ってみたいと思います。

まず、
2月27日にブログ kokoroには、

先ほど、10分ほど主人と
来月のお昼の食材を見に
デパートへ。

美味しそうなものがいっぱいで、
しかし!今日は検査があるので
まだ食べられない。。。

というように、
かなり食欲がありそうな
素振りを見せました。

私自身も
この時点までは、
小林麻央さんの
体調は良かったかなと感じております。

ところが、
3月1日になって、
ブログ kokoroで、

今日は、午前中、
幼稚園のお誕生会でした。

帰ってきて、参鶏湯。
あたたまります。

というようなころから
雲行きが怪しくなってきた印象があります。

普段は、
決して体調に気を遣うような
小林麻央さんが、

決して、
寒すぎることがない日の
昼間から「参鶏湯」という

温かく、
栄養たっぷりの食事をされていたからですね。

おそらく、
自身の体調が悪くなってきたから、
どんどんと体調に良い食事に

していったということでしょう。
そして、
3月2日に
ブログ kokoroで、

治療の選択というのは

いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

というように
体調の良かった2月では考えられなかったような
ネガティブな発信をされているということがわかります。

もちろん、
小林麻央さん自身、
乳癌末期ステージ4ということで、

どんどん、
治療の選択肢はなくなっていくのですが、

そんなことは、
前からわかっていた話で、

そんなネガティブな
感情がどんどん湧き上がってくるほど、

3月になって、
体調が悪化しているのかな?
というように感じてしまいますよね。

そして、
3月3日になって、
ブログ kokoroで、

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

深夜に
猛烈な痛みが
小林麻央さんに襲ってきたことが伺えます。

放射線治療で、
痛みが緩和したにも関わらずに、

違う場所が痛みだすというのは、
完全にがんが全身転移しているということですね。

ということは、
がんの細胞分裂はどんどんと起こり、

小林麻央さんの
余命はどんどんと短くなることくらい、
簡単に想像できます。

3月7日に
ブログ kokoroで、

今日は、主治医の先生とのお話で、
母が一緒に病院へ来てくれました。

安心する反面
悲しい思いをさせたくないから
あまり一緒に来たくないという
複雑な娘心があります。

というような
発信がありました。

小林麻央さんの
お母様と一緒に、

病院に行ったということですが、

安心する反面
悲しい思いをさせたくない

というのは、
どういうことでしょうか?

つまり、
主治医から
小林麻央さんの病状について、
悪いことを言われて、

それで、
小林麻央さんの
お母様が悲しい思いを
するということしか考えられません。

つまり、
それほど、
小林麻央さんの
3月の病状は悪化しているのではないかということが、
容易に想像できます。

小林麻央さん 3月現在余命は危ないの?3月最新余命情報

というように
3月に入ってからの
小林麻央さんのブログ kokoroでの
記事内容を細かく見てみると、

非常に
体調が悪化していることが
伺えます。

とりわけ、
3月3日の

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

という部分は、
非常に深刻ですね。

小林麻央さんの
今の病状は
乳癌末期ステージ4ということですが、
放射線治療で痛みが緩和したあとに
他の部分が痛みだすというのは、

もはや、
万策尽きたという感じではないでしょうか?

というのは、
小林麻央さんは、
すでに手術ができないような病状になっていますし、

抗がん剤治療も
あまり効果がなかったようで、

最後の
頼みの綱であった放射線治療では、

結構、
うまくいっていたように
感じられたのですが、

その放射線治療でも、
放射線治療を行っても、

ガンが
全身に転移して、
他の部分が痛みだすといった結果です。

こういう
小林麻央さんの
余命がどんどん短くなっていることが
自分自身でもわかっているからこそ、

3月2日に
ブログ kokoroで、

治療の選択というのは

いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

というように
書いたのだと思いますし、

3月7日に
ブログ kokoroで、

今日は、主治医の先生とのお話で、
母が一緒に病院へ来てくれました。

安心する反面
悲しい思いをさせたくないから
あまり一緒に来たくないという
複雑な娘心があります。

というように
お母様にあまり主治医から
余命についての悲しい報告がされることに対しての
後ろめたい気分があったのでしょう。

3月10日の

20170311(1)-tile234567(1)

 
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12255006263.html?frm_src=thumb_module

2月22日の
顔画像と比べて、

明らかに
顔の頬がこけて、
やせ細っていることがうかがえます。

つまり、
小林麻央さん自身、
どんどん顔がやせ細っているのです。

やせ細っていくとは、
どんどん体の筋力がなくなっていくということです。

あなたに際限なく
腕や脚の筋力が落ちてゆく状態を
想像して見てください。

筋力が
低下すると歩いたり、

立ち上がるなどの
簡単なこともできなくなるのです。

走ったり、
物を持ったりする大きな動作から、

声を出したり、
唾を飲み込んだり、

まばたきのような些細な動作まで
筋肉がないと動かすことはできません。

呼吸のための筋力が落ちて、
十分空気を吸えなくなれば、

命に
関わることになります。

食べたり、
咳をしたり、
寝返りを打ったり、

普通に呼吸をしたり、
声を出したり
深呼吸をしたり、

本当に
普段は気にも留めないような
動作にも必ず筋肉は働いています。

最後の
一ヶ月の余命を語るとき
この筋力低下はとても重要な点になります。

以上のことから
小林麻央さんの3月のブログ kokoroでの発信から、

小林麻央さん自身も
どんどんと自身の余命が短くなっていることを
痛感されていますし、

そして、
最後の頼みの綱であった
放射線治療でも他の部位にがんの転移が進むことから、

正直、
万策尽きた感じがしますね。

放射線治療を続けることで、
副作用も気になりますし、

そして、
放射線治療を対処療法的に続けたとしても、
がんの進行は止められないということで、

小林麻央さんの
余命は正直3月にあっても
全くおかしくないような状況ですし、

末期がんで、
最期を迎える時なんて、
最期を迎える直前の
3日あたりで急変することが殆どです。

食欲低下で、
やせ細って、
筋力がどんどんなくなっていることからも

早ければ、
2017年の3月にも最期を迎えても
全くおかしくないような
小林麻央さんの病状になっていることは
確実です。

その
小林麻央さんの深刻な病状がわかっているからこそ、

3月に入って、
非常にネガティブな発信が
続いているのではないでしょうか?

これから
小林麻央さんの余命が
危なくなるのは間違いないと思いますが、

小林麻央さんが
再入院するタイミングというのは、
絶対にチェックしておいてくださいね。

小林麻央さんの
余命が少しでも長くなるように
皆さんで温かく見守っていきましょう!

以上、
「小林麻央 現在の病状最新2017年3月は?現在余命は危ないの?3月最新余命情報 」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)