小林麻央 余命はかなり短い!?最新現在の余命は3月末もありうる!?

2016061300249_1
小林麻央 余命はかなり短い!?最新現在の余命は3月末もありうる!?

これから
「小林麻央 余命はかなり短い!?最新現在の余命は3月末もありうる!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



昨日の
日曜日(3月12日)は、
全国的に温かく、

行楽日和に
なりましたよね。

皆さんも
家族や恋人と、
楽しい休日を過ごされた方も
多かったのではないでしょうか?

ただ、
春先は、
「三寒四温」という言葉があるように、

温かくなったと思ったら、
寒くなったりと、

寒暖の差が
非常に激しいので、
温かくなったと安心せずに、

体調管理に
気を付けていきたいものですね。

さて、
昨日の
温かかった日曜日(3月12日)に、

小林麻央さんも
楽しい日曜日を過ごされたみたいで、
ブログ kokoroを
更新されています。

太陽の光を浴びて、
エネルギーをお裾分け頂いていました。

ありがたいラブラブ
本当に気持ちいい晴れ

今日は
あたたかいので
色々めくって笑 広範囲の肌から吸収!

ということで、
小林麻央さんも
温かく楽しい日曜日を過ごされたみたいですね。

しかし、
小林麻央さんという人物は、
非常に単純というか、

体調の良い日は、
非常にハイテンションで、

ブログ kokoroの記事を書いて、

体調の悪い日は、
非常にローテンションで、
ブログ kokoroの記事を書くので、

自らの
その日の病状を明かさなくても、

すぐに
その体調や
病状がわかってしまいます。

小林麻央さん自身、
昨日は、体調が良かったみたいですが、

3月に入ってからの
ブログ kokoroの記事を読む限り、

楽観視できるようなことは、
全くなく、
むしろ、

「残り余命がどれだけあるのか??」

「早ければ3月中にも余命が迫ってきているのではないか??」


スポンサードリンク



というくらい、
絶望的な状況に追い込まれています。

今回は、
小林麻央さんの
余命が早ければ
3月中にもありうるということを、

小林麻央さんの
ブログ kokoroの3月の記事から解説していきますね。

まず、
3月2日の
ブログ kokoroで、

小林麻央さんは、
以下のように綴っています。

治療の選択というのは

いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

ブログ kokoroを
ずっとご覧の方であれば、
ご存知だと思いますが、

小林麻央さんは、
乳癌末期ステージ4であり、

ガンの
進行をなんとか避けるために、

これまで、
様々や治療を施してきました。

抗がん剤治療や
温熱治療、放射線治療をはじめとして、

ガンによいという
食品はほとんど試して、

ブログ kokoroに
アップしていました。

ただ、
その効果というのは、
残念ながら殆どなかったようですね。

3月3日に、
ブログ kokoroで、

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

ということで、
これまで効果があったと思われる
放射線治療を施したにも関わらず、
他の体の部位にがん細胞が転移して、

その
体の部位が痛みだすという事態に、
襲われたということですね。

これまで、
小林麻央さんは、
色々試した治療法の中で、

放射線治療は、
何回も繰り返し行っていました。

放射線治療は、
何回も繰り返し行っていたということは、

それなりの
効果があったのでしょう。

しかし、
効果があると思われた
放射線治療を施しても、

他の体の
部位にがんが転移して、

そこが
痛みだすという事態に、
なりました。

長期的に考えれば、
がん細胞に放射線をあてて、

そのがん細胞を
除去するという対処療法を繰り返したとしても、

他の
部位に転移しているのであれば、
一生、放射線治療を
施さなければいけないということになります。

そして、
放射線治療を行っているうちに、

正常な
細胞に対しての
放射線をあてるということで、

その弊害は、

必ず起こりますし、
当然、
その副作用が生じたり、

免疫力が低下して、
どんどん体力が
なくなっていくという事態が起こります。

このような
小林麻央さんの体調を実感しているからでしょうか?

3月7日
ブログ kokoroで、

今日は、
主治医の先生とのお話で、
母が一緒に病院へ来てくれました。

安心する反面
悲しい思いをさせたくないから
あまり一緒に来たくないという
複雑な娘心があります。

というように
非常にネガティブな感情に襲われていることがわかります。

小林麻央さんの
お母様に悲しい思いをさせたくないというのは、

当然のことながら、
小林麻央さんの主治医から
小林麻央さんの余命のことを聞かされたり、

小林麻央さんの
がんが他の部位に転移していたり、

小林麻央さんの
病状の悪化を主治医から
聞かされたりということでしょう。

それしか
考えられません。

健全な精神は健全な肉体に宿る

という言葉がありますが、

やはり、

不健全な精神は不健全な肉体に宿る

というのも
また事実でしょう。

私自身も
病気を患っていた時は、

常に
将来に対する猛烈な不安や

焦りの感情に
襲われていたことを思い出します。

小林麻央さんの
ブログ kokoroをご覧になられている方は、
感じているかもしれませんが、

小林麻央さんは、
体調の良い日は、
非常にハイテンションで、

体調の悪い日は、
非常にローテンションで、
ブログ kokoroの記事を書いています。

その意味で、
ブログ kokoroでの

2月の記事よりも圧倒的に、
ネガティブ発信が
多くなったなという風に感じてしまいますね。

2月には、
調子に乗って、
午前中から餃子を食べたり、

インフルエンザが
猛威を振るう非常に寒い中で、
歌舞伎に行く余裕がありましたからね。

刻々と、
進行する
小林麻央さんのガンの進行を
感じさせるのは、

小林麻央さんの
ブログ kokoroでの言葉だけではありません。

小林麻央さんの
顔画像を見ても、
20170311(1)-tile234567(1)
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12255006263.html

と、
2月22日の
ブログ kokoroの顔画像に比べても

頬がこけて、
非常にやせ細っているのが、
お分かりいただけるかと思います。

小林麻央さん自身、
3月に入って、
顔画像をアップする際に、

マスクを
着けているのが
目立つようになりました。

小林麻央さん自身
花粉症なのかもしれませんが、

花粉症以上に
自分の顔のやせ細ったところを
ブログにアップしたら、

ネットで騒がれたり、
週刊誌に
変な記事を書かれたりされたくないという風に、
感じているのでしょう。

食欲がなくなって、
やせ細るというのは、

非常に余命が短くなっていて、
生命に危険が生じている証拠でもあります。

なぜかというと、
やせ細るということは、
体の筋力がなくなって、

生命活動自体が、
できなくなる可能性が高いからです。

あなたに際限なく
腕や脚の筋力が落ちてゆく状態を
想像して見てください。

筋力が
低下すると歩いたり、

立ち上がるなどの
簡単なこともできなくなるのです。

走ったり、
物を持ったりする大きな動作から、
声を出したり、

唾を飲み込んだり、
まばたきのような些細な動作まで
筋肉がないと動かすことはできません。

呼吸のための
筋力が落ちて、
十分空気を吸えなくなれば、

命に
関わることになります。

食べたり、
咳をしたり、

寝返りを打ったり、
普通に呼吸をしたり、

声を出したり
深呼吸をしたり、

本当に
普段は気にも留めないような
動作にも必ず筋肉は働いています。

最後の
一ヶ月の余命を語るとき
この筋力低下はとても重要な点になります。

ということで、
このまま食欲がなくなり、

体が
やせ細る事態が続けば、

早ければ、
2017年の3月中にも
最期を迎える可能性があるということですね。

大げさに
言っているわけでは、
全くなく、

すでに、
小林麻央さんの
病状は乳癌末期ステージ4であり、

放射線治療を続けて、
免疫力が低下しているうえに、

がんが
他の体の部位に転移して、

他の体の部位に転移した
がん細胞から体が痛みだすという
事態になっているということです。

3月10日の
ブログ kokoroの記事にも、

湯舟につかるのは体力がいりますが、
今日は背中に痛みの予感が強かったので、
よし!と、あたたまることにしました。

実際、

背中に痛みの予感が強かった

というように
非常にがんの進行による

痛みに対して、
敏感になっていることが伺えます。

昨日の
3月12日の
小林麻央さんの体調は、
非常によかったみたいですが、

末期がんで、
余命を迎えるという際は、

余命
残り3日くらいで、
急変します。

がん闘病中は、
急変とは確かに隣り合わせの状態ですから、

いつ何時、昨日まであんなに
元気だったのにといった事態にはなりうります。

多くは、
ちょっとしたことがきっかけです。

風邪をひいたりして、
それがもとでの肺炎や、

誤嚥等が
きっかけで、

痰が増えての、
呼吸器系の合併症や、

転倒などによる痛みや、
小旅行での疲労など…
挙げればきりが無いくらいです。

もちろん、
癌そのものの痛みも加わりますし…。

癌の
転移の関係で、
総胆管が詰まって、

急に、
まっ黄黄に
なったりもします。

イレウスを
引き起こして、
嘔吐したり…

癌の部位や程度によって、
症状も様々です。

治療方針にもよります。

抗がん剤の化学療法や、
放射線療法によっても、
かなりのダメージは加わり、

その癌に
効くか効かないか
わからない状態においても、

容赦なく、副反応は起こり、
体力をむしばみます。

貧血と、
慢性的な、低蛋白血症で、
免疫力も低下し、
易感染の状態にありますから、
熱発もしやすいかと思います。

小林麻央さんお場合
すでに抗がん剤や放射線治療を
かなり施して、

ガンの
進行を何とか
食い止めようと必死でした。

当然、
その抗がん剤や放射線治療を
かなり施した結果、

副作用として、
かなり免疫力が
下がっているのも事実でしょう。

最後の
頼みの綱であった

放射線治療を施しても、
ガンがほかの部位に転移するという

絶望感や
脱力感も大きいでしょう。

3月末までに
急変し手余命最期を迎えても、
全くおかしくない事態ですし、

長期的に考えれば、
間違いなくがんの進行は進み、

確実に
余命を迎えるまでの事態になっています。

なので、
正直言って、
今の小林麻央さんは、
自宅でのホスピス治療と断言しても
間違いないでしょう。

残された
短い余命をブログ kokoroの読者や
市川海老蔵さんをはじめとする家族のために、

頑張って、
過ごしてほしいですよね。

これ以上、
小林麻央さんのがんの進行が進み、

余命が
これ以上短くならないことを
心からお祈りいたします。

以上、
「小林麻央 余命はかなり短い!?最新現在の余命は3月末もありうる!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)