小林麻央 現在の病状 最新 2017年3月は?アメーバ記事(3月13日)大事なことでがんの進行を告白!?

2016061300249_1
小林麻央 現在の病状 最新 2017年3月は?アメーバ記事(3月13日)大事なことでがんの進行を告白!?

これから
「小林麻央 現在の病状 最新 2017年3月は?アメーバ記事(3月13日)大事なことでがんの進行を告白!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが、
3月13日にブログ kokoroを更新されて、

アメンバー限定で、
記事を公開されたみたいですね。

記事を引用すると、
問題が生じますので、

3月13日にブログ kokoroの
アメンバー限定記事を要約して、

皆様に
シェアさせていただきたいと思います。

大事なことという
タイトルで始まり、

小林麻央さんの
進行性乳がんは、

今年の1月からの
2か月間で、
一気に進行の速度を加速させました。

そして、
その窮地に追い込まれている状況は、
変わらないものの、

最後まで、
ガンと闘う姿勢は
あきらめない


スポンサードリンク



という内容でした。

やはりと
いう感じで、
見事に

私が
日々、このブログで
書き綴っていたことが
的中したという感じですね。

特に、
3月2日での
ブログ kokoroで、

治療の選択というのは

いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

という内容や

3月3日での
ブログ kokoroでの

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

という内容から、
絶望的な状況に追い込まれていることは、
正直、確証していました。

今年の1月から
一気に進行の速度を加速させただけでなく、

小林麻央さんは、
その進行するガン細胞に対して、
対処する方法すらなくなってしまいました。

最後の
頼みの綱であった
放射線治療を施した部位以外に、

がんが、
転移して、
その部位から痛みが生じるということで、

正直、
万策尽きたって感じですね。

今までも
抗がん剤治療や温浴治療をはじめとして、

様々な
がん治療を施してきましたが、

唯一、
効果があったと思われる
放射線治療を施したとしても、

進行する
がん細胞には勝てなかったということですね。

正直、
小林麻央さんの
今後を考えるのであれば、

残念ながら、
限りなく、
100%

がんが良くなることはなく、
近い間に最期を迎えるということです。

もし、
放射線治療を続けて、
対処療法的にがんを除去したとしても、

3月3日のように

ガンがどんどん進行して、
他の体の部位に転移して
そこが痛みだすということです。

特に、
小林麻央さんの場合、
若年性乳がんということで、
がん細胞の細胞分裂も思っている以上に早いはずです。

それに、
放射線治療を続けたとしたら、
正常な細胞までに放射線が当たり、

体の免疫力が
著しく低下する可能性が高いです。

すでに
小林麻央さんの
こけた頬からも

小林麻央さんは、
やせ細った体になっており、

体の
筋力は相当弱っているはずなので、

どんどんと、
放射線治療による副作用にも
耐えられなくなってきているはずです。

早ければ、
今月中にも余命最期を迎える可能性もあります。

小林麻央さんは、
そういう絶望的な状況にも関わらず、

人生最後の日まで、
頑張る意志を見せてくれたみたいですね。

そのガッツは、
尊敬に値します。

小林麻央さんは今後どうなるの?

気になる
小林麻央さんの
今後についてですが、

皆様も
小林麻央さん
余命情報が気になるかと思います。

当ブログでは、
小林麻央さんの人生最後の日まで、

ブログ kokoroの情報をもとに、
最新の余命情報について皆様にシェアしていきますね。

3月14日現在の
小林麻央さんの余命に関しては、

余命1~2カ月以内

と言えるでしょう。

というのは、
3月に入ってからの
ブログ kokoroを読む限り、

小林麻央さんの
現在の病状 最新 2017年3月が、
以下のような病状となっているからです。

① 余命短い月単位(余命1~2カ月以内)

・疼痛以外の苦痛症状の出現
(疼痛は余命が比較的あるうちから出現するために、
あまり予後判断の参考とならない)。

例えば
全身倦怠感や食欲不振などが出現する。

ただしこれらの
苦痛症状がステロイドに反応して、
ある程度軽減される。

また化学療法施行中はその副作用で
全身倦怠感や食欲不振などが認められることもあるので、
その影響を除いて判定する。

・ADL(日常の立ち居振る舞い)が多少なりとも障害され始める。

・気力の枯渇等から外出が減り、

家の中での生活がメインとなる。
寝て過ごす時間が多くなる。

・一般的には、
「やりたいことを何とかやれる」のはこの時期。

例えば最後の旅行など。

もう一段階状態が悪化した週単位では
やるべきことをやろうとしても一般に困難になる
。在宅移行・転院・一時退院にふさわしい時期。

引用元:http://ameblo.jp/setakan/entry-10859150072.html

まず、
小林麻央さんの
現在の病状 最新 2017年3月として、

食欲不振があるのは、
間違いないようですね。

以下のように
小林麻央さんは、
2月22日よりも非常にやせ細ったのが印象的です。

20170311(1)-tile234567(1)
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12255006263.html

なので、
食欲不振があるのは間違いないでしょう。

それは全身が痩せることと、
頭の機能の低下という症状です

体が痩せることは、
いわゆる悪液質です。

悪液質になると
食事ができなくなります。
食事が取れなくなったら、

一ヶ月以内に
お別れとなる可能性が高いです。

自分で
トイレに行くことができなくなったら、
数週間以内にお別れとなる可能性が高いでしょう。

頭の機能が落ちてゆくと
意識レベルがゆっくり低下してゆきます。

余命一ヶ月を過ぎると、
ゆっくりと頭の機能が
低下してゆくことを経験するでしょう。

この頭の機能の低下こそが、
余命を客観的に判断する指針となります。

ただ、
2月には、
市川海老蔵さんの歌舞伎を見に行ったり、

3月12日には、
日中、日向ぼっこを
楽しんでいるような姿も伺えたので、

やりたいことは、
まだ、できるような状況であることがわかります。

今後も
当ブログでは、
小林麻央さんの最新の余命情報について、
皆様にシェアしていきたいと思いますので、

是非、
ご覧ください。

小林麻央さんには、
残された余命を悔いを残すことなく、

家族や
ブログ kokoroの読者との時間を大切にして、

人生最後の日まで、、
全力で駆け抜けていってほしいですよね。

以上、
「小林麻央 現在の病状 最新 2017年3月は?アメーバ記事(3月13日)大事なことでがんの進行を告白!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)