小林麻央 余命最新3月現在(3月16日)は末期で絶望的!?訃報に異常な反応を示す余命末期の精神状態とは?

2016061300249_1
小林麻央 余命最新3月現在(3月16日)は末期で絶望的!?訃報に異常な反応を示す余命末期の精神状態とは?

これから
「小林麻央 余命最新3月現在(3月16日)は末期で絶望的!?訃報に異常な反応を示す余命末期の精神状態とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



昨日は、
3連休初日で、
全国的に非常に晴れていましたので、

絶好の
行楽日和でしたね。

皆さんも
家族と恋人、

友人と、
楽しい時間を
過ごされた方も多いのではないでしょうか?

今日、
明日と連休ということで、
更に楽しい時間を過ごされる方も多いと思います。

そんな
楽しい時間を
お過ごしの皆さんとは、

全く逆に

今、
まさに
どん底状態にある方がいます。

それが
小林麻央さんです。

3月15日から
3日間にわたって、
ブログkokoroの
更新がされていませんでしたが、

昨日の
3月18日にブログkokoroを
更新されたみたいですね。

当ブログの予想通り、
小林麻央さんの
病状は最悪のようですね。

ということで、
小林麻央さんの
3月18日にブログkokoroの更新記事について、
検証していきたいと思います。

闘病されていた方の訃報にふれると
自分のなかのどこかの小枝が
ポキって折れるような気持ちになります。

面識がなくても、
遠い遠い方でも、
どこかで 不思議に 仲間意識というか、
あるのだと思います。

だから
私も 癌を公表しているものとして
少しでも長く生きていきたいです。

ということでした。

闘病されていた方の
訃報というのは、
3月16日に報道のあった

俳優の渡瀬恒彦さんが
14日午後11時18分、
多臓器不全で亡くなった。72歳。
渡瀬さんは2015年秋に
胆のうがんであることが分かり、
体調が心配されていた。

引用元:http://www.news24.jp/articles/2017/03/16/08356595.html


スポンサードリンク



という訃報で
間違いないでしょう。

3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報に対して、

お悔やみの言葉も述べずに、
「小枝がポキッ」ていう表現を使うこと自体、

渡瀬恒彦さんに対して、
非常に失礼な言い方ですよね。

そんな
失礼な言い方をする
小林麻央さんに対して、

渡瀬恒彦さんは、
全く仲間意識なんて
持っていなかったと思います。

渡瀬さんは、
プライベートを一切表に出さず、

最期まで渡瀬さんらしく
周りへ配慮のできた素晴らしい人だった。

それに、
ブログkokoroの
コメント欄を見れば、
一目瞭然なのですが、

小林麻央さんの
ブログkokoroをご覧になっている方の
かなり多くが、

小林麻央さんと同様に、
闘病中で毎日を
必死に生きている人ばかりなのです。

小林麻央さんは、
ブログkokoroの開設当初、

同じ病気で苦しんでいる人を励ましたい

という趣旨で、
始められました。

ところが、
3月18日にブログkokoroの
コメント欄を確認してみると、

●駄目よ弱気じゃ~
落ち込まないで今日も笑って過ごして下さいね

●麻央ちゃん、生きよう!
癌に負けず生きよう!

●麻央さんにしかわからない不安や気持ち。
でも、負けないで。
一歩でも半歩でも良いから気持ちを前に持って。

●麻央さんへ
生きて、生きて、生き抜いてほしい。

と、
同じ病気で苦しんでいる人から
逆に懸命に励まされている

なんとも
皮肉な光景がうかがえます。

そもそも、

同じ病気で苦しんでいる人を励ましたい

と言いながら、

3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報を持ち出して、

闘病されていた方の訃報にふれると
自分のなかのどこかの小枝が
ポキって折れるような気持ちになります。

というような
ネガティブな発信をすることで、

誰か
有益なことを感じた方は、
いらっしゃったのでしょうか?

そもそも、
小林麻央さんと同じような
闘病生活を送っている方の中には、

小林麻央さんのように
家族に囲まれながら、

闘病生活に
専念できる人ばかりではありません。

経済的に
困窮しながらも、

孤独と
闘いながら、

毎日、
働きながらでも、

治療のための
お金を稼いでいる方もいらっしゃいます。

そんな方が、
忙しい
生活や仕事の合間に、
時間を割いてみてくれるブログkokoroで、

無駄に
不安を煽り立てるようなことを
書いてどうするというのでしょうか?

このブログで、
前から書いているのですが、

小林麻央さんという人物は、
自分がどう発言したり、行動したりすることで、

周りの人が、
どう反応を示すかということを考える力が、
著しく低いようですね。

確かに、
小林麻央さんが、
闘病生活が大変なのは理解できますが、

一番かわいそう

みたいなことを、
ブログkokoroのというオフィシャルな場で、
発言するのはどうでしょうか?

ブログ心の読者数は、
すでに190万人を突破しており、

アメーバブログランキングでも
常に一位になっており、

小林麻央さんが、
ブログkokoroので何か発信すると、

すぐに
マスコミ各社によって、
そのブログkokoroのの更新記事が拡散されます。

小林麻央さんも
34歳の大人の女性ですので、

周りへの配慮が
必要になってくると思われます。

余命最新3月現在(3月16日)は末期で絶望的!?

ただ、
3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報を持ち出した

3月18日の
ブログkokoroの記事内容に
共感される方もいらっしゃるのも事実です。

私も
闘病中だから
麻央さんの気持ちは分かる。

有名人や知り合いがガンで
亡くなったって話を聞くと、

「ああ、自分もいつかは…」って
後ろ向きな気持ちになってしまう。

私自身も
闘病生活があるので、

小林麻央さんの
余命がかなり迫っているような状況での
3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報を聞いて、

ネガティブな
感情に襲われる気持ちも理解できます。

闘病生活中というのは、
闘病に関するニュースやキーワードに関して、

非常に
反応を示してしまうものです。

そして、
調子の悪い時というのは、

余計に
有名人の訃報等に反応性示してしまい、

次は自分の番かな?

という風に
ネガティブに考えてしまうものですね。

実は、
私の自宅の
すぐ近くに、

火葬場と
葬祭場があります。

今は、
全く病気も
完治しているので、

私の近所の
すぐ近くに、

火葬場と
葬祭場があって、

喪服姿の人が、
毎日、そこへ向かっている姿を見ても、

全く
何とも思わないのですが、

闘病中でも、
自宅で治療中の際は、

スーパーや
コンビニなどに
買い物に行かなければ、
ならないので、

火葬場と
葬祭場の横を通り抜けるのですが、

なんとも
嫌な感情に襲われたものでしたね。

このように、
健常な人が、
何気なく受け取る日常の風景や
日常的に目にするニュースなどでも、

闘病中の人にとっては、
異常に反応を示すことがありますので、

身近に
闘病中の方がいる人は、

そのようなことに
気を配って生活を送りたいですよね。

そのような
私の闘病経験から言っても、

3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報を聞いて、

ネガティブな
感情に襲われる気持ちになるというのは、

かなり
余命が迫っているような状況かなと、
感じてしまいます。

というのは、
闘病中でも、
かなりひどい状況に追い込まれなければ、

有名人や芸能人の
訃報に対してもそこまで反応を示すことはないからです。

思えば、
3月に突入してから、

小林麻央さんの
最新余命を確認する上で、

小林麻央さんの
余命が短いことを伺わせることばかりが
書かれていました。

3月2日に、
ブログkokoroで、

治療の選択というのは

いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

というように
どんどん治療の選択肢がなくなっていって、
不安の感情に襲われていることが
伺えます。

3月3日に、
ブログkokoroで、

おはようございます。

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

ということで、

色々、
がん治療を試した中で、

唯一、
効果的だった放射線治療を施しても、

放射線を当てた
他の体の部位に、

がんが
転移して、
そこの部位から
猛烈に痛みが生じるという事態になりました。

当然、
がんが全身に転移しているのは、

間違いなく、
放射線治療による
副作用の弊害も酷いことが想像できます。

3月3日に、
ブログkokoroで、

今日は、主治医の先生とのお話で、
母が一緒に病院へ来てくれました。

安心する反面
悲しい思いをさせたくないから
あまり一緒に来たくないという
複雑な娘心があります。

ということで、
お母様と一緒に、
病院に行ったということですが、

悲しい思いをさせたくない
というのは、
間違いなく主治医から

小林麻央さんの
3月の病状が非常に悪く、

小林麻央さんの
余命が

非常に短いことを
お母様に話されることに対して、
後ろめたい気分を持っているのでしょう。

それ以外には、
考えられません。
3月10日に、
ブログkokoroで、

20170311(1)-tile234567(1)

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12255006263.html?frm_src=thumb_module

小林麻央さんの
顔の頬がこけて、

非常に
やせ細った顔画像が
アップされました。

2月には、
非常に食欲があり、

朝から
餃子を食べる余裕があった
小林麻央さんですが、

その後、
がんの進行とともに、

急激に
食欲が落ちたようですね。

それは全身が痩せることと、
頭の機能の低下という症状です

体が痩せることは、
いわゆる悪液質です。

悪液質になると
食事ができなくなります。

食事が取れなくなったら、

一ヶ月以内に
お別れとなる
可能性が高いです。

自分で
トイレに行くことが
できなくなったら、

数週間以内に
お別れとなる
可能性が高いでしょう。

頭の機能が落ちてゆくと
意識レベルがゆっくり低下してゆきます。

余命一ヶ月を過ぎると、
ゆっくりと頭の機能が
低下してゆくことを経験するでしょう。

この頭の機能の低下こそが、
余命を客観的に判断する指針となります。

3月13日に、
ブログkokoroで、
1月からの2か月間で、

一気に
がんの進行が加速していることを
告白されました。

そして、
3月15日から3日間の間、
ブログkokoroの更新が
なされていませんでした。

その場その場の
感情論を綴ったり、

子供や
自分の顔画像をアップしたりと。

それこそ、
5分程度の手間で、
できるような簡単な作業ですし、

今は、
スマホからでも
投稿可能なので、

PCに
向かう必要もない時代です。

そんな
生活の中で、
簡単にできる作業すら
できない状態にあるということは、

小林麻央さん自身、
生活に著しい障害が生じるほど、
3月の
最新余命は短くなっているとみています。

3月13日に、
ブログkokoroで、

がんと闘う
ガッツを見せていた小林麻央さんですが、

これだけ、
病状が悪く、

余命が
迫った状態であれば、

ポジティブな
精神状態をキープしろというのが、
おかしいのかもしれません。

小林麻央さんの
ブログ心をずっとご覧の方は
お気づきだと思いますが、

小林麻央さんという人物は、
本来、非常にポジティブな性格です。

そんな
非常にポジティブな性格な、
小林麻央さんですら、

3月16日に報道のあった
渡瀬恒彦さんの訃報を聞いて、

異常に、
ネガティブな
感情に襲われる気持ちになるということは、

小林麻央さんが
人生最後の日を迎える日というのは、
非常に近いことですね。

ただ、

病は気から

という言葉があるように、
気持ちだけでも
何とか奮い立たせることで、

小林麻央さんの
3月以降の余命を少しでも長くすることができ、

家族や
ブログkokoroの読者との大切な時間を増やすことができます。

なんとか、
残された余命を
充実したものにしてほしいですよね。

以上、
「小林麻央 余命最新3月現在(3月16日)は末期で絶望的!?訃報に異常な反応を示す余命末期の精神状態とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)