小林麻央 余命最新情報!現在(3月20日) 激やせは余命最大3ヶ月の末期終末期の最大の証拠!?

2016061300249_1
小林麻央 余命最新情報!現在(3月20日) 激やせは余命最大3ヶ月の末期終末期の最大の証拠!?

これから
「小林麻央 余命最新情報!現在(3月20日) 激やせは余命最大3ヶ月の末期終末期の最大の証拠!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが
3月20日にブログ kokoroを更新されました。

サプライズという
タイトルで始まって、

今日は、
息子の誕生祝いを
幼稚園のお友達家族がしてくれました。

お友達のお姉ちゃんと一緒に
お花のアレンジメントを

娘と息子が作ってプレゼントしてくれる
というサプライズをして頂きました。

という内容を綴りました。

その
内容自体は、
全くサプライズな
内容ではなかったのですが、

むしろ、
キメ顔をして、

ハイチーズと撮った
以下の画像がサプライズな激やせ画像となっています。

2月22日の小林麻央さん

20170320(2)-tile(12)
引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20170222.html

健康な時の小林麻央さん

20150808_michibatajeshika_31-tile(12)
引用元:http://pinky-media.jp/I0002519


スポンサードリンク



どうですか?

一か月前の
2月22日の小林麻央さんの
顔画像と比べたら、
もちろんのこと、

健康な時の、
小林麻央さんと比べたら、
もう、目も当てられないような状況となっています。

芸能人で、
今井雅之さん
川島なお美さんは、

先に
旅立たれましたが、

あの痩せ方は尋常じゃない
激ヤセぶりというのは、

今の
小林麻央さんの
激やせぶりにそっくりという状況です。

芸能人で、
今井雅之さん
川島なお美さんが、

テレビで、
その激やせを披露してから、

いずれも
3か月以内に
最期を迎えられています。

その意味で、
今の小林麻央さんの
余命は長くてあと3か月とみるのが妥当でしょう。

というのも、
ここ2か月で
小林麻央さんの
がんが急激に進行しており、

2月6日は、
ブログ kokoroで、

餃子が食べたくなり、焼いた朝、昼?

花より団子な私は
餃子を載せずにはいられませんでした。

というように
綴るほど、
食欲旺盛でした。

それが
今では

非常に
やせ細った顔画像を
ブログ kokoroで見せなくてはならないようになりました。

そんな
小林麻央さんの
3月20日にブログ kokoroで披露した
激やせに伴って、

小林麻央さんの
精神状態も非常に危ういものになっています。

昨年の
小林麻央さんの
病状が非常によかった

10月3日に、
ブログ kokoroで、

だから、
堂々と叫びます!

5年後も
10年後も生きたいのだーっ
あわよくば30年!
いや、40年!

というように
少なくても5年後、

10年後も必ず生きたいという
生きることに対する
貪欲な姿勢をブログ kokoroで告白されました。

しかし、
今年の3月18日には、
ブログ kokoroで、

闘病されていた方の
訃報にふれると
自分のなかのどこかの小枝が
ポキって折れるような気持ちになります。

だから
私も 癌を公表しているものとして
少しでも長く生きていきたいです。

そんなことを
ふと思いました。

と綴っています。

どうですか?
この健康だった時と、
非常にやせ細って

余命が
3か月以内に迫った時の

小林麻央さんの発する
生きることに対する欲望の違いを!

闘病されていた方の
訃報にふれること自体、

非常に
失礼な話で、

せめて、
お悔やみの言葉くらい、

述べるのが
世間一般の
常識なのですが、

そんな
分別もつかないくらい、

激やせした
小林麻央さんの
余命はあと少しというところまで、
迫っているということでしょう。

やはり、
末期がんの人に、
話を聞いても、

末期の時に、
『食事』はとても
大切な行為であり、

食べられる時に
食べられるものを食べられるだけ

食べて、
体力・免疫力をつける事は
何より大切な事であると仰っていましたね。

そして、
食欲がなくて、

体重計に乗って、
激やせしていると、
実感すると、

正直、
愕然とすると仰っていました。

今の
小林麻央さんも
同じような状況でしょう。

余命3か月 がん末期の心理状態とは?

このように、
治療の
手立てがないことを知らされたとき、
患者の絶望はピークを迎えます。

絶望と激痛が合わさった
二重の苦しみがどのようなものか、
本人以外には理解できないかもしれません。

そうしたなかで、
終末期の患者は
さまざまな恐怖に見舞われるようです。

肉体的な機能を失って
先行きはどうなるのか、

死とは
どういうことなのかといった
事柄について思い悩みます。

また、医師にすら
助けてもらえない孤独感や、

旅立つことで愛する人たちを失う
喪失感にもおそわれるといいます。

長い闘病生活で
やけになってしまい、

患者のなかには
最後まで医師や家族、
介護者に
不快感をみせたりする人もいます。

多くの人は
さまざまな苦悩を乗り越えて、
最終的には旅立つという事実を直視し、

自分のこととして受容します。

患者が最後の
日々を静かな境地で過ごし、
安らかに死を迎えることは、

本人はもとより家族や
医療スタッフにとっても幸せなことだといえるでしょう。

残念ながら、
激やせした
小林麻央さんは、
相当、筋力が衰えていて、

自ら
起き上がることができないような

小林麻央 現在の病状
最新2017年3月20日
ということみたいですね。

しかも、
ガンの症状で、
起き上がることができないというのは、

もう、
最後の
一か月を迎える人に
多い病状です。

あなたに際限なく
腕や脚の筋力が落ちてゆく状態を
想像して見てください。

筋力が
低下すると歩いたり、

立ち上がるなどの
簡単なこともできなくなるのです。

走ったり、
物を持ったりする大きな動作から、

声を出したり、
唾を飲み込んだり、

まばたきのような些細な動作まで
筋肉がないと動かすことはできません。

呼吸のための
筋力が落ちて、
十分空気を吸えなくなれば、

命に
関わることになります。

食べたり、
咳をしたり、
寝返りを打ったり、

普通に
呼吸をしたり、

声を出したり
深呼吸をしたり、

本当に
普段は気にも留めないような
動作にも必ず筋肉は働いています。

最後の
一ヶ月の余命を語るとき
この筋力低下はとても重要な点になります。

腰の筋肉が
落ちた状態を
想像してほしいのです。

起き上がることはできず、

自分の力で
座っていることも
できなくなります。

寝返りも
うてなくなります。

移動するにも、
座るにも、

起き上がるにも
他人の力を借りなくては
生きてゆけなくなるのです。

声はかすれ、
大きな声が出なくなるでしょう。

食べ物を
飲み込んだり、
唾を飲み込むことも
できなくなるでしょう。

声を出すのにも
筋力が必要であり、

悪液質の進行とともに
だんだん声が弱くなってゆく。

筋力の低下が
どれほどガン患者を苦しめるか
あなたは想像できたと思います。

筋力低下が進行すると、
生きてゆくことに必要な機能を
低下させるからである。

それほど酷い
小林麻央 現在の病状
最新2017年3月20日ということですね。

3月20日には、
息子の誕生祝いを
幼稚園のお友達家族とともにされて、
キメ顔をされた
ハイチーズとされた

小林麻央さんですが、

3月20日の
ブログ kokoroの
激やせした顔画像から

余命は
最大3か月という
証拠を残してしまいました。

3月20日から
いかにQOLを高めて、

最後の
ホスピス治療をされるかというのは、
注目になってきます。

少しでも、
残された
短い余命を、

家族や
ブログ kokoroの読者との時間を
大切にしてほしいですよね。

以上、
「小林麻央 余命最新情報!現在(3月20日) 激やせは余命最大3ヶ月の末期終末期の最大の証拠!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)