小林麻央 ブログ kokoro 最新3月23日 トランポリンで白血球激減が判明!?病状最悪が一瞬でわかる理由とは?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ kokor 最新3月23日 トランポリンで白血球激減が判明!?病状最悪が一瞬でわかる理由とは?

これから
「小林麻央 ブログ kokoro 最新3月23日 トランポリンで白血球激減が判明!?病状最悪が一瞬でわかる理由とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが、
3月23日にブログ kokoroを更新されました。

トランポリンで
白血球が上がるという
ブログ kokoro更新記事だったのですが、

小林麻央さんの
3月23日現在の病状を知るうえで、

非常に重要な
サインが出ていましたので、

皆様に
シェアされていただきます。

小林麻央さん自身、
直接、自身の病状や余命について、
詳しく書くということは、
ほとんどないですが、

私の
ブログをご覧いただければ、
かなり正確に当たっていますので、

参考に、
してください。

結論から申し上げると、
小林麻央さんの
3月23日現在の病状というのは、

1月からの
2か月間で一気にがんの進行が加速して、
放射線治療の
副作用からか、

白血球減少と
リンパ球減少によって、
自己免疫力が非常に低下しており、

がんの進行が
これからより加速するような病状。

正直、
万策が尽きた状態で、

がんの進行が一層、
加速していることによって、
余命がどんどん短くなっており、

有名な
芸能人の
訃報に対しても、
非常に敏感に反応を示す精神状態で、
最期を迎えること日が来ることを
かなり現実的なものとして受け止めている。


スポンサードリンク



ような
最新3月23日の病状と思われます。

具体的に
解説していきます。

小林麻央さんが、
3月23日のブログ kokoroを更新内容は、
以下の通りです。

トランポリンで白血球が上がるらしい!

と、LINEで主人からお知らせが。

怖いもの見たさで飛んでみると、

三回 小さく 飛べました!!!

という風に、
ブログ kokoroに綴っていました。

まず、

トランポリンで白血球が上がるらしい

ということで、

市川海老蔵さんの提案で

トランポリンでの
ジャンプを試されたということですが、

信憑性については、
非常に疑問に感じますね。

そんなことで、
効果があるとはとても思えないですし、

市川海老蔵さん自身、
過去に酵素風呂での温浴治療を、

小林麻央さんに
昨年末、提案して、

小林麻央さん自身、
しっかりと試されていましたが、

その後は、
ダンマリということで、
ほとんど効果はなかったということですね。

市川海老蔵さんの提案する
治療性の信憑性は低そうですね。

それよりも、
重要なことは、

トランポリンで白血球が上がるらしい

と提案されているということは、

小林麻央さんの
白血球が非常に減少しているということです。

市川海老蔵さんから

トランポリンで白血球が上がるらしい

と提案を受けて、
三回 小さく 飛べました!!!

という風に
実際に行動に移したということは、

間違いなく、
白血球減少のことで、
小林麻央さんは非常に悩んでいるということですね。

人間が、
行動をとるということは、
問題解決のためです。

そして、
白血球減少しているというのは、
リンパ球が減少していることと直結していますし、

自己免疫力が
非常に低下しているということです。

ガンのステージも
重要な要素ではありますが、

自分自身の免疫力
(白血球の数とリンパ球の比率など)を知ることも、
非常に大切なことです。

ガンが
「治りやすいか、治りにくいか」という
指標にもなります。

リンパ球が少ないと、
免疫機能が低下し、
様々な病気にかかりやすくなります。

また、
治療を選択する場合も、

免疫の状態を
知ってから判断するのと
免疫の状態を知らずに判断するのでは、

違いが出てきます。
手術をした患者さんは平均として、
白血球数が少なくなっています。

加えて、
抗ガン剤や放射線治療を行っていると、
さらに低い場合が多くなっています。

つまり、
小林麻央さんの
がんのステージは

若年性乳がんステージ4

という段階にありながら、

白血球減少
リンパ球が減少で、

自己免疫力が
非常に低下しているということで、
最悪といえるでしょう。

小林麻央さんの場合、
放射線治療をかなり行っていましたからね。

その副作用で、
白血球が非常に減少して、

自己免疫力が
非常に低下している可能性が
非常に高いですね。

自己免疫力が
非常に低下しているということは、

免疫機能である
リンパ球特に
リンパ球内のNK細胞が
癌細胞を攻撃するからです。

免疫機構を
担う白血球の内、

T細胞やNK細胞のみが
癌細胞を攻撃できるので、

減少によって癌細胞の
進行が一層、加速すると思われます。

実は、
末期癌の方でも、
白血球の値が正常値で、

免疫力が高いという
ケースも考えられるのですが、

そういう場合、
食事療法などを、

しっかり
徹底することで、
望みがあるようですが、

小林麻央さんの場合、
そのような一抹の望み
も消えてしまったみたいですね。

思えば、
3月2日にブログ kokoroで、

今日、心から3回くらい
声を出して笑いました。

笑わせた人は、もちろん姉。

何を言ったかは秘密に
してほしいそうです。

という風に綴っていました

笑い”がNK細胞を活性化して
体の免疫力をアップする!

ということを、
日常的に笑うということを、
意識して生活を送っていたみたいですが、

その効果は
ほとんどなかったようですし、

3月3日にブログ kokoroで、

すぅー はぁー の深呼吸。

久しぶりに、痛みで眠れず、
レスキューを使い、焦りました。

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。

という風に
今まで試した治療法の中で、

唯一効果があったのは、
放射線治療だったみたいですが、

その放射線を
がん細胞にあてても

他の体の部位に
がん細胞が転移するという事態が
生じたみたいですね。

放射線治療を施すにあたって、
今回、その副作用である自己免疫力の低下が
明らかになりました。

3月7日にブログ kokoroで、

今日は、主治医の先生とのお話で、
母が一緒に病院へ来てくれました。

安心する反面
悲しい思いをさせたくないから
あまり一緒に来たくないという
複雑な娘心があります。

3月18日にブログ kokoroで、

闘病されていた方の訃報にふれると
自分のなかのどこかの小枝が
ポキって折れるような気持ちになります。

というように、
日常的に、

がんが
どんどん進んで、
余命が近づいていることで、

お母様に
悲しい思いをさせたくないとか、

闘病中だった
芸能人の訃報に対して、

非常に
ネガティブな感情に襲われていることがわかります。

以上から、

小林麻央さんの
3月23日現在の病状というのは、

1月からの
2か月間で一気にがんの進行が加速して、

放射線治療の
副作用からか、

白血球減少と
リンパ球減少によって、
自己免疫力が非常に低下しており、

がんの進行が
これからより加速するような病状。

正直、
万策が尽きた状態で、

がんの進行が一層、
加速していることによって、
余命がどんどん短くなっており、

有名な
芸能人の
訃報に対しても、

非常に敏感に反応を示す精神状態で、
最期を迎えること日が来ることを
かなり現実的なものとして受け止めている。

ような
最新3月23日の病状と思われます。

市川海老蔵さんの

トランポリンで白血球が上がるらしい

と提案を受けて、
それを試して、
顕著な結果が出ることは、
非常に難しいと思いますが、

最後の最後まで、
諦めない姿勢は尊敬に値しますし、

その
諦めない姿勢こそが、
自己免疫力アップにつながり、

小林麻央さんの
奇跡が起こると信じたいですね。

以上、
「小林麻央 ブログ kokoro 最新3月23日 トランポリンで白血球激減が判明!?病状最悪が一瞬でわかる理由とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)