朝ドラひよっこモデルは誰?モデルがよしもと興業の朝ドラ「わろてんか」とどう違うの?

1bf5e67c8bdd1e9806e77a6276721d0d-640x426
朝ドラひよっこモデルは誰?モデルがよしもと興業の朝ドラ「わろてんか」とどう違うの?

これから
「朝ドラひよっこモデルは誰?モデルがよしもと興業の朝ドラ「わろてんか」とどう違うの?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



有村架純さんが
ヒロインを務める

朝の
連続ドラマ「ひよっこ」が
4月3日がスタートします。

今から
ワクワクしてしまいます。

ただ、
このドラマ「ひよっこ」に、
実在したモデルは存在しません。

ドラマ「ひよっこ」に、
実在したモデルは存在しない理由とは、

1つ目は「ひよっこ」の
脚本を手掛けた岡田惠和さん。

彼は、
脚本をかくにあたって、

自分の幼少期を書きたかった


語っています。

そして、
今回、

東京オリンピックが
開催された数年間が描かれています。

2つ目は、
岡田さんの茨城の思いです。

岡田さんは
東京都出身です。

しかし、
茨城県には、
日本の故郷の原風景があり、

そんな

茨城の魅力に気づいてほしい


スポンサードリンク



という思いで、

そして3つ目は。

ひよっこは、
ヒロインで、

ヒロイン
有村架純さんの
ために書かれた

脚本と言っても
過言ではありません。

岡田惠和さんは、
有村さんの
デビュー当時から

何度か仕事していたそうで、
彼女の成長を見てきたそう。

岡田惠和さん自身、
モデルをえがく脚本ではなくて、

オリジナルの
設定にしたかったのは、

モデルがいると、
かなりそのモデルに
縛られる脚本になってしまう。

自由な発想をした
脚本にしたかったためだったということですね。

ただ、
この岡田惠和さんの話を聞く限り、

ドラマ「ひよっこ」の
失敗する可能性は非常に高いですね。

まず、
モデルがなく、

完全に
岡田惠和さんのオリジナルということは、

見ている視聴者は、
ドラマの主人公の人物を
非常にイメージしずらいですね。

非常に
イメージしずらいので、

見ていても、
わからない。

その結果、
見ていても
つまらないということになって、

見なくなる可能性が高いですし、

岡田さんの茨城の思いを、
ドラマ「ひよっこ」に託したということですが、

都道府県
魅力度ランキング
茨城は4年連続最下位で、

正直、
東京に住んでいる人から見ても、

一体、
何があるのかよくわからないような感じです。

私の知り合いでも
出張で何週間か茨城に行っていたとい方が、
いるのですが、

何もなくて、
正直、暇すぎたと仰っていました。

その
茨城をモデルとしたということで、

「どうなの?」ということに
なってしまわないでしょうか?

今回、
ひよっこの脚本を書くにあたり、
「有村架純さんがヒロインをする」という
前提で書かれています。

そのため、
今回のドラマは
有村さんの性格や、

イメージが反映されている
ドラマとも言えるでしょう。

ヒロイン有村架純さんを
選んだということで、
問題ないと思いますが、

同じ
集団就職「金の卵」を
題材とした映画

「3丁目の夕日」では、
堀北真希さんが、演じる集団就職で
上京してきた女性が描かれていました

ただ、
映画「3丁目の夕日」が大ヒットしたのは、

集団就職
「金の卵」が理由ではなく、

現在日本では考えられないほど、

豊かな
人間関係や人々の心のふれあいが、

映画を見ている人を感動に
巻き込んだという背景があります。

ドラマ「ひよっこ」も
映画「3丁目の夕日」と同じような
ストーリー展開になると、

非常に
面白そうな感じになりそうなのですが、
単に
工場の行員として働く、

農作業に従事するという
内容では視聴者は

非常に
退屈に感じてしまうのではないかと、
危惧してしまいますね。

吉本興業の創業者をモデルとした【わろてんか】とどう違うの?

2017年後期
10月2日スタート予定

第97作目の
タイトルは「わろてんか」。

明治後期か
ら第二次世界大戦の大阪を舞台に、
“笑い”をふりまくヒロインの人生を描きます。。

モデルとなった人物は、
吉本興業の創業者である吉本せい。

藤吉は根っからの芸事好きで、
「人生には笑いが必要」という考えの持ち主。

藤吉と衝撃的な恋に落ちたてんは、
親の反対を振り切って
駆け落ち同然に藤吉と結婚。

人々が
過酷な時代をたくましく生き抜く姿を、
笑いと涙のオリジナルエピソード満載で描いていく。

ということで、
「わろてんか」の方が、
非常に視聴者としてはモデルがイメージしやすいために、

安心して
見れるという面があります。

吉本興業という会社を
知らない視聴者はいないと思いますし、

吉本興業の
創業者について、
興味を持つ人はたくさんいるでしょう。

そして、
朝ドラの
過去のヒット作

●『あさが来た』

●『とと姉ちゃん』

というのは、
過去のモデル人物がはっきりといるし、

その
モデル人物の物語ということで、

非常に
ストーリーの
「起・承・転・結 」が
描きやすいという面があります。

私も
たくさんのドラマや映画などを見たり、

趣味で
脚本を描く中で、

ストーリーの
「起・承・転・結 」が
はっきりしていると、

非常にわかりやすく、
感情移入しやすく、
ヒットしやすいです。

逆に、
ドラマ「ひよっこ」の
ようなモデルがないような感じだと、

まず、
ストーリーが書きにくいし、

見ている人からの
共感が得にくいです。

そして、
単に
工場の行員として働く、
農作業に従事するという内容だと、

物語として、
極めて単調で
つまらないものになるのではないかと
いう危惧はありますね。

まとめ

正直、
ドラマ「ひよっこ」のような
モデルがない朝ドラというのは、

不発で
終わるケースが多いですね。

この
ドラマ「ひよっこ」自体、

視聴者のことを
第一に考えたというよりも、

岡田惠和さんの
思い入れが非常に
強そうな作品に
なったという感じがあります。

岡田惠和は、
脚本をかくにあたって、
「自分の幼少期を書きたかった」と
語っています。

そして、
今回、
東京オリンピックが
開催された数年間が描かれています。

茨城への思い

2つ目は、
岡田惠和の茨城の思いです。

岡田惠和さんは
東京都出身です。

しかし、茨城県には、
日本の故郷の原風景があり、

そんな

茨城の魅力に気づいてほしい

という思いで、
そして3つ目は。

ひよっこは、
ヒロインで、

ヒロイン
有村架純さんに対する
思い入れが強かったようですね。

私も
仕事をする中で、

自分の
思い入れを
仕事に強く反映させようとすると、

ほとんどのケースが
失敗しますね。

自分の
思い入れが
作品に強く反映されてしまい、

独りよがりで、
自分勝手な仕事に
なってしまうケースが圧倒的だからです。

脚本だけではなく、
仕事で一番、大切なのは、

相手が何を望んでいるのか?

ということを
冷静に考えて、

その需要を
満たすということです。

岡田惠和さん自身、
かなりベテランの脚本家なので、

そのような
独りよがりな脚本になってしまうということは、
あまり考えられないですが、

あらすじを見る限り、
非常に不安を感じざるを得ません。

私の
不安が的中しないように祈るだけです。

以上、
「朝ドラひよっこモデルは誰?モデルがよしもと興業の朝ドラ「わろてんか」とどう違うの?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)