小林麻央 余命最新は4月咳による病状悪化で最期が近いのに何故入院しない!?ホスピスが原因!?

2016061300249_1
小林麻央 余命最新は4月咳による病状悪化で最期が近いのに何故入院しない!?ホスピスが原因!?

これから
「小林麻央 余命最新は4月咳による病状悪化で最期が近いのに何故入院しない!?ホスピスが原因!?」について、
書いてきます。


スポンサードリンク



昨日の
4月11日は、
小林麻央さんのブログ kokoroの更新が
なかったみたいですね。

しかし、
小林麻央さんの夫の
市川海老蔵さんが

小林麻央さんの余命最後に
関わる重要なブログ発信がされましたので、

皆様に、
シェアさせていただきます。

久しぶりにマオがお腹減ったということで

ここ数日しっかり食べれてなかったので

みんな心配してたので、

本当に本当にみんな嬉しいです。

完食してほしい

ということで、
なんと、乳癌末期ステージ4という段階にも関わらずに、

海鮮丼を
食べられたみたいですね。

一般的には、
がん患者が生ものを食べるというのは、
非常に健康に悪いということで、
避けるべきことなのですが、

小林麻央さんの
食欲が回復してきたということで、

思い切って、
海鮮丼を食べられたみたいですね。

これに対して、
ネット上のコメントには、

●生ものはどうなんでしょう?

●ガン患者に海鮮丼…

●なにかあったらどうするの?

●調子悪かった人がいきなり海鮮丼?!

ということで、
小林麻央さんが余命末期状態にも関わらずに、

海鮮丼を
食べることに対して、
非常に疑問視する声が相次ぎました。

まぁ、
小林麻央さんの行動というのは、
前から実に短絡的で、

ちょっと調子が良くなってきたと思ったら、
すぐに無茶な行動を起こして、

その結果、
また、調子が悪くなって、
ブログ kokoroで、
弱音を吐いて、

大量のアクセスを獲得して、
たくさんの励ましの声が届くといった感じですね。

私も
昨日のブログの中で、
一連の小林麻央さんの余命最期に近そうな
病状について下記のように綴りました。

もしかしたら、
最近の過剰ながんの痛みアピールは、

小林麻央さんの
詐欺的な演出かもしれません。

余命最後が近そう!!
という風に、
ブログ kokoroの読者に注目させて、

大量のアクセスを獲得して、
たくさんの激励のメッセージと、

多額の
広告収入を獲得する
詐欺行為を小林麻央さんは今まで何度もやってきました。

なので、
小林麻央さんの
このような過剰な痛みアピールによる
詐欺的な演出に絶対に騙されないようにしてくださいね。

調子が悪くて、
がんの激痛がするとブログ kokoroで言いながら、

その数日後には、
がん患者は避けたい海鮮丼を食べていれば、

上記のような
主張が正しいことを証明しているのではないでしょうか?

そして、
私だけではありません。

数日前までには、
4月余命最期に近そうな激痛に襲われる感じで、
ブログ kokoroに書いてあり、

数日後には、
海鮮丼を食べるようなことに対して、

●はいはい出ました、重病アピールの次は食欲出て元気取り戻しアピール

●ナマモノでも何でも元気に美味しく食べれる体調なの

●小林麻央さん人を騙したり裏切るような行動をしても罪悪感は全くない

小林麻央さんの
4月に入ってからの過剰なまでの
痛いアピールに対して、

アクセスを集めたいだけの詐欺演出ではないか

という声が
どんどん寄せられるようになっています。

海鮮丼を食べるだけの
食欲があるのであれば、

4月に入ってからの
痛いアピールが過剰な詐欺演出だと思われても、
当然ということですね。

まぁ、
今回に始まった話ではないのですが、

小林麻央さんという人物は、

余命末期ということで、
どうも周りの人が自分の対して、
無条件でチヤホヤしてくれるから、

非常に
甘ったれている部分があるみたいですね。

1月には、
入院中に食欲が戻ると同時に、

雪が降るような寒さの中で、
肌を露出する場面があったり、

2月には、
インフルエンザが猛威を振るう中で、
市川海老蔵さんの歌舞伎公演を鑑賞しに行ったりと、

もし、
その後に体調が悪くなったら、

普通の人だったら、

ほら見ろ!!自業自得!

という反応が返ってくる場合でも、

小林麻央さんだと、
余命末期ということで、

ブログ kokoroで、
どんな弱音を吐いても、

みんなが
励ましてくれる部分があるということですね。

そういう
ブログ kokoro読者の心情を熟知しているからこそ、

4月に入っての
余命最期を匂わせる

過剰な痛いアピールが
やめられなくなっているという部分もあるのでしょう。


スポンサードリンク



小林麻央さんは何故入院しないの?

ただ、
4月に入って、
小林麻央さんのがんの症状が
悪くなっているのは確かでしょう。

3月13日には、
がんの進行が加速していることを告白されていますし、

どんどんと、
余命最期を匂わせるような
症状が出ているのも確かです。

4月2日には、
ブログ kokoroで、

それにしても
咳が止まらない日々。

あまり咳をすると
まわりの方に 迷惑かなと思い、

「ごめんなさい。
風邪じゃないんです!

癌なんです。」と言っていると、

主人に、すごいね!それ と
驚かれました。

というように、
今まで、
小林麻央さんの
がんの進行による症状というのは、

食欲不振や
がんによる痛みがメインだったのですが、

咳なども出るようになって、
症状も非常に多種になってきたということですね。

癌がでているということで、
がんが肺まで転移している可能性も高いですね。

しかし、
これほど、
がんの症状がひどくなってきて、
咳も出ている中で、

どうして小林麻央さんは入院しないの?

という声が、
ネット上にたくさん寄せられています。

小林麻央さんが
入院しない理由を私は熟知していますので、
下記をご覧ください。

小林麻央さんは何故入院しないのか?①頑固な性格

まず、
4月に入って、
余命最期を匂わせるほど、
病状が悪化しているにもかかわらずに、
小林麻央さんは入院しない理由として、

小林麻央さんの
性格が素直ではなく頑固だということですね。

考えてみてください。

小林麻央さんが、
余命最期を匂わせるほど、
病状が悪化した背景には、

初期症状で、
自分の感覚を多大評価して、
乳房を摘出した方が良いという

医師のアドバイスを
無視したということが挙げられます。

ブログ kokoroでも、
昨年の11月30日には、

余命数カ月と言われた状態から
20年生きている方が、

「自分にとって一番の医者は、
自分、になること」

と仰っていた。

今、服用している薬やサプリメントの
何が合っているか、合っていないか
正直、
訳分からなくなっていたので、

一度、仕切り直し!!

ということで、
勝手に服用している薬を中断して、

自分の
我流による独りよがりな
治療を施した経緯があります。

その
独りよがりな
治療を施した結果、

昨年の
12月20日にブログ kokoroで、

入院しようと何度か言われても

「負けてたまるかー」と
謎のひとり勝負を続け、

そして今になり、あっけなく入院。

またやってしまいました。
頑固。

という結果になってしまいました。

当然、
小林麻央さんが、
独りよがりな治療を施した結果、

夜通し、
お姉さんの小林麻耶さんに
背中をさすってもらう看病をしてもらったということですね。

こういう
小林麻央さんですので、

余命最期が近そうな
4月になって何故入院しないかといえば、
周りの人が、

入院した方が良いよ!

と、
親身になって、
アドバイスしてくれても、

意地でも
医療の力を借りたくない!

と、

自分の
力で直してやるという
変なプライドがあるのでしょう。

周りの人間からすれば、
本当に迷惑な存在だと断言せざるを得ませんよね。

小林麻央さんは何故入院しないのか?②ホスピス治療

小林麻央さんが、
最新4月で咳が

出るほど余命最期が近そうなのに
何故入院しないかといえば、

ホスピス段階に入っていることを
小林麻央さんも熟知しているからでしょう。

3月13日には、
ブログ kokoroで自身のがんの進行が加速したことを
ブログ kokoroで告白されており、

4月に入ってからも
症状がより深刻になってきています。

そして、
小林麻央さん自身
34歳という若さで、
乳癌を患ったことを考えてみると、

もう、
小林麻央さんが、
治る可能性はゼロと考えてもよいでしょう。

そんな中で、
余命最期は自宅で

家族で迎えたいという
小林麻央さんの
強いこだわりがあるのでしょうね。

それを
象徴するように、

2月から、
市川海老蔵さんや
家族とエンジョイする時間が多かったように感じます。

2月18日には、
インフルエンザが猛威を振るう中で、
六本木歌舞伎第二弾 座頭市を観劇されましたし、

2月22日には、
ブログ kokoroで、

ずっと母や姉がそばにいてくれて
二人の子供たちの母親でいられましたが、

今日は、夕方から
私ひとりきりで母親をできた時間が
ありました。

と、
なんとか、
子供たちの母親である時間を
余命最期を迎えるまでに長く作っておきたいという
意志が感じられました。

先月の
3月22日には、
ブログ kokoroで、

息子 4歳!

テーマ: ブログ
勸玄が 4歳になりました。
いつも見守って下さり、
ありがとうございます。

念願の王子様に変装しました。

と、
息子勸玄君の
誕生日祝いを盛大にやった感じがありました。

今月に入っても、

4月2日に
ポニーのマカロン君に
乗らせて頂きました。

今日も、姉をはじめ家族が助けてくれて
楽しい時間を過ごせました。

息子勸玄君と
乗馬に出かけるなど、

なんとか、
余命最期を迎えるまでに、
家族との思い出をたくさん作っておきたいという

小林麻央さんの
強い意志が感じられます。

家族との思い出をたくさん
作ることでQOLを
高めたいという意図もあるのでしょう。

ということで、
小林麻央さんが、

最新4月で咳が
出るほど余命最期が近そうなのに

何故入院しないかが
お分かりいただけたのではないでしょうか?

余命最期が近く、
入院しないのは、
小林麻央さんの勝手かもしれませんが、

入院しないのであれば、
ブログ kokoroで
痛いアピールをしないでほしいですよね。

ただでさえ、
欧米人と違って、

日本人は、
辛いことがあっても、
耐え忍ぶことが美徳という風潮がある中で、

欧米人顔負けの
感情をむき出しにするような演出があれば。

例え、
それがアクセスを獲得するための
詐欺演出でなかったとしても、

見ている方からすれば、
見苦しいという言葉のほかに
かける言葉がないということです。

苦しいのは、
小林麻央さんだけではありません。

むしろ、
入院しないという選択肢がある
小林麻央さんは非常に恵まれています。

同じような
がんで闘病されている方でも、
経済的困難の中で孤独に頑張っている人もいますし、

普通に
健康で、
会社勤めされている方でも、

厳しい
数字や上司からのプレッシャーにも耐えて、

パワハラや長時間労働、
うつ病を患いそうになっても、
必死に歯を食いしばって働いている方もたくさんいますし、

アルバイト生活を
送っている人でも
低賃金や単調な作業、

イヤなバイト先の
人間関係にも耐えて生き抜いている方も、
たくさんいらっしゃいます。

入院しない選択肢がある
小林麻央さんは非常に恵まれいるにもかかわらず、

痛いアピールをするということは、
上記のようなことが全くわかっておらず、

ひたすら、
自分の価値を下げるような行為だということに、
いい加減気が付いてほしいですよね。

今後の
小林麻央さんの
ブログ kokoroに注目しています!

以上、
「小林麻央 余命最新は4月咳による病状悪化で最期が近いのに何故入院しない!?ホスピスが原因!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)