小林麻央 現在病状最新4月浪漫飛行で天国へ飛び立つ準備はできた!?余命最新4月息切れ 咳を嘆く姿に呆れ果てる!?

2016061300249_1
小林麻央 現在病状最新4月浪漫飛行で天国へ飛び立つ準備はできた!?余命最新4月息切れ 咳を嘆く姿に呆れ果てる!?

これから
「小林麻央 現在病状最新4月浪漫飛行で天国へ飛び立つ準備はできた!?余命最新4月息切れ 咳を嘆く姿に呆れ果てる!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんの
ブログ kokoroを拝見していると、

正直、
呆れ果てることが多いですが、

昨日の
4月14日に更新された
ブログ kokoroを拝見しても、

びっくり
仰天させられましたね。

開いた口が、
5分位塞がりませんでした。

その昨日の
4月13日に更新された
ブログ kokoroの内容とは以下の通りです。

癌だって、
ステージ1の時点で診断される人も
いれば、

気づいた時にはステージ4の人もいる。

順調に治る人もいれば
余命宣告から奇跡みたいに治る人もいて、

そうでない人もいる。

良い方をみてしまうとき、
私は、
なぜここまでにならなければ
ならなかったのかな、
と思うことがありました。

何故、順調に治っていく道では
なかったのだろう、と。


スポンサードリンク



上記の
文章を見た時に、

私と同様に
驚き呆れ果てる方も多
かったのではないでしょうか?

まず、

癌だって、
ステージ1の時点で診断される人も
いれば、

気づいた時にはステージ4の人もいる。

というようなことを
仰っていますが、

小林麻央さん自身、
ステージ1程度の軽いしこりの段階の時に、

がんの診断を受けた時に、
医師の大丈夫という言葉を妄信して、
セカンドオピニオンを受けるなどの
注意を怠った結果、

どんどん、
ガンのしこりが大きくなっていきました。

もし、
ステージ1程度の軽いしこりの段階の時に、

もうちょっと、
注意を払っておけば、

それこそ、
日帰りで治療できるくらい、

ガンも軽症だったということですね。

それを
ずっと放置したのは、

間違いなく
小林麻央さんの責任であるということです。

それに、
がんの進行がどんどん進むととともに、

医師から
乳房を摘出するように、
アドバイスを受けたにも関わらずに、

そのアドバイスを
拒否して、どんどんがんの進行を速めたのも
小林麻央さんです。

その結果、
現在病状最新4月
ステージ4という段階まで
行ってしまったということですね。

3月13日には、
どんどんがんの進行が進んでいることを告白して、

4月2日に
ブログ kokoro内で、

それにしても
咳が止まらない日々。

4月9日に
ブログ kokoro内で、

ここ数日、息切れとしんどさに襲われ
どうやって乗り切ろうか
試行錯誤しています。

と、
綴っています。

がんの進行に伴って、

痛みだけではなく、

咳や息切れなどの
つらい症状が
どんどん出てきているということで、

咳や息切れなどの
つらい症状によって、

精神的にも非常に
ネガティブな症状に襲われているのは、
理解できますが、

ブログ kokoroという
公の場でこのような心情を
暴露するのはいかがものでしょうか?

もちろん、
初期段階で、
医師の注意力不足が
一つの原因でもあるわけですが、

遺伝的にも
ガンになりやすい体質なのに、

医師の
診断を妄信してしまう
小林麻央さんの注意力不足が主な原因というのは、
間違いないでしょう。

そして、
医師から乳房を摘出するように
アドバイスされたにもかかわらずに、

乳房を摘出しなかったのは、
そんなことをするくらいだったら、

最期を迎えた方が
良いという小林麻央さんの女性としての、
判断というかプライドもあったのかもしれません。

いずれにしても、
神様は小林麻央さんに対して、

十分な
生きるチャンスを
与えてくださったにも関わらず、

その
十分なチャンスを
ことごとく潰してきたのは小林麻央さん自身です。

にも関わらずに、

なぜここまでにならなければ
ならなかったのかな、

と思うことがありました。
何故、順調に治っていく道では
なかったのだろう、と。

という風に
悲劇のヒロインを演じて、

自分の
今置かれている
現在病状最新4月乳癌末期ステージ4は、

自分以外の
誰かに責任があると
いうような言い方をされているではありませんか。。。

確かに、
小林麻央さんが

もし、
経済的な困難や
孤独な状況に追い込まれていて、

周囲のサポートや
十分な治療を受けられないというのであれば、

自分の
不幸を周りの
環境の責任にしたくなる気持ちも理解できます。

しかし、
小林麻央さんは、

経済的困難に陥っているわけでもなく、
むしろ、経済的余裕で治療に
専念できる十分な環境があり、

家族や
友人などにも非常に恵まれている環境があります。

そのような
恵まれた環境にあるにもかかわらずに、

自分の
不遇を他者の責任にするとは何事でしょう?

私が前から
主張しているように、
小林麻央さんという方は、

自分以外の周囲の状況や心情を
把握する能力が著しく欠如しているようですね。。

そして、
小林麻央さんの
このような発言というのは、
色々な人に影響を与えるということですね。

先日、
4月5日に
ブログ kokoro内で

読者登録をして下さった方が
200万人を超えました。

ということで、
ブログ kokoroの読者が
ついに200万人を突破しました。

ということで、
200万人を超える

読者に対して、
自分の不遇の他人の責任にするという
影響を与えていることや、

勸玄君や
れいかちゃんにそのような
教育を施していると思われても仕方がないですね。

れいかちゃんによく
小林麻央さんが馬鹿にされるということですが、

自分の
棚に上げて、

ひたすら
悲劇のヒロインを演じていたのでは、

それは、
馬鹿にされても仕方がないですね。

浪漫飛行で天国へ飛び立つ準備はできた!?

ただ、
小林麻央さんの
がんの進行が加速するとともに、

最期を迎えるという
恐怖感がどんどん膨れ上がっていくという
気持ちも理解できます。

私自身も
今は元気に生活とか仕事をしていますが、

かつては、
病気で
最期を迎えそうな境遇を経験したので、

その
絶望と恐怖の感情に
小林麻央さんが追い込まれているのも理解できます。

4月13日に
ブログ kokoroで綴った
以下の意味深な言葉を解読していきましょう。

魂って自分が思っているより
ずっとずっと自分にロマンを
もっているのでしょう。

だから しんどくて寝ているときは
小さい小さい世界に閉じ込められている
みたいに感じますが、

実は逆で、
魂は壮大な浪漫飛行中なのでしょうね。

私の推測でありますが、

小林麻央さんは、
4月13日に

ブログ kokoroで綴る前に、
米米CLUBの
浪漫飛行の曲を聴いていたのでしょう。


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PoL5vFX5Zpo

どうも
小林麻央さんが、
浪漫飛行の中にいるというということは、

非常に
妄想というか、
夢の中の世界に閉じ困られていたいという
心境にあるようですね。

つまり、
現実の乳癌末期ステージ4という段階で、

もう、
治る見込みなど、
1%もないような状況の中で、

必死に、
米米CLUBの
浪漫飛行の曲を聴いて、

ファンタジーの世界に
入り浸り立っていたいというような
小林麻央 現在病状最新4月ではないでしょうか?

つまり、
4月13日に
ブログ kokoro内で綴った

良い方をみてしまうとき、

私は、
なぜここまでにならなければ
ならなかったのかな、
と思うことがありました。

何故、順調に治っていく道では
なかったのだろう、と。

という心情と、

魂って自分が思っているより
ずっとずっと自分にロマンを
もっているのでしょう。
魂は壮大な浪漫飛行中なのでしょうね。

という言葉から、
小林麻央さんの
現在メンタル病状最新4月としては、

ひたすら、
自分の今の末期がんの状況は、

自分の
周囲の環境が作り出したもので、

自分の責任でない

そして、
自分はひたすら

浪漫飛行という
現実逃避したファンタジーの世界に浸っていたい

という
ひたすら小林麻央さんの
今置かれた状況を
認めたくないと心情が浮き彫りとなっています。

かつては、
病気で
最期を迎えそうな境遇を経験したので、

その
絶望と恐怖の感情から、
現実逃避したいという気持ちは理解できます。

必死に、
米米CLUBの
浪漫飛行の曲を聴いて、
ファンタジーの世界に入り浸り立っているということは、

天国に旅立つ準備も
覚悟もできてきたということではないでしょうか?

どんどん、
小林麻央さんの病状が悪化していくとともに、

小林麻央さんの
精神状態が非常に不安定になり、

天国に旅立つ準備も
覚悟もできてきたというような

小林麻央
現在病状最新4月となっていますね。

ただ、
非常に厳しい状況に追い込まれていることは、
理解できますが、

ブログ kokoroの読者が
ついに200万人を突破しました。

最後まで、
生き抜く力と生きざまを
私たちブログ kokoroの読者に見せて、

後世に誇れるような
存在となってほしいですよね。

以上、
「小林麻央 現在病状最新4月浪漫飛行で天国へ飛び立つ準備はできた!?余命最新4月息切れ 咳を嘆く姿に呆れ果てる!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

1件のコメント

  • 麻央がいよいよ余命というときに、何故麻耶は芸能界復活したのだろう?

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)