小林麻央 ブログ kokoro 最新5月ネットでは最期へのカウントダウン!?顎転移退院から一夜で余命末期最新5月は?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ kokoro 最新5月ネットでは最期へのカウントダウン!?顎転移退院から一夜で余命末期最新5月は?

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「小林麻央 ブログ kokoro 最新5月ネットでは最期へのカウントダウン!?顎転移退院から一夜で余命末期最新5月は?」について
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが、
5月30日に
ブログ kokoroの
記事を更新されたみたいですね。

小林麻央さんの、
5月30日に
ブログ kokoroの記事では、

昨夜は、
娘とくっついて たくさん
お話しができました。娘とは、もう
会話がはずんで 本当に楽しいです。

ということで、
小林麻央さんが、

ブログ kokoroの
5月29日に退院されてから
自宅で家族と楽しく過ごされている
様子を公開されているようですね。

ところで、
ネット上では、

5月26日の
ブログ kokoroで公表された

顎へのがん転移と
5月29日に
退院されてから

小林麻央さんが
最期を迎える日までの
カウントダウンとの言える
悲痛ともいえるコメントが相次いでいます。

●写真見る限り、余命はあと僅か

●美人薄命だな。

●終末医療だと、わかってしまいますね

●父も同じ条件で
療養用ベットも用意し自宅点滴をし。
1ヶ月以内にあの世へいきました。

●客観的に、最期が近いのは間違いない。

●もう、病院でやる事はないのかな・・・
子供たちとたくさん触れ合って
最高の時間を過ごしてくたさい


スポンサードリンク



ということで、
小林麻央さんの
ブログ kokoroを見るたびに、

最期が
近づいていることを
実感されているようですし、

私自身も
小林麻央さんの
特に5月26日くらいから、

どーーんと、
余命最期を迎えるカウントダウンが
始まったなという実感がありますね。

余命最期を
迎えるカウントダウンが
始まったな根拠となるのは、

ここ5月の一か月くらいで、
小林麻央さんの

まず、
食欲が大幅に減って、
以前よりもずっとずっと痩せるペースが
早くなってきたということですね。

小林麻央さんの
食欲に関するブログ kokoroの記事は、

5月9日の、
ブログ kokoroの記事で、

そして今日
常食から三分粥に変更して頂きました。

ということで、
三分粥しか食べられないような
状況に陥っていることを、
公表されていますし、

5月11日の
ブログ kokoroの記事で、

鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む
手術をしました。

腕の血管には限界を感じていましたし、
ポートがあれば入れられる濃い栄養の
点滴などあることを知り、

タイミングを逃さないよう、
ポートの手術を受けることを
心に決めていました。

と、
手術をして、
ポートから濃い栄養の
点滴を体内に注入される手術をしました。

そして、
5月21日の
ブログ kokoroの記事で、

私が恐れていた姿に近い身体が
写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、
泣いてしまいました。

でも
涙を流していてもどうしようもないこと
に気づき、

豆乳ココアを飲んで、
心を落ち着かせました。

と、
どんどん、
やせ細っていく
余命最期が迫ってきた
自らの体に恐怖心を感じるような
書き込みも目立ってきました。

食欲が
なくなって、

やせ細っていくというのは、

生命活動をするうえで、
最も重要な筋肉が
どんどん減っていくということです。

筋肉がどんどん減っていくということは、
更に食欲を減退させて、

生活に必要な
運動ができないために、

更に、
筋肉を減退させて、

体を弱らせて、
免疫力をどんどん低下させます。

で、
このような
小林麻央さん自信も
ブログkokoroで自らの生命に対して、
恐怖心を抱いてなのでしょうか?

情緒不安定で、
自分以外の人間に対して
攻撃的なコメントも

5月の中旬くらいから
目立ってきましたね。
小林麻央さんが、

5月9日に、
ブログkokoroで

そして今日
常食から三分粥に変更して頂きました。

すごく有難い情報を頂き感謝です。

知らなければ
今日も何も食べられませんでした
で終わってしまっていた病食が、

本当に天と地の差です。

と、
病院を
批判するような記事を書いたり、

5月10日に、
ブログkokoroで

私のことについて書かれた記事を
目にしてしまい、
100%嘘の記事に驚いてしまいました。

せめて、ひとつでも正しいことがあれば。
最初から最後まで、全部間違っている
記事って、よくあることですが、

何故ここまで間違ったまま書いて
世の中に出してしまうのでしょう。

と、
小林麻央さんに関する記事を書いた
週刊誌を露骨に攻撃するような発言が目立ち始めました。

私も
ずっと長く、
小林麻央さんに感じる記事を書いているのですが、

いつも、
体調が悪くなるにつれて、

甘えた発言や
非常識な発言、不安な感情を
ブログkokoroで吐き出すということは、

結構、
目立っていましたが、

こんな露骨に、
他人を攻撃するような小林麻央さんは、
始めてみましたね。

5月に入って、
小林麻央さんは、
さぞかし、

迫りくる
がんの進行と、
自分の余命最期に対して、

自暴自棄に
なっていたというようなことでしょうね。

そして、
自分の余命最期に対して、
自暴自棄になっている感情を
何とか鎮めようと、

豆乳ココアを
飲むような記事もよく見かけましたね。

私も
仕事でイライラした時とか、
情緒不安定で他人に対して、
攻撃的になっているような精神状態の時に、

よく
ココアを飲むので、

小林麻央さんが
ココアを飲むときの心境がわかります。

はっきり言って、
かなりやばい状態です。

そのほか、
ブログkokoroで

38度、39度、40度と、、、
毎日、汗をかいています。

と、
日常的に
高温の熱を出したり、

ブログkokoroで
顎へのがんの転移を公表されたりと、

冷静に見れば、
5月の小林麻央さんの
余命最新は末期の末期へと
ずっとずっと近づいている印象がありますね。

顎転移退院から一夜で余命末期最新5月は?

以上
5月から小林麻央さんの
余命最新を占うとしたら、

顎まで、
転移したがんの影響は
非常に大きいでしょうね。

顎まで、
転移したがんの影響で、
見るに堪えない顔の表情になる
可能性があります。

今までは、
顔画像をブログkokoroに
アップで着ていたのですが、

これからは、
絶対にできないような状態になっていくでしょう。

ほぼ確実に、
小林麻央さんは、

自らの35歳の誕生日である
7月21日までに余命最期を迎えているような状態

でしょう。
5月の小林麻央さんの
余命最新は、

残り、
10日とか、

残り、
1か月とかの

今井雅之さんや
川島なお美さんの
顔の非常と非常に似ています。

mig

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2143039972602612701

kawashima2

引用元:http://pikorepo.com/kawashima-316

やせ細って、
黒ずんだ顔の表情で、
肌つやが著しく悪いような印象がありますね。

こんなに、
やせ細って、
黒ずんだ顔の表情で、
肌つやが著しく悪いような状態、

ガンが
全身に転移して、

どんどん、
食欲もなくなっている状態で、

退院することが
何を意味するのか明確ですよね。

私も
小林麻央さんの
ブログ記事を書くにあたって、

色々、
ガンの闘病ブログを観察しているのですが、

小林麻央さんのように、
かなり厳しい状況で、

自宅治療を行うという選択をした
がん患者さんのほとんどは

一か月以内に、
余命最期を迎えられています。

今の
小林麻央さんを、

ボクサーに
例えれば、

リング上で、
ファイティングポーズを取ることを
やめたボクサーと同じような状態です。

全身の
がん細胞という
超強力なライバルに対して、

闘争心むき出しで、
闘いに行っても、
勝つことは非常に難しいのに、

その相手に、

ボクサーが
ファイティングポーズをとることを
やめた瞬間に、

どうなるかは、
明白です。

すぐに
物凄い
カウンターパンチを食らって、
KO負けということですね。

私自身も
数年前から
闘病生活をしていて、

生き残るか、
余命最期を迎えるかの
瀬戸際に立たされたことがありました。

その
経験談から
申し上げると、
病気の治療法とか、
どんな病院で治療しているかとか、

そんなことは、
あまり関係なく、

生き残るか、
余命最期を迎えるかの際には、
あまり関係がありません。

最期は、
生きることへの執念や
執着心が強いものが生き残ります。

私自身も
偉そうなことを言っていますが、

結構、
小林麻央さんの

余命最期予測を
結構、外してきました。

4月までの
小林麻央さんというのは、

生きることへの執念や
執着心が滅茶苦茶強かったからです。
その、
生きることへの執念や
執着心が余命最期が、

昨年の
夏までといわれていたのが、

2017年の
5月を終えようしていている
今、ようやく小林麻央さんは、

白旗を
挙げたことから
今度の余命最期予測は自信があります。

強力なライバル相手に
苦しみながら闘うことよりも、

平和に
余命最期を迎えることを選択されたわけです。

平和に
余命最期を迎えられた
小林麻央さんの意志というのは、

素直に
尊敬しなければいけません。

ここでご紹介があります。

私も
小林麻央さんの
ブログ記事を書いていて、

つくづく感じているのですが
抗がん剤や放射線治療の弊害を感じました。

小林麻央さん自身も
昨年から抗がん剤や放射線治療を、
行っても

ほとんど、
効果がないばかりか、

むしろ、
その副作用で、
どんどん症状が悪くなっていった経緯があります。

当たり前ですが、
抗がん剤はもともと、毒ですし、

放射線を
体内にあてれば、

健常な細胞まで、
破壊してしまいます。
そこで、
最近、免疫療法が
話題になっています。

湘南メディカルクリニックの
培養士グループは日本の免疫療法の始まりのような存在であり、

東京大学医科学研究所、
横浜市立大学、神奈川県立がんセンターなどで
長年にわたり免疫療法を研究開発してきました。

従来、樹状細胞療法を
はじめとした様々な免疫療法
やワクチン療法などの
メニューも行ってきましたが、

結論として最も効果が
高かったのがNK細胞を
活性化させる療法で、

その奏効率は昨年末までの
1000例以上の検討から、

51%と高く、
副作用がない上に
抗がん剤よりも効果が
高い結果を得ることができました。
実は、

私も湘南メディカルクリニックの
阿部先生の書籍を

今、
読ませていただいているのですが、

抗がん剤や放射線治療の
弊害を指摘されて、

免疫療法を
積極的に推奨されている姿勢は、
非常に共感できるものがあり、
尊敬しています。

実は、
私自身、

今も
数年前の闘病生活での
大量に投与された薬害の後遺症に
苦しんでいるのです。

なので、
皆さんには、
絶対にがんなどの大病を患ったとしても、

薬漬けの
生活にはなってほしくないし、

薬漬けの
生活にには、
必ず、弊害が起こることをわかってほしいです。

はっきりいって、
自分がもし、がん患者になったら

自分の
身内や大切な人が
がん患者になったら、

絶対に、
抗がん剤の副作用で
苦しんでほしくありません。

昨今、
世間的にも
新薬オルジーボにも
期待が寄せられていることからも、

がんの治療でお悩みの方は、
この機会に湘南メディカルクリニックの免疫療法を、
お試しになられてはいかがでしょうか?

湘南メディカルクリニック【免疫療法】

小林麻央さんの
人生最後の日までのカウントダウンが
どんどん進んでいます。

余命最期の日まで、
市川海老蔵さんをはじめとして、

家族と、
一緒に平和で楽しい日々を過ごしてほしいですよね。

以上、
「小林麻央 ブログ kokoro 最新5月ネットでは最期へのカウントダウン!?顎転移退院から一夜で余命末期最新5月は?」について
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)