小林麻央 ブログ 更新理由はかまってほしいだけ!? 退院から今日更新ない日が2日のみの本当の理由とは?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ 更新理由はかまってほしいだけ!? 退院から今日更新ない日が2日のみの本当の理由とは?

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「小林麻央 ブログ 更新理由はかまってほしいだけ!? 退院から今日更新ない日が2日のみの本当の理由とは?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが
6月11日にブログ kokoroを更新されたみたいですね。

昨日は、
更新したかったのですが、

一日、痛みで
七転八倒していました。

ですが、夕方最終的に、
在宅医療の先生に相談し、
忘れていた座薬を試したら、
ようやく落ちつくことができました。

そもそも、
ブログ心を更新する必要がなかったら、
すべきではないのですが、

ネット上では、
在宅治療を行っているのに、

座薬を
忘れるなんて、
ありえないというような
コメントが続出しているようですね。

まぁ、
私としては、

小林麻央さんという方が
調子が良い時に、

調子が
悪くなることを全く想定できずに、

調子が
悪くなった途端に、

ブログを
更新して、
ブログ kokoroで、
ネガティブな自分の病状や
ネガティブな自分の感情を呟くというようなことを

毎回、
毎回、見てきましたので、

全く、
驚かないですね。

むしろ、
小林麻央さんが
6月11日にブログ kokoroの更新内容のように、

ブログを
更新して、
ブログ kokoroで、

ネガティブな自分の病状や
ネガティブな自分の感情を呟く様子に、

「同じ患者に絶望や恐怖を与えるものに
段々なってきている」

「。日々、悪化していく話題、最期が迫りつつ話題を見るのは気分が悪くなる。」

「内容もタイトルすら見たくないのに、
ヤフーとかで情報流れてるので、目に入ってきてしまう。正直、気分良くないよ。」

「この内容はこれから癌になる人に恐怖にしか与えないのでは・・」

「世間の癌患者さんを不安に陥れている金儲けブログ。」


スポンサードリンク



と、

ネット上では、
小林麻央さんのブログ心の
更新記事に批判が殺到しているようですね。

そもそもなんですが、

小林麻央さんって、
5月に退院されてから
6月に入って、

物凄ブログ kokoroの更新が増えたと思いませんか?

ネット上では、

●「無理に更新しなくていいですよ。
静養につとめてください。」

●「伝えたい気持ちはわかるけど、無理に伝える必要はないと思う。
誰も強制しないし。」

●「療養に徹してください」

というように、
小林麻央さんに無理に
ブログ更新しないように勧める声が相次いでいます。

なぜ、
小林麻央さんは、
このように5月に退院されたから

今日まで
6月6日と6月10日を除いて、

ずっとずっと
ブログ kokoroを更新し続けるのでしょうか?

私の中で
明らかですね。

ブログ kokoroの読者に、
かまってほしい

からです。

病院に
入院しているときは、

ずっと
看護婦さんに面倒を見てもらったり、

誰かに
お見舞いに来てもらったりと、

自分を
励ましてもらうことで、

一日中、
誰かにかまってもらえたのですが、

今は、
自分の病状が酷い状態であっても
市川海老蔵さんは、
仕事が忙しかったり、

子供は
幼稚園に行っていたりと、

周りの人に
自分の病状のことでかまってもらえることが
少なくなりました。

なので、
ブログ kokoroを更新し続けることで、

そんな
自宅での孤独な状況を打破したいという
小林麻央さんの自分勝手な欲望のために、

ブログ kokoroを更新し続けるということですね。

大体、
小林麻央さんは、
ブログ kokoroを更新して、
いかにも自分の病状が悪いように
仰っていますが、

5月の
退院直後の画像と、
6月11日の
写真を比べてください。

20170612(2)-4321(23)

引用元:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/day-20170529.html

6月11日のほうが
ふっくらされて、

むしろ病状が良くなっていると感じるのは、
私だけではないはずです。

それに、
小林麻央さんという方は、
非常にわかりやすい性格です、

6月1日に、
ブログ kokoro更新記事で、

息子が、
「ママ、苦しいとき、
大きい声で呼べないから、
これ、こうやって鳴らしていいよ」

と、ハンドベルを
子供部屋から持ってきてくれました!

なかなかやるな、息子!

6月2日に、
ブログ kokoro更新記事で、

今日は
人参りんごレモンジュースに
ほうれん草を混ぜました。

飲みたい量が増え、
食欲も少し増しました。

と、
ポジティブ発言が続けば、

今日は、
39.4度の熱から始まり、
一日中、痛みとおさまりどころのない
苦しさでした。
今は、少し落ちついています。
在宅医療の大変さについても
考えさせられました。

6月4日に、
ブログ kokoro更新記事で、
とネガティブ発言をされる。

6月8日に、
ブログ kokoro更新記事で、

桂由美先生から
娘の麗禾に、、、と
素晴らしいドレスを頂戴しました。

「ママみてー」というパパの声と
一緒に現れたドレス姿の麗禾に、
驚いて、ベッドから起きあがりました。

娘を撮ろうと 頑張って
足をくじいてしまうほど
母の嬉しさがこもった写真です。

と、
自分の自慢話を
したかと思うと、

6月9日に、
ブログ kokoro更新記事で、

1年前の今日は、
私の病気が、突然、公になり、

困惑、不安、湧き出てしまう残念な気持ち
に包まれていました。

そんな中、主人が会見をしてくれて、
家族皆の気持ちが落ち着いていったのを
今でも思い出します。

6月11日に、
ブログ kokoro更新記事で、
昨日は、更新したかったのですが、

一日、痛みで
七転八倒していました。

ですが、夕方最終的に、
在宅医療の先生に相談し、
忘れていた座薬を試したら、
ようやく落ちつくことができました。

みたいに、
ネガティブな発言をされる。

典型的な
アップダウン商法といいますか、

ポジティブな発言と、
ネガティブな発言を繰り返すことで、

ブログ kokoroの
読者が更新記事内容に飽きて、
離れていくのを恐れているのでしょうし、

定期的に

ネガティブな発言をすることで、
注目を集めたいということですね。

いかにも

自分はがんの病状で
これだけ痛い思いをしているんだ!!

と、
ブログ kokoroで
ネガティブな記事を更新しまくっているあたり、
どうなの?

って感じですよね。

小林麻央さんは、
周囲の状況が把握する力が
非常に低いので、

あまり
理解できていないかもしれませんが

ブログ kokoroの
読者はすでに200万人を超えて、

ブログ kokoroの
更新記事は一斉に、
マスコミ各社によって拡散されます。

最近では、
ブログ心の内容が
ニュースやワイドショーなどで、
取りあげられる機会が増えてきました。

これだけ、
小林麻央さんの
ブログ kokoroの更新記事が

マスコミ各社によって、
拡散されるということは、

小林麻央さんの
ブログ kokoroの読者でも
ないようながん患者の方も、

小林麻央さんが
かまってほしいという
極めて自分勝手な欲望によって、

多くの
がん患者の方が
ネガティブな感情に襲われているということです。

もし、
小林麻央さんの
ブログ kokoroのネガティブな更新記事によって、

がん患者の
免疫力が下がって、

がんの進行が
進んだらどう責任を取られるのでしょうか?

私も
命の危険にさらされるような
闘病経験があるので、

わかるのですが、
病気と闘っているような時って、
非常にニュースで流れてくるような
ネガティブなキーワードですら、

非常に
敏感になっており、

この
キーワードをみるだけで、
吐き気がしたりします。

小林麻央さんは、
このように5月に退院されたから

今日まで
6月6日と6月10日を除いて、

ずっとずっと
ブログ kokoroで
ネガティブな記事を更新し続けることで、

どれだけ
多くのがん患者を傷つけているのか
わからないのでしょうか?

退院直後から今日まで、
家にいて、
誰もかまってくれないので、

ブログ kokoroを更新することで、、
自分を励ましてほしいということですね。

ようするに、
退院直後から今日まで、
ブログ kokoroの更新をし続けているのは、

なんですね。

暇で、
周りに誰もいないと、
不安な感情に襲われたり、

ネガティブな
感情に襲われるのは理解できますが、

その
ストレスを
ブログ kokoroでネガティブな記事更新で
発散させるのはやめてほしいですね。

家族からすれば、
そんな暇があったら、
ちょっとは部屋の掃除でも
していろって感じですよね。

むすめの
麗禾ちゃんが

小林麻央さんのことを
よく「まお」と呼び捨てにするようですが、

まぁ、
わかりますね。

これだけ、
周りの状況を全くつかめずに、
自分のことばかり考えていたら、

誰だって馬鹿にしたくなったり、
邪魔者扱いしたくなりますよね。

おそらく、
夫の
市川海老蔵さんをはじめ、

お姉さんの
小林麻耶さんにも、

お母様にも
同じような態度をとられて、

段々、
自分を励ましてくれる人が少なくなっている。

だから、
ブログ kokoroで、

自分の
ネガティブな状況を
いたずらに更新して、

ひたすら、
自分を励ましてくれる
ブログ kokoroの読者を探しているというのが、

小林麻央さんは、
このように5月に退院されたから

今日まで
6月6日と6月10日を除いて、

ずっとずっと
ブログ kokoroでネガティブな
記事を更新し続ける理由ということですよね。

ここで、
ご紹介があります。

私も
小林麻央さんの
ブログ記事を書いていて、

つくづく感じているのですが
抗がん剤や放射線治療の弊害を感じました。

小林麻央さん自身も
昨年から抗がん剤や放射線治療を、
行っても

ほとんど、
効果がないばかりか、

むしろ、
その副作用で、
どんどん症状が悪くなっていった経緯があります。

当たり前ですが、
抗がん剤はもともと、毒ですし、

放射線を
体内にあてれば、
健常な細胞まで、
破壊してしまいます。

そこで、
最近、免疫療法が
話題になっています。

湘南メディカルクリニックの
培養士グループは
日本の免疫療法の始まりのような存在であり、

東京大学医科学研究所、
横浜市立大学、神奈川県立がんセンターなどで
長年にわたり免疫療法を研究開発してきました。

従来、樹状細胞療法を
はじめとした様々な免疫療法
やワクチン療法などの
メニューも行ってきましたが、

結論として最も効果が
高かったのがNK細胞を
活性化させる療法で、

その奏効率は昨年末までの
1000例以上の検討から、

51%と高く、
副作用がない上に
抗がん剤よりも効果が
高い結果を得ることができました。

実は、
私も湘南メディカルクリニックの
阿部先生の書籍を

今、
読ませていただいているのですが、

抗がん剤や放射線治療の
弊害を指摘されて、
免疫療法を
積極的に推奨されている姿勢は、
非常に共感できるものがあり、
尊敬しています。

実は、
私自身、

今も
数年前の闘病生活での
大量に投与された薬害の後遺症に
苦しんでいるのです。

なので、
皆さんには、
絶対にがんなどの大病を患ったとしても、

薬漬けの
生活にはなってほしくないし、

薬漬けの
生活にには、
必ず、弊害が起こることをわかってほしいです。

もし、
抗がん剤で、
ガンが良い方法に行ったとしても、

必ず、
抗がん剤の副作用や
後遺症は体のどこかに生じます。

抗がん剤や
放射線を使わない治療法があれば、

それに
越したことはないのは、
言うまでもありませんし、

はっきりいって、
自分がもし、
がん患者になったら、

自分の
身内や大切な人が
がん患者になったら、

絶対に、
抗がん剤の副作用で
苦しんでほしくありませんし、

私自身が、
苦しんだ経験があるだけに、

抗がん剤や
放射線を使わない免疫治療を、
強く強くお勧めします。

昨今、
世間的にも
新薬オルジーボにも
期待が寄せられていることからも、

がんの治療でお悩みの方は、
この機会に湘南メディカルクリニックの免疫療法を、
お試しになられてはいかがでしょうか?

湘南メディカルクリニック【免疫療法】

小林麻央さん自身、
いくら何でも自分に最期が近いということは、
感じているでしょう。

そもそも、
ブログ kokoroのコンセプトは、
がん患者の皆さんに励ますため
ということでした。

今は、
ひたすら、
ブログ kokoroで、
ネガティブな発信をすることで、
読者に励まされているような状況です。

自分に
最期を迎えた時に、
一人でも多くのファンに涙を流してもらえるような
日々の行動や
日々の発言を心がけてほしいですね。

以上、
「小林麻央 ブログ 更新理由はかまってほしいだけ!? 退院から今日更新ない日が2日のみの本当の理由とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)