小林麻央 ブログ kokoro最新記事の浮腫で余命末期が確定!?最新6月は残り数日もありえる!?

2016061300249_1
小林麻央 ブログ kokoro最新記事の浮腫で余命末期が確定!?最新6月は残り数日もありえる!?

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「小林麻央 ブログ kokoro最新記事の浮腫で余命末期が確定!?最新6月は残り数日もありえる!?」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



小林麻央さんが
6月20日にブログkokoro最新記事を
更新されたみたいですね。
その内容はといえば、

ここ数日、
絞ったオレンジジュースを
毎朝飲んでいます。

正確には、
自分では絞る力がないので、

母が起きてきて、
絞ってくれるのを
心待ちにしています。

ということで、
オレンジジュースを
絞る力もないということで、

体力低下が
著しい様子が伺えますね。

まぁ、
食欲がどんどん、
なくなるとともに、

体の
筋肉というのは、
どんどんと低下していきます。

筋力が衰えるというのは、
余命が末期に近づいている何よりも証拠ですよね。

6月17日に
ブログkokoro最新記事

連動した熱、痛み、息苦しさが
取れているときの穏やかな時間


スポンサードリンク



ということで、

小林麻央さんは、
発熱や痛み、息苦しさを

日常的に
抱えているということで、
ガンの
進行がより
一層加速している日常が伺えますよね。
さて、
そんな小林麻央さんですが、

6月16日に
ブログkokoroで、

足が
むくんでいることを
告白されました。

3倍くらい
浮腫んでしまったということで、

末期がん特有の
症状をされているようですね。

そして、
足がむくんでいることで、

歩行が困難なほど
病状が悪化しているとも告白されています。

6月13日には、
ブログkokoroで、

車椅子も、
ママの大切な乗り物として、
迎えてくれたり

ということで、
歩行が困難ということで、

車いす生活を
送っていらっしゃることを告白されています。

小林麻央さんの場合、
以前からすでに食欲が
かなり低下しており、

咀嚼を伴う
食事というのが
非常に難しくなってきています。

末期癌の影響で
食事の
摂取量が極端に減っているなどがあれば、

腹水にともなう
浮腫が原因でしょう。
癌が進行してリンパ節に
転移すると

腰痛や
足のむくみなどが起こります。

また、尿量の減少も、
腹水などの影響か、
腎機能低下などによるものです。

腹水の貯留は、
癌以上に余命に直結すると
言われていますので早急な対処が必要です。

末期癌であれば、
腹水、胸水、浮腫は、
いつでてもおかしくない状態です。

悪液質が進行し、
余命数ヶ月になると、
お腹や胸に水が溜まりやすくなります。

悪液質が進行し、
余命が数ヶ月ぐらいになると
水分のバランスが崩れ、

コントロール不能になり、
通常ではたまることのないところに
水が溜まってきます。

横隔膜より上で発生したガンは
胸水が溜まりやすく、

横隔膜より下で発生したガンは、
腹水が溜まりやすいです。

大腸がんなど
骨盤内に発生したガンは
足のリンパの流れが悪くなるので
脚に浮腫が起こりやすくなります。

胸水が多くなれば、
肺が膨らむスペースが減り、

息が苦しくなることは
簡単に想像できるのではないでしょうか?

腹水が溜まれば、
腹が張る感じが強くなり

少しの飲水でお腹が苦しくなり、
少量の食事しか取れなくなるでしょう。

腹水が溜まれば、
胃や腸を圧迫するため
食欲が落ちてきてしまうでしょう。

手足浮腫が強くなると、
手や脚が重く感じ、
動くたびに重苦しく感じるでしょう。

また脚の浮腫が強すぎると
脚の皮膚が張って
痛い感じがすることもあります。

末期になると、
全身の臓器の機能が

正常に働かなくなってくる事もあり、
悪液質といった状態になります。

体力の低下による
運動量の低下によるもの、
腎機能の低下によるものなど、

色々なことが
むくみの原因となります。

おしっこが
あまり出ていない状態で点滴などで
水分を体内に多く入れると

当然むくみは
強く出ると思います。

小林麻央さんは、
6月16日のブログkokoroで、

私なんて、
まだまだという風に

悠長なことを
言っていますが、

こんな
重大な症状が現れ始めているのに、
悠長な姿を見せて、

その後、ドカーンと、
症状が悪化した乳癌のことを

まさか
忘れてしまったのではないでしょうか?

はっきり言って、
最期を迎える直前になってまで、

学習能力が
著しく低いと断言しなければなりません。

小林麻央さんの
余命をどんどん短縮していったのは、

小林麻央さんの
物事に対する楽観的な考え方です。

ターミナル期は「あっ」と思う
暇もないくらい激変して急降下しますので、

小林麻央さんは、
今のうちに
担当医とよく話し合うことが重要です。

小林麻央さんは、
今の自分の状況というものを
どこか楽観視しているようでなりませんよね。

とにかく、
尿量を確認してみることが大切です。

尿量が少なくなる=最期

ということになります。

本人との会話でも「死」を
避けなかったのに。

一日、一時間、一分一秒が
取り戻せません。

話ができるのなら
今のうちに家族と楽しい時間を
過ごされることをお勧めしたいですよね。

そして、
尿量が2時間で
10ccをきっているような状況の場合は、
ずっとそばにいてあげ、

声をかけてあげたり、
体をさすってあげたりして、
最期の時間をすごして頂けたらと思います。

なので、
面会に行った際に見てみると、
覚悟できると思います。

そのように尿が出ていない状況で、
辛そうな呼吸(顎や肩での呼吸)をしていたら、
24時間以内に息をひきとることとなります。

残念ながら、
余命がとても短いのは解決できません。

お母様は、
足を含めて
だるいところも増えていくと思うので、
マッサージをしてあげたり、

床ずれができないように
気を付けて2時間に一回は体の向きを変えてあげたり、

安楽にできるように
協力してあげてください。

がんに伴う両下肢のむくみには
薬によってコントロールできるものと、
できないものがありますが、

できなくなる
と余命1ヵ月くらいになったなと判断します。

私は、
この記事を書くにあたって、

多くの
がん患者さんのブログを拝見しているのですが、

むくみが目立ち始めてから
余命が2か月というのが
平均といった感じではないでしょうか?

余命が
2か月ということで、
小林麻央さんの
誕生日である7月21日には、

なんとか、
生き残ったかなという感じではないでしょうか?

本人も
自身の35歳の誕生日まで、

何とか
生き残りたいと考えているでしょう。

むくみも出たり引いたり、
でも全身状態の観察は欠かせませんでした。

おそらく
抗がん剤治療をされたのだと思います。

むくみの程度にもよりますが、
多くの抗がん剤の場合、
腎機能や肝機能に対してかなりの影響があります。

腹水が溜まったり、
浮腫が出て排尿がなくなったら
24時間~30時間と考えても良いと思います。

ここで、
ご紹介があります。

私も
小林麻央さんの
ブログ記事を書いていて、

つくづく感じているのですが
抗がん剤や放射線治療の弊害を感じました。

小林麻央さん自身も
昨年から抗がん剤や放射線治療を、
行っても

ほとんど、
効果がないばかりか、

むしろ、
その副作用で、
どんどん症状が悪くなっていった経緯があります。

当たり前ですが、
抗がん剤はもともと、毒ですし、

放射線を
体内にあてれば、
健常な細胞まで、
破壊してしまいます。

そこで、
最近、免疫療法が
話題になっています。

湘南メディカルクリニックの
培養士グループは
日本の免疫療法の始まりのような存在であり、

東京大学医科学研究所、
横浜市立大学、神奈川県立がんセンターなどで
長年にわたり免疫療法を研究開発してきました。

従来、樹状細胞療法を
はじめとした様々な免疫療法
やワクチン療法などの
メニューも行ってきましたが、

結論として最も効果が
高かったのがNK細胞を
活性化させる療法で、

その奏効率は昨年末までの
1000例以上の検討から、

51%と高く、
副作用がない上に
抗がん剤よりも効果が
高い結果を得ることができました。

実は、
私も湘南メディカルクリニックの
阿部先生の書籍を

今、
読ませていただいているのですが、
抗がん剤や放射線治療の
弊害を指摘されて、

免疫療法を
積極的に推奨されている姿勢は、
非常に共感できるものがあり、
尊敬しています。

そして、
先週末、
先生のクリニックに取材のために、
訪問したのですが、

非常に
誠実で患者さんのことを
何よりも考えて、

経済的な負担を軽減されようと、
工夫されているのが印象的でした。

免疫治療では、
業界で一番、安いということです。

実は、
私自身、

今も
数年前の闘病生活での
大量に投与された薬害の後遺症に
苦しんでいるのです。

なので、
皆さんには、
絶対にがんなどの大病を患ったとしても、

薬漬けの
生活にはなってほしくないし、

薬漬けの
生活にには、
必ず、弊害が起こることをわかってほしいです。

もし、
抗がん剤で、
ガンが良い方法に行ったとしても、

必ず、
抗がん剤の副作用や
後遺症は体のどこかに生じます。

抗がん剤や
放射線を使わない治療法があれば、

それに
越したことはないのは、
言うまでもありませんし、

はっきりいって、
自分がもし、
がん患者になったら、

自分の
身内や大切な人が
がん患者になったら、

絶対に、
抗がん剤の副作用で
苦しんでほしくありませんし、

私自身が、
苦しんだ経験があるだけに、

抗がん剤や
放射線を使わない免疫治療を、
強く強くお勧めします。

昨今、
世間的にも
新薬オルジーボにも
期待が寄せられていることからも、

がんの治療でお悩みの方は、
この機会に湘南メディカルクリニックの免疫療法を、
お試しになられてはいかがでしょうか?

湘南メディカルクリニック【免疫療法】

どうか悔いの残らないよう、
時を過ごして頂けたらと思います。

また、
精神的にも辛いと思いますが、
どうか体調には気をつけてお過ごし下さい。

以上、
「小林麻央 ブログ kokoro最新記事の浮腫で余命末期が確定!?最新6月は残り数日もありえる!?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)