杉咲花 足が太いのはバレエをやっていたから!?バレエで培った太い足を細くすることはできるの?

sugisaki-hana-dorama-nagoya
杉咲花 足が太いのはバレエをやっていたから!?バレエで培った太い足を細くすることはできるの?

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「杉咲花 足が太いのはバレエをやっていたから!?バレエで培った太い足を細くすることはできるの?」について、
書いていきます。

7月8日公開作「メアリと魔女の花」は、
一夜限りの不思議な力を手にいれた
少女メアリを主人公とした物語。

メアリに杉咲花さんが
声を当てたほか、
神木隆之介さん、
天海祐希さん、満島ひかりさん、

大竹しのぶさん、小日向文世さん、
佐藤二朗さん、遠藤憲一さん、渡辺えりさんが
キャストに名を連ねました。

杉咲花さんは、
子役時代はスターダストプロモーションに所属し、

中学生になると改めて女優になりたいと
研音のオーディションに応募し所属します。

その後、
『味の素Cook Do』のCMで回鍋肉を食べる
美少女として美味しそうな食べっぷりが話題になり、

2016年に
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で
ヒロインを務めます。

そして、
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では
銭湯を営む一家の娘役を演じ、

日本アカデミー賞ほか
各映画賞の助演女優賞を受賞しました。

そして、
今年に入ってからも、

『無限の住人』で、
浅野凜役を演じるなど、

次世代の
女優のホープとして、
期待されている杉咲花さんですね。

芸能界屈指の
芸能事務所である研音の期待の
若手女優ということで、

将来が、
本当に本当に楽しみですよね。

私自身も、
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』や、

映画
『無限の住人』で
杉咲花さんを拝見させていただいたのですが、

非常に
可愛らしく、

か弱い女の子を
演じるのが非常に
上手だという印象がありますね。

今、
東京新聞の
CMのイメージキャラクターも
務められていますが、

非常に
可愛らしいですよね。

今後、
どう杉咲花さんが
大人の女性の役柄を演じるかということが、

非常に
注目が集まると思います。

そんな
杉咲花さんですが、

ネット上の
一部では

「足が太い?」

ということで、
話題になっているみたいですね。

本当なのか
どうかということを検証していきたいと思います。

杉咲花 足が太いのはバレエをやっていたから!?

sugisaki-hana-dorama-nagoya

名前:杉咲花(すぎさき はな)

生年月日:1997年10月2日

出身地:日本・東京都

身長:153cm

血液型:B型

所属事務所:研音

ネット上の
一部では

「足が太い?」
ということで、
話題になっているみたい

と言う事で画像で
検証してみたいと思います!

杉咲花さんの
足画像がこちらです!
20160404104541_Fotor-300x248
引用元:http://geinou-summary666.com/2847.html/2

確かに
ちょっと太い足のように感じますね。

しかし、
いつも
スポーツジムで、

スクワットをはじめ、
足を鍛えまくっている
私からすれば、

この
ちょっと太い足のように感じる
杉咲花さんの足は、

筋トレや
バレエなどで鍛え上げた足ですね。

女優業というのは、
結構、タフな現場もあるということで、

日ごろから
筋トレや
バレエなどで鍛えていないと、

体力的に
ハードなことが多いと思います。

正直、
最近の若い女性というのは、

美意識が
非常に高く、

ちょっとしただけでも
足が太いという風に、
大げさに言ってしまうような傾向があるみたいですね。

そして、
杉咲花さんの
足が太いのは、
バレエを習っていたから
という風に主張される方も多いようですね。

確かに、
杉咲花さん自身、
幼いころから

芸能活動をされていたために、
バレエを習っていたかもしれませんが、

杉咲花さんが
バレエを習っていたという確証は撮れていません。

もし、
バレエを
杉咲花さんが習っていたというのであれば、

杉咲花さんが
足が太いのは、
バレエを習っていたからという
可能性が高いです。

バレエは
体を正しく使わないとムキムキに、
太くなります。

子供をバレエ教室へ通わせ始めて、
知識がない親御さんが子供の上達を想って自宅で練習。

基礎が
まだできていないのにいきなり180度爪先外向き。

もしくは大人からバレエを始めて、
爪先が180度外を向いているバレリーナに憧れ、

見様見真似で
いきなり一番ポジションを
180度にして立っているなど、

このような
バレエの姿勢にすることで、
足をどんどん太くすることになります。

足が変形してしまうことも・・・

バレエを習っていて
О脚になるケースはとても多いのです。

どちらにしても、
適当に練習するタイプより一生懸命な人の方が
ムキムキになっていく傾向があります。

間違った方法で
猛進するのですから・・・

筋肉がついた上に脂肪がつくパターンで、
バレエを習っていても脚が太くなる人は多いですよ。

プロの人でも
生まれつきの体質なのかもしれませんが、
太いなと思う人はいます。

でも、
それを上回る力や魅力があるので、
ダンサーとしては問題ないと思います。

ただ、
普通の人は価値観がまた違うので、

使える脚よりも
見た目が綺麗な脚がいいと思ってしまうんですよね。

むしろバレエをしないで
筋肉を落とすほうが脚は細くなると思います。

バレエをするならば、
正しい力の入れ方、筋肉の使い方を意識して、
動かしたあとはきちんとマッサージをして筋肉をほぐすことですね。

バレリーナの締まった細い足は
正しい筋肉の使い方で踊ることによってできるものです。

筋肉の使い方を誤れば、
また太い筋肉がつき
余計に脚が太くなってしまう。

やっぱり、
今まで何年もかけて鍛えた筋肉は
1年では落ちませんね。

でも筋肉の使い方を良い使い方に変えれば
筋肉のつき方は変わってくるみたいですよ!

あきらめないで、
クラシックバレエに挑戦してみるのもいいと思います☆

バレエで培った太い足を細くすることはできるの?

では、
もし、
杉咲花さんの

足が太いのが
バレエを習っているからだとすれば、

今後、
どうすれば、
杉咲花さんの

足が太いから
脚が細くなるのでしょうか?

簡単なことです。
バレエを辞めれば脚が細くなります。

あなたは肥満系ではないので、
バレエを辞めることによって、
筋肉が衰え、脚が細くなります。

まず、優れたダンサーの90%以上は、
鍛えられた筋肉を持ち、それが強固なバランスを生み、

難易度の高い技術を
こなす下敷きとなっていることを、
私は強調したいです。

バレエの世界では、
たまたまスヴェトラーナ・ザハーロワ、
イリーナ・ペレンのような細い脚の優れたダンサーも、
例外的には存在します。

しかし、
それは10%以下です。

そして、ボールルーム・ダンスをはじめ、

コンテンポラリー、
ジャズダンス、ヒップホップなどなどでは、
全てのダンサーが強靭な筋肉質の脚を持っています。

細い脚のダンサーは
一人もいません。

私自身も
ダンスを習っているのですが、

ダンスの
女性の先生は、

非常に
しっかりとした
太ももをされているのが
印象的でしたね。

なかなか、
バレエやダンスをしていて、

どんなに
ダイエットをしたとしても、

どんなに
ストレッチをしたとしても

痩せた
太ももにするということは、

難しいようですし、

しかし、
踊り手やスポーツ選手だけに
限ったことではありません。

欧米人(白人、黒人を含む)の90%以上が、
見事な脚線美を持ち合わせています。

日本人の女性だけが例外的な存在です。

日本の女性の90%
(20代、30代、40代)が、
いかにも「育ちきれない」脚の細さをさらしています。

だから、
日本女性の体型に「曲線美」を
認めることは不可能に近いでしょう。

バレエ以外の場合、
ボールルーム・ダンスはもちろん、
その他のダンスにおいても

数少ない例外を除けば
、つまり、90%以上の女性が、
上半身も豊か(肩幅も広く、バストはDカップ以上)で、

また先記したように、
ヒップから膝、足首への線は見事な曲線を描いています。

簡単に言えば、
ももが太いということです。

こうした体型が
理想とされています。

数少ない例外を除けば、この体型が、
美しいダンスを生みだすもとなのです。

バレエの練習は下半身を頑丈にし、

同時に上半身から脂肪を奪い、
曲線を失わせる

私は、
誰に対してもバレエを一番薦めたいのです。

なぜかと言えば、
バレエが、基本の鍛練を最も重視するからです。

優れたバレエダンサーは、
他のジャンルのダンスをこなすのも速いです。

杉咲花さんが、
もし、今もバレエを習っているのであれば、
止める必要はないですね、

バレエによって、
女優としての活動の幅が増えるのと、

無理に
バレエを辞めることで、
演技の幅が狭くなるのを考えると、

どう考えても、
今後の女優人生のためには、
バレエを続けた方が良いと思いますね。

ネット上の
心無い人たちの言い分というのを

あまり
真に受けてほしくないですね。

以上、
「杉咲花 足が太いのはバレエをやっていたから!?バレエで培った太い足を細くすることはできるの?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)