真木よう子 ツイッターが視聴率で炎上!ツイッター土下座画像 から炎上・非公開・削除までの経緯をまとめ!

A0002009-00 - コピー
真木よう子 ツイッターが視聴率で炎上!ツイッター土下座画像 から炎上・非公開・削除までの経緯をまとめ!!

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「真木よう子 ツイッターが視聴率で炎上!ツイッター土下座画像 から炎上・非公開・削除までの経緯をまとめ!!」について、
書いていきます。


スポンサードリンク



女優の真木よう子さんが
フジテレビの主演ドラマ「セシルのもくろみ」
(木曜後10・00)の

8月29日の撮影を
キャンセルされていたみたいですね。

真木よう子さんは
資金募集サイトを
利用して自身の写真集を制作し、

コミックマーケット
(同人誌即売会)に参加すると表明したところ、
その手法にインターネット上で批判が殺到。

謝罪コメントを出す事態に
追い込まれ、

主演ドラマも視聴率が低迷しているだけに
体調が心配されていたということで、

真木よう子さんの
Twitter炎上して、

ツイッターの
非公開、閉鎖状態までの
まとめを詳細に述べていきます。

【真木よう子“トラブル”の経過】

▼6月28日 ツイッター開設。100件以上コメントを返すマメさで話題に

▼7月11日 ベッドで土下座する写真をツイッターで公開し反響

▼同13日 第1話放送。初回平均視聴率は5・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同じ)

▼同27日 ツイッターに投稿された「胸が垂れた」との指摘に、「子供産んで授乳して34歳の
本物のFカップは重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と返答し話題に

▼8月17日 第6話が放送。平均視聴率が同ドラマ最低の3・7%に

▼同25日 クラウドファンディングや制作費を募り、今冬「コミックマーケット93」で
フォトマガジンを発売する計画を発表。批判を浴びる

▼同28日 自身のフェイスブックで批判への謝罪文を掲載

▼同29日 ドラマ収録をキャンセル。ツイッターを削除

真木よう子さんに関しては、
当ブログでは、

ガリガリ体型が
世間に知れ渡った時点で、

20170831(6543212)
引用元:http://bodychen.com/1527.html


スポンサードリンク



再三にわたり、
メンタル的にちょっとおかしい状態だとか、
情緒不安定だとかという風に、
申し上げてきました。

そして、
自らの不人気を克服するために、

そして、
今回セシルのもくろみで
真木よう子さんは、

Twitter上で、
新ドラマ「セシルのもくろみ」の
番組宣伝をする際に、

何度も何度も
土下座して、

見てください!!

とお願いしているムードが
何とも病的な印象がありましたね。

20170831(54345678)
引用元:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0712/8758…

そして、
それは、
真木よう子さんの
Twitter炎上してから、

非常に
視聴者から、
悪評が出ているみたいで、

正直、
ガリガリ体型の
真木よう子さんは
見るに堪えないといった感じを受けますし、

当ブログでは、
この真木よう子さんのガリガリの体型について、
詳しく言及してきましたが、

番組宣伝のための
土下座や豊満なバストが
Fカップだと暴露したにもかかわらずに、

これだけ
低視聴率とか
悪評のオンパレードというのは、

はっきり言って、
ガリガリの体型であることが

理由である可能性が
極めて高かったです。

特にお腹のあたりが
女性にも関わらずに、

全く脂肪がなくやせ細った感じがするのが
何とも病的な匂いがしていました。

私が
ドラマ「セシルのもくろみ」の
ガリガリ体型の真木よう子さんを見ても、

肉体的にも精神的にも
非常に病的な感じをうかがわせますね。

正直言って、
仕事どころではなく、
生活すらも非常に危ういことを、
お伝えしてきました。。

ということで、
真木よう子さんの
ガリガリ体型というのが、

20170831(43245)
引用元:https://twitter.com/makiyokohonnin

非常に
視聴者から、
悪評が出ているみたいで、

正直、
ガリガリ体型の
真木よう子さんは
見るに堪えないといった感じを受けて、

当ブログでは、
この真木よう子さんのガリガリの体型について、
詳しく言及してきましたが、

番組宣伝のための
土下座や豊満なバストが
Fカップだと暴露したにもかかわらずに

これだけ
低視聴率とか
悪評のオンパレードというのは、

はっきり言って、
ガリガリの体型であることが
理由である可能性が
極めて高く、

特にお腹のあたりが

女性にも関わらずに、
全く脂肪がなくやせ細った感じがするのが
何とも病的な匂いがして、

そもそも、
番組宣伝のための
土下座や豊満なバストが
Fカップだと暴露したという時点で、

自分に
女優として、
全く人気がないことを自覚して、
なので、

そのような過激なことを
どんどんやってみたり、

過激な演出で、
人目を引こうと必死になっていました。
正直、
ドラマ「セシルのもくろみ」の
ガリガリ体型の真木よう子さんをみて、

とても
女優活動ができるような
精神状態ではないと考えていますね。

女優だけが
仕事ではありません。

ガリガリに
ならなければならないほど、

精神的に追い込まれていて、
それでもやる理由なんて全くないという風に
お伝えしてきました。

そして、
今月に入って、
平均視聴率が
同ドラマ最低の3・7%になったということで、

更に、
真木よう子さん自身、
ドラマ最低の3・7%ということに対して

ドラマ主演の責任感と
プレッシャーや女優としての生命の危機を感じてでしょうか?

必死に
番組の宣伝もかねて、

必死に
真木よう子
という名前を売るための行動が
クラウドファンディングや制作費を募り、
今冬「コミックマーケット93」で

フォトマガジンを発売する計画
発表ということだったみたいですね。

ただ、
この

今冬「コミックマーケット93」で
フォトマガジンを発売するにしても、

どうして、
こんな費用を事務所が
負担してくれなかったという疑惑が強いです。

すでに、
真木よう子さんが所属する
芸能事務所のライングボックスとしては、

真木よう子さんのことを
売れない落ち目の女優ということで、

これくらいの
金額の負担もできない

そして、
負担するような価値のない女優だという風に、
レッテルを張られていたか、

それか、
本人自身が、
そういうような
芸能事務所のムードを察して、

自ら、
ネット上で、
資金集めに奔走していた可能性が高いですね。

それに、
「コミックマーケット93」って、

年末の
たくさんの人が来るような
ところに出店するとなると、

このような
真木よう子さんに対して、

誹謗中傷の
言葉を発する人間が
大量にいることが予想されます。

そのようなところに
自分が露出してまで、

自分の
存在価値を上げようというような
必死の姿がなんとも痛いですね。

まぁ、
正直言って、

私が
真木よう子さんの立場だったとしても
土下座のような
過激な演出や

胸を
過剰に露出するような演出をとっても、

全く、
ドラマの視聴率が好転することなく、

逆に
ドラマ史上最低の
3・7%という数字が並んで、

Twitter炎上して、

スポーツ新聞からも
痛烈な批判記事のオンパレード。

そして、
芸能事務所からも
自分のプロモーション活動のための、
費用も負担してくれないし、

ネット上で、
資金がやっと集まったと思ったら、

Twitter炎上して、
ツイッターが
非公開、閉鎖に追い込まれた経緯を確認してみると、

そりゃ、
精神的に
追い込まれて当然だなという感じがしますね。

そもそも、
ネットでちょっとバッシングにあったくらいで、

すぐに
めげるような感じというのは、

相当な
メンタルがやられている感じがしますね。

このブログでも
結構、誹謗中傷のコメントが寄せられたりしますが、

ちょっとや
ちょっとのことで、
めげないですからね。

まぁ
はっきり言ってしまうと、
ある芸能人の方の
記事を書いている時なんて、

一日に
100件とか

誹謗中傷の
コメントが寄せられたりしましたが、

ちょっとめげたとしても
翌日にはすぐに忘れていますよ。

その経験から、
今の真木よう子さんの
ツイッター削除事件を受けて、

ちょっと
ネット上でバッシングを受けたとか、

ネット上の
バッシングが気になるとか、

ネット上の
バッシングですぐに行動を変えるとか、
相当に、
メンタルが
追い込まれているような状況だと思いますね。

twitter炎上して、

ツイッター,
非公開、閉鎖に追い込まれるまでの過程で、

相当、
今の真木よう子さんの
今のメンタル状況がうかがえます。

そして、
ツイッター削除事件の後に、

テレビドラマの
撮影をキャンセルするという

プロとしてあるまじき行為を
やってしまったということですね。

ただ、
ネット上では、

この
テレビドラマの
撮影をキャンセルするという行為に対して、

プロ意識が低いとか
そういうような
コメントが相次いでいましたが、

それは
違うと思いますね。

そもそも、
真木よう子さん自身、

今回の
フジテレビの
主演ドラマ「セシルのもくろみ」
ツイッターが

非公開、閉鎖に追い込まれるまでは、
土下座のような
過激な演出や

胸を
過剰に露出するような演出をするほど、

このドラマにかける
意気込みは物凄いものがあったでしょうし、

自身の
体調不良にもかかわらずに、

積極的に
アピールする姿勢がありましたからね。

今回の
主演ドラマ「セシルのもくろみ」の
ドラマ撮影のキャンセルを受けて、

相当に
メンタルがやられていると思いますし、

同じような
ドラマ撮影のキャンセルが繰り返されることが
容易に想像できます。

当然、
主演ドラマ「セシルのもくろみ」の
低視聴率を受けて、

撮影現場の
士気も下がりっぱなしでしょうし、

打ち切りの
可能性が濃厚になってきました。

はっきり言うと、
真木よう子さんは、

女優活動を
おやめになられた方が良いのではないでしょうか?

嫌味とかではなく、
仕事なんていくらでもあるし、

ここまで、
精神的に追い込まれて、
ボロボロになって、

それでも何とか自分の存在価値を上げようと、
ツイッターが
非公開、閉鎖状態になるまで、

土下座したり、

胸を過剰に
露出するような演出をするというのは、

非常に
見苦しいですし、

自分の
価値を必死に上げようと、

ネットで、
資金集めまでして、

自分の
写真集を販売しようとする姿は。。
という感じですね。

そして、
そんな姿を
お子さんが見ているとしたら、

子供の
教育上も最悪という感じに
しか受け止められません。

誰が
どう見ても
ドン引きといった感じでしょう。

私は、
真剣に
今、
真木よう子さんは、
メンタルがボロボロになって、

薬を
大量に服用して、

日常生活も
できないような状況で、

変なことを
考えているのではないかと
思っていますからね。

やはり、
女優というような
スポットライトを受け続けたような
仕事をされていたような人というのは、

どんどんと、
自分にスポットライトが
当たらずに

落ち目になっていくのを
自然のこととして、
受け止められずに、

必死に
抵抗してるような感じを受けますね。

真木よう子さんに関しては、
ガリガリ激やせ画像が発覚して、

土下座のような
過激な演出や

胸を
過剰に露出するような演出を
しているところからも

異常な
精神状態であることは間違いないし、

どんどんと
悪循環に陥っているような状況ですね。

今後、
同じような
ドラマ撮影のキャンセルが相次ぐことが予想されますね。

Twitter炎上して、
ツイッターの
非公開、閉鎖状態後の、

今後の
展開が気になってきます。

以上、
「真木よう子 ツイッターが視聴率で炎上!ツイッター土下座画像 から炎上・非公開・削除までの経緯をまとめ!!」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事はコチラ↓↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)